読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

取り戻そう日本の美しさを

日本の美、日本の景観、日本人のこころ、日本らしさについて考えるブログです。

実は僅かに嫌米なこの頃。とはいっても日本が戦後今まで国挙げて反米とかじゃなくて、良かったと思う。

日本人のメンタリティ わたしごと

実は僅かに嫌米なこの頃。

とはいっても

日本が戦後今まで

国挙げて反米

とかじゃなくて

良かったと思う。

 

私が小さい頃は

外国といえば

まずアメリカだし、

アメリカ=外国ぐらいに

思っていたものだ。

それぐらい

アメリカという存在は

身近にあった。

 

ディズニーランドに行こう

なんてのは

子供時代は一番わくわくする、

そして一番のご褒美のような

ものだったし、

(といっても

 ディズニーランドに

 行ったのは大人になるまで

 数える程度)

マクドナルドのシェイク、

そしてダブルチーズバーガー

セットなんてご馳走だった。

 

R&Bを聴いていれば

それだけでカッコイイ

という感じがするし、

こぞってラルフのポロや

リーバイスの501や

ヘインズのレッドパック、

アウターはLLbean、

またはEddieBower、

バックパックは

OutdoorやLLBeanやEastpak

シューズはニューバランス

こういうスタイルが

いけていた。

いつか大人になったら

BlueNoteに行きたい、とか。

 

何の疑いもなく

アメリカ文化に親しんでた。

私にもそんな時代があった。

 

知ってしまうまでは。

 

 

これらはみんな

一環だった。

 

その代わりに

日本の文化、芸能。

歌舞伎の見栄なんて

モノマネしたりして

バカにする材料だったし

能なんて誰が見るんだよ今時

ってな感じだったし、

なに、いまだに

正月、琴とか演奏してるし(笑)

みたいな。

ぶっちゃけ日本文化なんて

ダサいから無くなっちゃえば?

つーかそのうち無くなるし。

ぐらいな感覚だった。

 

しかしこの感覚は

「操作されたもの」であると

気づいたのは

後の後の後だった。

 

日本の民法の放送局は

国民を親米にするために

世論操作するために

創設されたものだと

知ったのも後の後。

 

そして上記の

「日本文化なんてそのうち

 無くなっちゃうんじゃね?」

という日本人を

量産するのが

目的だったとはね。

 

親米世論操作は

大きく2つ。

一つは

原爆や空襲の加害者である

米に対する日本人の憎しみを

削ぐため。

アメリカという国を

好きにさせるため。

 

もう一つは

「日本文化」そのものを

削除するため。

もっと言うと

世界統一。

民族意識、文化を

削除して世界を

アメリカにする。

 

これを知ってから

私はテレビなどで

ちょっとでも

アメリカっぽいモノが

出てくると、

例えば全米で人気の

なんとかバーガーが

日本初上陸〜〜☆とか

サードウェイブ〜☆とか

出てくると

虫唾が走るように

なってしまった。

 

あ〜〜気持ち悪い

気持ち悪い、ってね。

こうやってまた

日本人を洗脳しようと

してんでしょ〜とね。

 

少し油断すると出てくる

ワイハ特集とかも

画面に出てきただけで

チャンネル回すか

テレビの電源を

切ってしまうかになった。

 

 

でもねえ。

思うんですよ。

 

もし戦後今まで

メディアによって

アメリカという国の良さを

宣伝して宣伝して

多くの日本人が

当たり前のように

アメリカという国を

好きになるように

ならなかったら、

今頃どうなったか。

 

当然、

いくら戦争とはいえ、

わざわざ木造家屋が

集合している特性に合わせて

火事を起こさせる焼夷弾

なんてものを開発して

それを実用した

各地の大空襲や

史上初、しかも2回も

核爆弾を炸裂させ

戦争に加担してもいない

一般市民をウン万人も

殺戮したこの国に対して

「憎し」という感情は

少なからず

残っていただろう。

 

「水に流す」という概念が

存在している日本では

「許そう」という

雰囲気が国中に広まって

いたかもしれないけれど

わざわざ好き好んで

大量殺戮の加害者であった

この国の文化に対しては

お近づきになりたくない

という感覚が

普通の日本人の感覚

だったろうと思う。

 

