読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

取り戻そう日本の美しさを

日本の美、日本の景観、日本人のこころ、日本らしさについて考えるブログです。

工場の外観を真っ白に塗装するな!

景観は環境!

白、というのは実は
実に不自然な色なのだ。
画用紙の上では
基本色なのであろうが、
自然の風景の中で、
真っ白などという色は存在しない。
空はうっすら青い色をしているし、
山は緑か、
遠景の山なら青い色をしている。
木は深緑などの緑と茶色で
構成されているし
土だって茶色である。
アスファルトを敷いた道路だって
グレーである。
    
つまり風景の中での基本色は
「青」「緑」
「茶」「グレー」である。
これらの色はみな、わりと深い色で、
そして中間色だ。
「基本色」として、
景色に調和する色を使いたいのなら
「濃いめの中間色」を使うべきなのだ。
    
巷では、基本色というと
「白」というのが定着しているようだ。
この白を風景の中に入れるとどうなるか。
白はとても明るい色なので
濃いめの中間色で構成されている
自然の風景の中では
非常に浮いてしまうのだ。
風景の中で、白というのは
実は不調和な色なのだ。
    
壁が白の工場があるとする。
この壁が白く塗られた工場を
遠くから見るとどう映るか
冷静に見た事はあるだろうか。
特に自然に囲まれた土地では、
工場だけが白く浮き、
目立ってしまうのだ。
自然にそぐわない無機質な造形が
浮き立って見えてしまう。
これではせっかく美しい自然が広がっているのに
その風景が不格好なものになってしまう。
    
しかし日本には、こういった
「白い工場」がとても多い。
なんとかならないだろうか。
テレビの紀行番組などで北欧の風景を見ると
工場などは茶色などに塗られていたりする。
なんでも欧米の真似をすれば
いいというものではないが
この工場の壁の色は
日本でも是非参考にして欲しい。
     
結論。
工場は、
「茶色」「深緑」
藍色」「深めのグレー」
これらいずれかの色に壁を塗装すること。
これで決まりだろう。
これが、日本の景観を向上させる
ひとつの対策だ。