読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

取り戻そう日本の美しさを

日本の美、日本の景観、日本人のこころ、日本らしさについて考えるブログです。

ブルージーンズ信仰。ブルージーンズ履けば、どんなトップス着ても合うというのは幻想だと思う。

日本のファッション

なぜジーンズといえば、
ブルーなのだろうか。
なぜ日本人はブルージーンズばかり
履くのだろうか。
    
それほど深く考えることでも
ないのだろう。
ジーンズショップへ行けば
ブルーのジーンズが
圧倒的な多さで棚に並んでいるし
他のカラーのジーンズは
「カラージーンズ」と呼ばれ
少数派で、置いてある数も少ない。
    
ジーンズはもともとアメリカ発祥。
なぜブルーだったかというのは
私は知らないが
きっと青の染料が一番多く
手に入ったし安かったのだろう。
しかし
「当時は」そうだったかもしれないが
今、服の染料など何種類もある。
別にブルーでなくたって
かまわないはずなのだ。
   
日本人の肌は
欧米人の肌に比べて黄色である。
黄色人種と言われているのだから
当然のことだ。
だから、欧米人の肌には合う色でも
黄色人種の日本人には合わない色も多い。
ジーンズのブルーもそうだ。
ブルーのジーンズを日本人が履いても、
欧米人に比べ、
あまりサマにならない。
黄色の肌に対しては
ブルーは肌映りが悪いからだ。
   
しかし日本人が欧米人よりも
黄色であるということは
逆に欧米人には似合わないが
日本人には似合う色が存在するはずだ。
    
そこで私は
「日本人のためのジーンズ」
を新たに作ることを提案したい。

日本人は肌が黄色いので、
青色ベースよりも黄色ベースの色の方が似合う。
だから、日本人には
「黄色」
「ベージュ」
「茶色」
「キャメル」
「緑や深緑」
「モスグリーン(抹茶色)」
「レンガ色」
こういった色が似合う。
また、髪の毛が茶髪や金髪であり
目の色がブルーやグリーンの欧米人とは違い
日本人は黒髪で目の色も黒いので
「黒」も似合う。
    
だから日本人は基本的に
「茶色」「ベージュ」
「黒」「グリーン」を
ジーンズの基本色としていった方が
いいのではないかと思う。
その方が肌の色にフィットして、
肌映りが良く
肌の色が締まって良く見える。
    
また、日本人は欧米人に比べて
肌がきれいで、きめ細かい。
これは強みだ。
しかし、現状の
ジーンズに使われるデニムは繊維は粗く、
特に色落ちしたジーンズは
その繊維の粗さが目立つ。
これはせっかくの肌のきめ細かい
日本人の良さを削ってしまう。
    
だから日本人が履く
ジーンズに使う繊維は
デニムでも細かい織りの
(オンス数の低い)デニムを使うか
つるつるした感触のある
ツイル地の繊維を使ったものにした方が
断然似合う。
   
つまり、
日本人はブルージーンズではなく、
基本的にツイル地の
「カラージーンズ」を履いた方が
より魅力的に映る。
    
日本においてジーンズショップでは
ブルージーンズは少数派にして
「茶色」「ベージュ」「黒」
「グリーン」「黄色」「レンガ色」などの
カラージーンズを主力に
品揃えした方がいいだろうと思う。
そのカラージーンズを
日本人のパンツスタイルの
主流にしていった方が良いと思う。
なにも欧米のマネして
ブルーばっかり履く必要はないのだ。