読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

取り戻そう日本の美しさを

日本の美、日本の景観、日本人のこころ、日本らしさについて考えるブログです。

目立つだけの景観破壊看板をこれ以上量産するな。風景と調和する看板があってこそ日本の風景景観は向上し、観光立国にふさわしくなる

景観は環境!

今街のあちこちで見られる看板。
これらが街の印象を制している
といっても過言ではない。
   
私は看板を減らす事が
景観の向上と今までも書いているが
限界がある事だろう。
やはり看板というのは
不要なものもあるだろうが
必要なものだからだ。
広告看板の類は不要とも思えるものもあるが
店の看板は必要だ。
    
看板がなくてはならないものなら
看板が街の印象を制すなら
看板のデザインはとても重要であり
街の風景の印象を担うという
責任が生じる。
そう、責任を持って
看板はデザインされなければいけない。
もはや、単に単体が
「目立つ」だけの目的のものではいけない。
目につくようにするという
本来の機能はもちろん、
風景と調和しなければならない。
    
風景と調和するために
下地の色は土の茶色、
木の緑などを使うと良いだろう。
原色は浮いてしまうので避けるべきだ。
茶色、緑でも原色ではだめで、
茶色でも焦げ茶色ぐらい、
緑色でも深緑ぐらい暗めの濃い色が
風景と調和して望ましい。
下地が地味な色でも
文字の色を明るめにすれば
たとえば白、淡いベージュ色、
黄色などを使えば
十分文字は識別できる。
   
また色の数は増やさない方が良い。
看板単体では
カラーコーディネートされているのだろうが
風景全体からしてみれば、
印象が散漫になってしまう。
風景全体を考えるなら、
下地を含めて2色
(下地、文字1色ずつ)
ぐらいが望ましく、
多くても同系色3色ぐらいに
とどめるべきだろう。
よくあるのが原色3〜4色
(赤、黄、青、緑)で塗られた看板だが
完全にNGである。
周囲を全く考えない、
いわゆる自分勝手な
KYな看板と言ってよい。
厳しいようだが、
実際に風景を壊すのは
このような看板なのだ。
     
看板制作にあたっては
くれぐれも自分の看板だけ目立ち、
周囲の色彩を無視する様な
ものだけは、これ以上作らないで欲しい。
    
そして、ここは日本である。
どうか「日本の自然」の色彩
また「日本古来の色彩」について
もっと研究し、
そういった色彩を用いて
日本の風景として美しく映る様な
看板を制作して欲しい。