読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

取り戻そう日本の美しさを

日本の美、日本の景観、日本人のこころ、日本らしさについて考えるブログです。

信号機など柱という柱はすべて焦げ茶に塗装すべし

景観は環境!

信号機の柱、
案内標識の柱。
これらも街の、道路の景色の一部。
実は結構重要だ。
これらの柱がどうなっているかで
印象が随分違うことが分かった。
   
おおまかには
これらの柱がシルバーやグレーの状態、
茶色に塗装されている場合に分けられる。
茶色に塗装されているのは都市部や観光地に多い。
    
どちらの状態が見た目の印象が良いかは
やはり茶色に塗装された状態
と言えるだろう。
ひとことでいうと
「すっきりして見える」のだ。
街路樹の木の幹や土の色に同化するので
馴染んで見えること、
茶色は沈んで見える色であり、後退色なので
浮き出て見えないこと、
これらに「すっきりする」理由がある。
   
これがシルバーやグレーのままの柱だと
街路樹や土、建物のどの色とも
共通していないこと、
茶色に比べて
明るく前に見える色ということで
確実にチカチカと浮いて見えるため
道路沿いの風景としてみた時に
雑然とした印象になってしまう。
    
観光地でもまだ信号機の柱、
案内標識の柱がシルバーのままで
塗装されていないならば
今すぐでも茶色に塗装することを勧めたいし、
欲を言えば日本中どこでも
信号機や案内標識の柱という柱は
まず茶色に塗装することをすすめたい。