そしてもっというと

メディアが本当に

戦前のように

「超愛国メディア」で

「敵国アメリカを

 許さない!」

「大量殺戮加害者

 アメリカ!」

なんて事を延々と

毎日毎日全国放送のテレビで

流し続けてたとしたら。

 

コワイよね〜〜。

 

お隣の国は

我が国がその国にした事を

「蛮行」として

その証拠も確かなものでは

ない上に多くの歴史学者も

事実ではないと

既に論破しているに関わらず

蛮行だ蛮行だと

誠意を持った謝罪をしろと

延々とメディアでも

喧伝しているようだが、

もし今、日本のメディアが

親米でなかったら、

かえって反米であったら

日本国民も殆ど反米思想で

毎日「敵国アメリカ!」

と叫んでいたかもしれない。

 

そんな事をしていたら

今頃日本は

どうなっていただろう。

 

そんなタイムラインを

日本は辿っていたら

今2017年時点で

「日本国」という国名は

消滅していただろう。

その「敵国」の領有地の

一地方として

数えられていたに違いない。

またはお隣の大きい面積の

方の国か北方の大きい国の

領有地の一地方だった

可能性もある。

 

他国の領有地となる前に

万単位で人が犠牲になる

戦火を交えていただろう。

 

 

ストックホルム

シンドロームといえば

そうかもしれないが、

元敵国のあの国に

結果的に日本人が

親しみを持ち

敵意を感じなくなり、

あの国に守ってもらう

という形で

なんとか平和な国を

戦後70年間

続けてこられたのは

「親米ポチ」だの

「弱腰外交」だの

散々に言われている

日本の政治政策や

外交政策、そして

売国奴マスゴミ」と

散々に叩かれているが

一生懸命親米放送を

流しつづけて

あの国を日本人に

親しませたメディアの

力は大きいと思う。

 

「親米ポチ」

「弱腰外交」

売国奴マスゴミ」が

戦後日本に

全く存在しなかったなら

今の平和な国日本は

保てなかったと思う。

 

それに、

最後に書いておきたい。

 

アメリカ文化そのものに

罪はない。

 

個人的にも私は

アメリカで起こった

芸能、食、流行

そのものが

本当に嫌いなのではない。

それはそれで

魅力的なものだと思っている。

 

ただ、テレビなどで

あんまりにも目にして

あまりにも

「ゴリ押し感」が酷いから

マイナスイメージを

持ってしまうだけ。

 

だから今、

「日本持ち上げ番組」が

とても多くて

ここは日本なのに

ちょっとした

日本ブームみたいに

なっちゃってるけど

あれもたいがいにしないと

日本人が嫌がっちゃって

「日本文化?もうええわ」

「日本?飽きたわ」

といって嫌厭されてしまう

かもしれないので

もうそろそろ

やめたほうがいい。

トランプ新大統領爆誕。就任演説約1時間後、早速TPP離脱。アメリカがアメリカ第一するなら、日本も「日本第一」または「日本ファースト」でヨロ!

日本人のメンタリティ

トランプ新大統領爆誕。

就任演説約1時間後、

早速TPP離脱。

アメリカが

アメリカ第一するなら

日本も「日本第一」または

「日本ファースト」でヨロ!

 

はじめに書いておきますが

このブログの各記事の見出しは

少々くどくなっているがこれは

なるべく多くの単語を載っけて

検索に多く引っ掛かるのを

少しだけ目指しているもので

ちょっと見づらいですが

ご了承の程ヨロです。

 

私にしては物凄く珍しく

就任演説の模様を

録画ではあったが

見てしまった。

(実際見たのは今朝)

 

公共放送の番組で

見たんだけど

就任式の模様の伝え方って

こんなに地味な

ものだったっけと

思うような感じがした。

 

これはトランプ氏が

「あっち側」の勢力下の

メディアに対して

アウェイな方であるから

なんだろうなと

率直に思った。

 

特にあれ?と思ったのは

トランプ氏が聖書に手を置き

就任宣誓をした直後に

緊急ニュースで

「トランプ新大統領誕生」

といった内容のテロップが

流されなかった事だ。

そんなもんだっけ?

