読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

取り戻そう日本の美しさを

日本の美、日本の景観、日本人のこころ、日本らしさについて考えるブログです。

濃い灰色の屋根が多い地域は

景観は環境!

昨日、日本の特に
自然に囲まれているような所は
濃色のベースに茶色を用い、
柱、信号機、歩道橋の色を
茶色に統一すると調和すると書いた。
   
もう1色ある。
これもまた日本の
割と自然に囲まれているような
所のケースだ。
そのもう1つとは、
民家の屋根の色だ。
民家の屋根の色、といっても
厳密に言えば色は多様化してはいるが
中心となり、一番多い色は瓦の色、
つまり黒に近い濃紺、
または黒に近い灰色となるだろう。
クルマのカラーネームで言えば
「ガンメタリック」という所だろうか。
完全な真っ黒でもない、
濃紺よりも少し濃い灰色のようなあの色だ。
瓦を用いた民家が並んでいるような地域においては
信号機、歩道橋、電柱、電灯の柱を
その色で揃えても調和するだろう。
     
話は変わって、昨日都会では
ビルはグレーや白が多いので
設備も白やシルバーが似合うと書いたが、
やはりこれも都会だからといって
全ての地域に当てはまる訳ではない。
これは地域の条例で決めているのか
どうかは定かではないが
ビルの色がベージュや薄い茶色などの色で
揃って建っている地域もある。
そういった場所にはやはり、
設備は茶色の一色で揃えた方が調和するだろう。
   
また、東京の街中も意識して木を植えていて
道路沿いには緑が多い所もある。
そういう所も同じく木の幹の色である茶色を
ベースカラーとするのが良いだろう。