読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

取り戻そう日本の美しさを

日本の美、日本の景観、日本人のこころ、日本らしさについて考えるブログです。

景観を壊すだけの看板屋など、看板屋失格だ!

景観は環境!

看板屋さんへ。
もうこれ以上、
原色の黄色地や原色の赤地を
看板の下地に塗った看板は
作らないで!
    
どうかお願い。
真っ赤な下地に真っ白な文字、
真っ赤な下地に真っ黄色な文字、
真っ黄色な下地に黒の文字、
真っ黄色な下地に真緑の文字、
真っ黄色な下地に原色の黄緑の文字、
真っ黄色な下地に原色の青の文字・・・・
    
こういった、
視認性ばかりを強調した配色の看板は
二度と作らないで。
金輪際作らないで。
    
一面黄色で塗ったくられた下地に
これまた巨大な真っ赤な文字。
しかも角張ったゴシック体。
    
確かに見やすい。
でも、日本の風土には合わない。
ポップすぎる。
欧米ではこういうデザインも
似合うかもしれないが、
間違えないで、ここは日本。
   
それに、
こんなに色を派手にしなくても
こんなに色のコントラストを
極限まで激しくしなくても
そしてこんなに文字を巨大にしなくても
わかる。充分分かる。
     
車を運転している間でも見やすいように
目に留まるように、という必死さは伝わる。
でも、はっきりいって、
これは景観破壊。
景観は環境であるから、
これはれっきとした
環境破壊だと思う。
    
特に緑の多い、
自然に囲まれた土地。
幹線道路。
周りに自然がきれいに
広がっている幹線道路にも
日本では容赦なく、看板の嵐。
次々看板が立ち並ぶ。
看板の嵐でなく、荒らしでもある。
     
ここに看板さえなけりゃ、
どんなに風景美しいだろうな。
そう思う場所が、
日本には至る所にある。
こんな所にもあるの?
という所にまである。
広告会社が必死にロケーションを
開拓してしまった結果がこれ。
     
もうやめてくれ。
広告会社を廃業にしたい訳ではないが、
自然の広がる風景の中に
看板を次々立てようとする事自体、
もう、やめないか?
はっきりいって、うんざり。
その道ををいつも通る
住民の身にもなってくれ。
その道が近所にあり、
散歩を日課にしている住民の身にもなってくれ。
    
自然。都市。それ自体、
それぞれの美しさがある。
自然には特に茶色や緑、
深い青で彩られた美がある。
    
もしそこに、それっでも
看板を立てたいというなら
どうしても看板が必要というなら、
看板が風景に調和させなければならない。
    
なに、看板は目立たなければいけない?
そういうなら、両立させてくれ!
「目立つ」という視認性と、
色彩的な環境との「調和」を。
    
もし、
この両立ができないのだとしたら、
看板屋など失格だ!!
    
既に風景と調和を取り、
なおかつ目にもちゃんととまる看板だって
それほど多くはないとは言え、存在する。
それらを真似てもいい、とにかく
看板を作るなら、調和を図ってほしい。
   
看板の下地はアースカラー
茶色、ベージュ、
深緑、藍色などにする。
(昨日のビルの話同様、
 真っ白やパステルカラーもNGだ。)
文字は、あけすけな
極太ゴシック体なんかにせずに
日本の風土に合うように、
漢字なら明朝体にするなど。
     
どの業種の宣伝だろうと、
これは守ってほしい。
家電量販店の宣伝だからと
「赤、黄色、青」のオンパレードが
許されるだろうとか、
ドラッグストアだから
「青に白に黄色」が許されるとか、
いっっさい、なし!!
それがいけないのだ。
その、
「看板の中だけで、世界観を作る」
というのが、
いちっっっばんの間違い!!
雑誌じゃないんだよ。
あくまで周りにあるのは
自然や都市空間。
絶対にその事を
忘れてはならないと思うのだ。
     
原色を全く使うな、
ということではない。
使い方を考えてほしい、
ということなのだ。
今までよりも使う分量を減らして、
ポイント、ポイントで
アクセントに使うなど
うまく使ってほしい。
   
しかし下地の色は基本的にアースカラー
これはやってほしい。
     
日本は「看板大国」だと思う。
これだけ、どこに行っても
観光地に行っても看板がある、
というのは疑問だが、
あるのだから仕方ない。
(本当は減らしてほしい、
 というか無くしてほしいのだが)
   
あるならあるで、
その今ある看板を塗り直すべきだ。
環境に色彩的に調和するように。
そして周囲の環境が、
緑が、自然が美しく見えるように。
     
これなくして、日本の景観は、
いつまでたっても美しくはならない。
「日本を観光大国にしよう」
という動きがあるようだが
看板の問題を片付けない限り
国を挙げて統制したりなど
解決していかない限り
日本を有数の観光大国にすることなんて、
まず無理だ。
逆に言えば、この問題を解決する事で
日本の風景は美しくなるし、
イタリアなどの観光大国に近づけるだろう。