読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

取り戻そう日本の美しさを

日本の美、日本の景観、日本人のこころ、日本らしさについて考えるブログです。

鉄橋の塗装色、なんとかならんか

景観は環境!

鉄橋の色、というのも
日本では本当にいろいろある。
    
少し前に真っ青な屋根の話もしたが、
この鉄橋の色、というのも結構くせ者だ。
    
良く見かけるのは、空色。そして、赤!
また鮮やかな緑、明るい薄い緑、
なんていうのもある。
なぜ、ああも鮮やかに
塗ってしまうのか。
そしてなぜあそこまで
明るい色にしてしまうのだろうか。
   
色を決めている際に、
前にも書いたが
白い紙の上で
皆、決めてしまっているのだろう。
白い紙の上では、
明るい色、薄い色というのは柔らかく映る。
しかし、実地調査のひとつもすれば、
「明るい色、薄い色では
 逆にハッキリ浮いてしまう」
ということが分かるはずだ。
風景は川は青は青でも、
よく見ると藍色に近い青だし
山は深緑やそれに
茶色を混ぜた様な渋い色なのだ。
   
ああいう設備というのは
「風景の脇役」だと考えるべきだ。
例えば川に架けられる鉄橋なら、
川や川岸が主役なのであり
また渓谷などに架けられる鉄橋なら、
その渓谷の風景が主役だ。
その渓谷や川の色と
コントラストを付けたい、という狙いで
塗装されているのかもしれないが、
どうしても「情報過多」になるのだ。
   
鉄橋は周りに馴染ませた色にし
目立たせない様にして、
先にも書いたように、
川なら川は藍色と認識し、
同じくそこに架かる鉄橋も藍色を用い、
渓谷なら、木々の色と同じ深緑、
または木の色茶色を用いる事で
川や渓谷を引き立てるべきだ。
「引き算」で
美しさを整えた方が良い。
つまり風景の色数は
「増やす」のではなく
「減らす」方が良い。
そうすることで、風景が引き締まり、
すっきり洗練される。
           
色とりどりの鉄橋を
あちこちに架けている市町村の方々!
どうか、
周りの風景に使われている色と同じ色に
鉄橋を塗り替えて!
    
そして風景を
主役に引き立ててあげて頂きたい。