読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

取り戻そう日本の美しさを

日本の美、日本の景観、日本人のこころ、日本らしさについて考えるブログです。

別に無理してマスカラ付けて長いまつげにしなくても魅力的な目になる

日本のファッション

もちろん長いまつげを持つ
日本人だってたくさんいる。
しかしそれほど長くないまつげの
日本人は多い。
   
まつげのボリュームを○倍にするという
マスカラが売れている。
(ほんとうに売れているのか
 どうかはわからないが)
    
こういったものが売れる、というのは
「長いまつげの方が良い」
という考えが一般的だということだろう。
そのためには、
胸を大きく見せるために
分厚いパッドを入れたブラを
身につけるように
本当のまつげでなくっとも
少しでもマスカラで
ボリュームをかせいで
長いまつげに見せたいという
涙ぐましい努力もいとわない。
   
しかしこの努力、
必ずしも成功するとは限らない。
うまく長いまつげに見せられる
ことももちろんあるが、
マスカラの質や塗り方によっては
つけた液がダマになってしまってしまったり
にじんでしまって
目の周りに付いてしまい
パンダの目のようになってしまったりする。
一目で「あの人マスカラ付けてる」と
わかってしまったりする。
    
そもそも、
そこまで長いまつげに見せる必要なんて
あるのだろうか。
    
日本人の目は一般的に
欧米人に比べて小さめである。
また、ブルーやグリーンの目が多い
欧米人とは違い
日本人は黒や茶色の目が一般的だ。
つまり、白目と黒目のコントラストが
欧米人に比べて強い。
これは、強みでもある。
欧米人に比べて
キリッとした目に見える。
よりシャープな印象に映るのだ。
この「シャープさ」に
日本人女性はもっと重点を置いて
良いのではないだろうか。
平たく言えば
「眼力(めぢから)が強い」
ということだ。
    
ちょっとのメイクの力で、
そのシャープさは出る。
目の際に黒のアイラインを
ちょっと引けば良く、
少しアイシャドーを
ぼかしながら付ければいい。
そして眉毛のラインも整える。
それだけで、日本人女性らしい
魅力的な目元は完成だ。
これだけでいい。
なにも、長いまつげなんていらないのだ。
もしまつげをきれいに見せたければ
「形を整える」程度でいい。
マスカラを付けるとするなら
透明のものを付け
少し艶を出し、
なにもボリュームの出る様なものは
必要はない。
ダマになるのがオチだ。
   
既にキリッとシャープな魅力を持つ
日本人の目には
マスカラはいらない。
魅力的な目元は
日本人は既に持っているのだ。
ほんの少しのアイラインと
アイシャドーがあれば
日本人女性の目は十分美しくなる。
日本人はもっと自分の目に
自信を持って良いと思う。