読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

取り戻そう日本の美しさを

日本の美、日本の景観、日本人のこころ、日本らしさについて考えるブログです。

店の外観は、周囲の風景に対して謙虚になっていただきたい

景観は環境!

私は、
壁を原色等で塗り立てているような
派手な外装の量販店には
なるべく行かないようにしている。
いくら品揃えが良かろうとも、
サービスが行き届いていようとも、
外観にデリカシーのひとつも
感じられないような店には
行きたくないのだ。
外観ひとつ、
品良く整えられないお店に
品の良いサービスなど期待できない
というのが私の持論だ。
    
昨日も書いたが、
全国的に進出しているような量販店って
なんで、ああもゴテゴテして
品がないのだろうか。
目立ちたい野望、丸出しです、
と言っているようなものだ。
とにかく私は大嫌いだ。
    
では、どうしたら
私が店に入ってみようという気が起きるか。

・まずは壁を
 原色で塗ったくらないこと。
 赤や蛍光色の黄色で塗ったくるなど
 言語道断、論外だ!!!
 白も強すぎる。
 ベージュや茶色など、目に優しい色で
 塗装されている事が望ましい。
 ツートンカラーで塗られている壁も
 よく目にするが
 色数が増えるほど、
 印象が散漫になるので望ましくない。

・看板、コーポレートマークは
 必要最小限の大きさで。
 看板が大き過ぎたり、
 文字やマークがでかでかと書いてある店も嫌だ。
 セブンイレブンなどの看板ぐらいの
 大きさが望ましい。
 最近の品の良いカーディーラーのように
 看板もシルバーなどの下地に
 マークがシンプルに入っているような感じが
 望ましい。
 もし、自然の風景が見渡せるような所に
 店が建っている場合は
 木目のような看板であると、
 周囲と雰囲気や色彩が馴染み、
 良いと思う。

内装に関してなど、
他にもいろいろ本当は
注文をつけたいのだが
とりあえず上の2つは
まずクリアしていただきたいと思う。
どんな業種であろうと、その前に
「街の中、景色の中に建っている」
という事は変わらない。
その事を良く考え、
店構えももっと謙虚になっていただきたい。
風景にお邪魔をして
建てさせていただいている
ぐらいの気持ちで
あってほしいものだ。