読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

取り戻そう日本の美しさを

日本の美、日本の景観、日本人のこころ、日本らしさについて考えるブログです。

インテリアのように、街全体の景観も洗練されていきたいものだ

景観は環境!

ここ数年で、
日本の店舗や家のインテリアが
とても洗練されてきたように思う。
北欧の家具のブームなども
後押ししているのかもしれないが
そういった洗練されたデザインの
輸入家具が似合うように
インテリアコーディネイトされた
空間が増えてきたのでは
ないだろうか。
   
暮らす上で、身の回りのものが
整然としているのとそうでないのでは
精神的な影響は違ったものになる。
雑然とした部屋にいるよりも
部屋の中に置く物ひとつも
質感、カラーなどがコーディネートされ
生活用品の収納にしても
使いやすいように整えられている
空間にいた方が、
はるかに心地が良いものだ。
そういったことに気づき、
実行している人が
数年間でとても増えたのではないかと思う。
   
また、飲食店などの店舗の内装も
とても洗練されたものになり
そこにいて気持ちがよい空間も
とても多くなった。
    
しかし街全体の視点から見ると、
やはりまだ洗練されているとは言えない。
個々の世界ができていても、
それら全体が整えられておらず
バラバラなものが集まっているだけ
というのが現状のようだ。
   
インテリアが
どんどん洗練されていったように
建物の外観、街全体の景観も
洗練されていきたいものだ。