普通アメリカのだよ、

アメリカの大統領が

就任した瞬間て

字幕ニュース出ないか?!

 

それなのに

就任演説から約1時間後に

TPP離脱を表明したら

それはしっかり

字幕ニュース表示。

 

もうこの感じでも

トランプ大統領就任を

お祝いしてませんムード

全開な雰囲気を感じた。

 

まだトランプ氏が

姿を見せる前の会場の

様子を映している段階で

テレビ画面の左側に

付け加え情報的な字幕が

縦書きで出てくるのだが

就任宣誓の事について

「過去に言い間違えた

 大統領も」とか

字幕で書いてあって

凄い余計なお世話。

まるで今度のトランプ氏

が言い間違えるのを

期待しちゃったり

なんかしちゃったりして

みたいな雰囲気だったん

ですけどあれ何なん?

 

今回のトランプ新大統領の

就任演説は

トランプ氏御自身で

原稿を書いたそう。

 

その一部。

 

「長い間、 

 小さなグループが

 政府から恩恵を

 受けてきました。

 しかし

 一般の人達がその代償を

 払ってきました。

 ワシントンが

 繁栄を遂げてきました。

 しかし人々がそれを

 共有する事は

 ありませんでした。

 政治家達が

 繁栄を遂げてきました。

 しかし仕事が

 奪われてきました。

 工場は閉鎖されました。

 エスタブリッシュメント

 自分達を守りました。

 しかし国民を守る事は

 なかったのです。

 彼らは勝利を収めました。

 しかし皆様の勝利では

 ありませんでした。」

 

これをハッキリ言うなんて

凄くないか?

普通だったら、後ろから

銃で撃たれちゃうよ?

ケネディ氏の時みたいに

わざとセキュリティ

スカスカにされてさ。

 

アメリカ合衆国

 皆様の国なのです。」

 

「大切なのは

 どの政党が

 政府を支配するかでは

 ありません。

 政府が国民によって

 きちんと運営されているか

 どうかなのです。」

 

「アメリカ人は

 子供達の為に

 学校を望んでいます。

 家族の為に

 安全な環境を願い、

 良い仕事を求めています。

 善良な市民にとって

 当たり前の要求です。

 

 しかし現実は異なっています。

 都市の市街地では

 母子が貧困に陥っています。

 錆びついた工場が墓石のように

 散らばっています。

 教育に資金が注がれても

 学生達は知識を得られません。

 

 犯罪、ギャング、麻薬が

 多くの命を奪いました。

 

 この惨状は

 今、ここで終わります。」

 

「何十年もの間

 私達はアメリカの産業を

 犠牲にして、他の国を

 豊かにしてきました。

 アメリカ軍の劣化を

 招いた一方

 他国の軍に資金援助を

 してきました。

 自国の防衛を疎かに

 する代わりに

 他国の国境を私達は

 守ってきました。

 何兆ドルも費やし

 アメリカ国内のインフラは

 荒廃してしまいました。」

 

「私達の雇用を取り戻します。

 私達の国境を取り戻します。

 私達の富を取り戻します。

 私達の夢を取り戻します。

 私達の国に道路、高速道路、

 橋、空港、トンネル、

 鉄道を作ります。

 国民に生活保護

 受けてもらうのではなく

 仕事に戻ってもらいます。

 私達の国をアメリカ人の手により

 アメリカ人の労働力で

 建て直します。」

 

「私達は二つの簡潔な規則を

 守っていきます。

 アメリカ製品を買いましょう。

 アメリカ人を雇いましょう。」

 

「世界の国々との友好、

 親善を求めていきます。

 しかし国益を最優先する権利が

 全ての国にあるという

 考えに基づき、実行します。

 私達の流儀を他国に

 押し付けたりはしません。」

 

「口ばかりで行動しない政治家

 不平ばかり言って

 自分では何もしない政治家は

 もう認めません。

 

 お喋りの時間は終わりです。

 これからは行動する時です。」

 

