読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

取り戻そう日本の美しさを

日本の美、日本の景観、日本人のこころ、日本らしさについて考えるブログです。

甚だ無神経な、スポーツ新聞の見出しみたいな色彩の店舗デザイン

景観は環境!

スポーツ新聞の見出しの色は
彩度が異常に高い。
赤、黄、青。
すべて原色と呼ばれる、
一番彩度の高い色ばかりを
組み合わせている。
この組み合わせは
強烈なインパクトを与え、
とても視認性が高く、目立つ。
    
この視認性の高さから
店の看板にも多く
使われているようだ。
アイキャッチ」効果を
狙っているためだ。
    
はっきりいって、目障りだ。
こんな配色は、
スポーツ新聞と信号機にだけ
使っていれば良いのだ。
店の建つ場所、そこは都市部であったり
自然に囲まれた場所であったり
市街地でも緑に囲まれていたりするのだ。
あるのはその店だけではない。
他の建物、自然、緑に囲まれているのだ。
そういった、何かに囲まれている場所に
赤、黄、青、といった
原色の配色を持ってくるのは
「無神経」以外の何者でもない。
    
何度も言うが、
自然なら山の深緑、藍色、木の深緑、茶色
土の茶色、草の緑などの色が既に存在する。
海辺なら海の藍色も存在する。
これらの色は全て彩度が低い。
明度も低い。
この中に彩度が高い、
明度も高い色を
しかも3色も持って来たら
限りなく不調和なのだ。
      
こういった、
原色の赤、黄、青、といった色は
ポイント、ポイントで
アクセントカラーとして使うのはいいだろう。
しかし、分量は少なくするべきだ。
分量が多過ぎるのは、NGだ。
印象が幼稚になってしまうからだ。
幼児はこういった原色に
飛びつく習性があるようだ。
幼児用の玩具に原色が多いのは
幼児が好きな配色だからだ。
    
しかし、何も大人向けの建物で
こういった配色をすることもなかろうに。
     
日本人の色彩感というのは、
そんなに単純だったか?
もっと微妙な配色を雅とし、
楽しむ人種ではなかったか?
明治から始まった欧米崇拝は、
こうした日本人特有の
味わいある色彩感までも
奪ってしまったのか?
     
どの業種の店でも同じ。
もっと日本人としての誇りを
持ってもらいたい。
日本人としての美的感覚を
持ってもらいたい。
そして願わくば、
日本の風土に合った、
日本の風土の色彩感、
造形美に合った建築
日本風土に合った、
店舗設計を考えてもらいたい。
「スーパーマーケット」
「家電量販店」「ドラッグストア」
「パチンコ店」「本屋」
「DVDレンタル店」
「ガソリンスタンド」・・・
どの業種にも、
日本の風土に合ったデザインの店
というものを
今一度、考えてもらいたい。
もう、日本の風土に合わない、
欧米そっくりの店はやめてほしい。