読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

取り戻そう日本の美しさを

日本の美、日本の景観、日本人のこころ、日本らしさについて考えるブログです。

あの「のぼり」って何とかなんないものかな

景観は環境!

のぼり。
日本の風景の一つでも
あるとも言える。
一種の販売促進物で、
コンビニなどの店舗の前面に
3、4つ掲げられている、
あれである。
    
のぼりのそれ自体については
とがめないつもりだが、
デザイン、色については、
どうしてもなんとかならないものか
と思ってしまう。
   
まず、のぼりの棒の色だ。
昔は木で出来ていたのだろうけれども
今は樹脂で出来ているようだ。
その樹脂でできたのぼりの棒の部分、
いろいろな店のものを見ていると
どうも「青色」が多いのだ。
あの「青色」は、なぜなのだろう。
空の色から拾ったのだろうか。
   
しかし、のぼりの一番近くにあるのは
空ではなく、店そのものだ。
色的には接するのは
店舗の外観の色なのだ。
なのに、店舗には
全く使われていない青が
のぼりの棒だけに使われている事が多い。
あれはおかしい。
調和しない。
   
せめて、店舗の壁の色と
同色に塗り替えた方がいい。
ベージュ、うすい茶色、
その他壁に使われている色に。
    
のぼり、それ自体のデザインも
問題があるものが多い。
最近は店舗のデザインや色彩を
考慮したものも増えて来たように思うが
まだまだのようである。
特にのぼりそのものを
目立たせようとしているようなもの。
蛍光色の黄色に赤い文字、などが多い。
赤に白、や白に赤、黄色に黒。
視認性が高い
と言われている配色である。
また視認性が高いからというだけの理由で
考えられた配色でもある。
まっったく、店の外観、店の雰囲気に
調和するものではないことが多い。
のぼりだけが異様に目立つ。
こういった光景もとても
「野暮ったく」映る。
雑然とする。
     
どうか、販売促進物として
のぼりを掲げる場合は
その店舗の外観の写真を見ながら、
それに調和する様な色彩で
デザインを考えて欲しいものだ。
大丈夫。
そんなに視認性の高い配色にしなくても
人間は色を識別できるのだから。
とにかく、その一体が全体的に
目に心地の良い風景を作り出す事を
念頭に考えて欲しい。