「肌が黒くても白くても褐色でも

 愛国者が流すのは

 同じ赤い血です。」

 

「アメリカ国民の皆さん。

 住んでいる町が

 近くても、遠くても、

 小さくても、大きくても、

 山や海に囲まれてようとも、

 次の言葉を聞いてください。

 

 あなた達が無視される事は

 金輪際、ありません。

 あなた達の声、希望、夢が

 アメリカの運命を決めるのです。」

 

 

全てではないけれど

私自身が個人的に

要点だと思った部分を

ニュースサイトより

引用してみた。

 

これらが本当に

実行されれば

 

本当にアメリカという国は

本当にアメリカ人のための

国になるだろうし、

そして何より、

日本だって、

今までこの国に

干渉されていた状態から

解放されて、

日本国が真に

日本人の手によって

本当に運営される日も

来るかもしれない。

 

B.フ●フォー●情報によれば

「もう日本に内政干渉

 しないと言っている」

そうである。

 

再強調したいのが

この一節。

「世界の国々との友好、

 親善を求めていきます。

 しかし国益を最優先する権利が

 全ての国にあるという

 考えに基づき、実行します。

 私達の流儀を他国に

 押し付けたりはしません。」

これは日本にとっても

大きな文章だと思う。

 

日本だって、

ODAなどで

他の国にばっかり

資金提供してないで

雇用を自国に取り戻して

自国のものを進んで買い、

自国民によって

自国へ富を取り戻す、を

やればいいと思う。

 

国防についてもだ。

自国民で自国の軍隊を

しっかり持って

自衛のためのね、

しっかり守ればいい。

1年前ぐらいまでは

私も憲法9条は

守り続けるべきものと

考えてきた。

しかし今は変わった。

違うのだ。

 

日本は戦後すぐ

暫定的に米国によって

統治されたがその時、

日本に軍隊が無い事を

良い事にお隣の国、

何をしたと思う。

李承晩ラインという

軍事境界線を勝手に引いて

竹島を一方的に

某国領土と決めてしまった。

もしその当時、

日本国に「日本軍」が

しっかりあって

機能していれば

防げた話なのだ。

 

しかもこれだけじゃない。

調べると某国、

対馬もどさくさに紛れて

これも「日本軍がない」

事をいい事に

武力で強奪してしまおうと

計画していたとの事。

この計画は「朝鮮戦争」で

日本にとっては運良く、

頓挫した。

 

もし今でも

憲法9条」が本当に

条文通り守られていて

日本に「自衛隊」さえ

ない状態だったら

多分日本は

「日本国」という国名は

とっくになくなって

この列島の国名は

すっかり

「お隣の国の名前」に

変わっていたかも

しれないんだよ。

 

なんか

憲法9条を

 ノーベル平和賞に!」

とかいう運動が

あったらしいけど

「どんだけお花畑だよ!」

の一言で片付く。

この運動の主は

だいたいそうすると

どの国の人なのか

分かるよね?

日本人じゃないよ。

シールズみたいにね。

 

「李承晩ライン」

対馬占領計画」の

二つの事実が

きちんとしたメディア

によって国民みんなに

伝えられる事があれば

日本国民はそれだけで

「安全保障」に関する

考え方変わると思う。

多分誰も

 「9条守れ」なんて

言えなくなると思う。

理想ではあっても

「今は違う」という

認識になると思うよ。

この2つの事案を

今のマスコミは

ぜっっったいに

伝える事がないから

見込みは低いけどね。

 

あの「永世中立国」の

スイスだって

しっっっかり

軍隊持ってんだよ。

あと

あの国が攻められないのは

「世銀」があるからだよね。

 

もし日本に世銀があるなら

大丈夫だったかも

しんないけど

今現在だってこの国の

名前を変えてしまえ

潰してしまえという

某国の勢力が

この国に入り込んで

メディア政財界牛耳って

裏工作しているわけだ。

そんな中で

「軍の放棄」ですかあ?

