読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

取り戻そう日本の美しさを

日本の美、日本の景観、日本人のこころ、日本らしさについて考えるブログです。

ハデハデ原色の黄色看板、見ていて本当に腹が立つ!何とかしろ!

景観は環境!

今日は景観の話。
今日は少し、キレます。
    
私は地方都市から少し離れた所に住んでいる。
移動は主に車。
国道などの幹線道路をよく走る。
    
ほんとうにうんざりする。
   
なぜこうも看板ばかりなのか。
大げさでなく、本当に目が疲れる。
   
店の看板は車を運転していても
見えるように、ということで
バカでかい。
色も原色ばっかり。
馬鹿か、というぐらいにハデハデ。
広告の看板も、そこの市町村に
明確な条例の取り締まりがないのか
無秩序に立ち並ぶばかり。
そう、同じ場所に有るなら
少しぐらい揃えてくれりゃいいのに
揃っていない。バラバラ。
    
あのさあ、
景観条例なければそれでいいわけ?
あんまりにもヒドイ。ひどい。
嫌だ、こんな景色。
    
いったい、こんな景色に誰がした?
ひとりだけではない。
あらゆる
「周囲の景色を全く考えもしない人達」によって
少しずつ、景色は荒らされてきたのだ。
それが、この幹線道路の惨状だ。
    
少しは調和ってもの、考えないかね。
    
せめて看板の色ぐらい、
なんとかして欲しい。
自分の看板が目立ちたいのは
分かるんだけど
そうして自分の店に
立ち寄って欲しいのは分かるんだけど
あれじゃ「景色の落書き」。
     
幹線道路とは言え、
自然に囲まれているところなら
せめて「アースカラー」にしろよ。
間違っても「原色の黄色」なんか
使わないで欲しい。
ほんとうに馬鹿の一つ覚えのように
「黄色の看板」って多い。
    
私個人は、派手な看板を掲げている店
というのは好感が持てない。
逆に、広告看板を控えていて、
看板も周りと調和している店の方が
好感が持てる。
看板も原色を多用するより、
アースカラーなど調和するような中間色の方が
シックでいいと思う。
     
どうしても原色というのは
「幼稚」に見える。
今、街中の店の看板というのは原色が多いが
こういう外観の店ばかり並ぶ街は
やはり幼稚な印象だ。
大手のチェーン店は
看板に原色を使いがちだ。
大手は日本全国に同じ店を展開するから
今、日本はどこでも街を行けば
原色チカチカの店が立ち並んでいる。
   
六本木や表参道ヒルズ、ミッドタウンなど
都心には洗練された建物もあるようだが
大部分は原色チカチカな店ばかり。
まったく日本も幼稚な風景の国になったものだ。
これは決して言いすぎなんかではない。
こんな国に住んでいるのも
嫌になるのは当然だし
まとまった休日が取れれば日本ではなく
海外に行きたくなってしまうのは
当然だろう。
だって、日本の景色、魅力ないもの。