読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

取り戻そう日本の美しさを

日本の美、日本の景観、日本人のこころ、日本らしさについて考えるブログです。

看板、なんとかならんか

景観は環境!

景観条例の力だろうか、
地元の住民の努力があり
とても洗練され、
日本らしい情緒豊かな観光地がある一方で
「観光地」ということにはなっているが
風景でいうと、どうもまだまだ
という感じを受ける所も多い。
    
やはり、問題はまず
看板の色使いではないだろうか。
看板というのは、ある程度必要だ。
奥まって建っている旅館や施設が、
どこを曲がって、どの位進めば見つかるのか
分かる目印は必要だ。
進んでいる観光地は、
近くにある旅館や施設を一緒にして
木の素材を使った看板に、
木に白い文字などで旅館や施設名が
まとめて書かれ、
行く先の方向を案内したりしている。

しかし、実際にはこういった
「最低限必要な」看板以外に
たくさんの案内看板が乱立していたりするのが
お馴染みの日本の観光地の姿だったりする。
たいてい、観光施設の看板というのは
目立たせたい目的なので
ピーキーな原色を多用している。
真っ赤地に黄色の文字であるとか、
真っ白な文字であるとか
緑に黄色のツートンカラーの看板に
真っ黒な太い文字、
真っ黄色に黒い文字、と
視認性の高い濃淡のはっきりしたものが多い。
というより
「はっきりし過ぎている」。
もちろん、
風景の木々、山、川、土、
そういった既に存在している色の事など
まったく考慮に入れられていない。
いっぺんに風景ぶち壊しである。
      
こういった看板は
厳しく条例で取り締まっていない
観光地に多いようだ。
しかし、取り締まっていないから、
何を立てても良いのだろうか?
この開き直りが私は本当に気に入らない。
条例ができていてもできていなくても
風景と調和しないような
看板なり何なりを自ら自粛するぐらいの
心構えは起きないものだろうか。
ましてや観光地なのだ。
何度も言うが、「景観は環境」なのだ。
環境、環境と騒がれているが
風景一つも環境なのだから、
もっと大事にし急務として考え
今すぐ向上させるべきである。
   
今すぐ、原色丸出しの看板は
下地の色を茶色や深緑色一色に塗り替え
文字もあまり大き過ぎない大きさで、
ベージュなどもう少し優しい色に
直ちに塗り替えていただきたい。
そして大きすぎる看板は、
半分ぐらいの小さい看板にして
最低限見えるぐらいに
直ちに面積を減らしていただきたい。
    
・看板の大きさをなるべく小さいものに替える
・看板の下地を茶色や深緑色に塗り替え
 文字の色もベージュなどに塗り替える
・看板が複数ある場合は、
 大きさ、場所を揃えて立てる
 もちろん下地の色が同じであることは必須
   
今ある観光地の看板は
この上の3つをやるだけだ。
この3つを行うだけで良い。
それだけで、
今ある観光地の風景はすっきりと見え
だいぶ洗練されたものになっていくだろう。
   
必要な道具は、ノコギリと
茶と深緑とベージュの
ペンキのみである!