 

そりゃあね、

地球上に武器が消滅するなら

平和憲法でいいと思うよ。

だけど今の状況では

そんな事言って実行したら

武装解除したら

この国は乗っ取られるよ。

そうしようとしている人達、

この国を未だ憎んでいる人達

に監視されているからね。

 

 

だいぶ話が逸れた。

 

そういう事だ。

 

日本も日本を護るべき。

日本も日本第一で

まずは動くべきだと

思うんだよ。

これも今現在では多分

理想論でしかなく

すぐには実行は

できないかもしれないが。

 

 

あとトランプ新大統領が

訴えている

トランプウォール。

なんかメディアでは

レイシストだーーとか

批判されてたりするが

あれの何が悪いの?

 

ここ日本は島国で

海に囲まれてるから

まだ安全なだけで

もしだよ、もし日本が

島国じゃなくて

反日なお隣の国と

陸続きだったりしてさ

長い距離で国境を

接してごらんよ。

しかもその国境、

電気が通る有刺鉄線

が張り巡らされた

高〜〜い壁のようなもの

がまったくないんだよ。

 

コワイでしょ〜〜〜。

考えただけで

鳥肌立つよな。

 

反日活動家

ようこそいらっしゃ〜〜〜い

の状態になるんだよ。

それでなくても

いきなりお隣の軍隊に

奇襲かけられても

防げないという事になる。

(傍受ぐらいは

 されるだろうけど)

 

でさ、不法入国

続々されてさ、

生活保護不正受給

オンパレードになってさ

その上働かず

反日活動とかされてさ、

メディアとか政界とかに

工作員として潜り込んで

きてさ。

 

寒気するわ〜〜〜。

 

しかも嫌な事に

なんか九州と某国に

地下を通るトンネルが

秘密裏に通されようと

してるそうじゃない。

こんなの即刻工事

中止してよね。

 

 

あのねえ、

不法移民を許さない

というのと

人種差別ってのは

全く話が違くて

結びつけようというのが

無理がある。

 

今のアメリカだってそう。

この国を潰そうとしている

人を入国させない事が

人種差別という事には

ならない。

 

日本だってそう。

反日活動に明け暮れる

反日国の人が

市民権を狙って

選挙権獲得を

一生懸命狙ってるけど

それを拒否ったら即

レイシスト!!」

というのは

理論の捻じ曲げに過ぎず

いつものパターン。

 

だいたいね、

公共のメディアにね

この国の国籍を持ってない

しかもこの国を転覆させようと

している人が仕事に就く

なんて事が、

しかもそれを許している事が

おかしいのよ。

政界だってそうだ。

 

とにかく

アメリカはアメリカ人の手で、

日本は日本人の手で、

まずは立て直すべきだと

思うんだよ。

 

そもそもテロリスト

なんてのは

(ナントカ国とか

 名乗ってる集団とか)

あんなのはマッチポンプ

の一環で

テロリストを作ってるのも

それを制圧するのも

元を辿れば一緒の勢力

なんてのはもうバレバレで

それを知らないのは

情弱と言われても

仕方ない状況なのに。

 

つまりそういう

マッチポンプがなけりゃ

そうそうキチガイじみた

テロ集団なんてのは

いなくなるのよ。

 

そうなったら

どの国もまずは

自分の国の人たちで

自分の国を立ち直らせて

それから他の国と

交流する事を

考えればいいと思う。

 

アメリカファースト、

日本第一、

間違ってないと思う。

 

追記:

それにしてもさ、

大統領宣誓の時

「聖書に手を置いて」

宣誓するけども、

立派に政教分離違反

してるんじゃないの?

今までこの事をテレビで

ツッこんでる人

見た事ないんだけど

やっぱこれツッこむの

放送界、法曹界じゃ

ご法度なの〜?

 

日本だったら

靖国神社

神主さんにお祓いを

してもらいながら

総理大臣就任宣誓を

するようなもんだよね。

あるいは伊勢神宮か。

でもそんな事したら

反日マスコミさんは

こぞってバッシング

するんでしょうにね。

 

先の大戦の敗戦後

GHQさんは日本に対して

国家神道を廃止させたけど

当のこの国は

大統領宣誓を

「神のご加護の元」なんて

やって良いの?