読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

取り戻そう日本の美しさを

日本の美、日本の景観、日本人のこころ、日本らしさについて考えるブログです。

エメラルドグリーンのフェンス、この景観破壊の元凶

景観は環境!

駐車場、運動場、テニスコート・・・
こういった所には必ず周りをフェンスが囲っている。
しかしこのフェンス、あなどってはならないのだ。
ちょっとした設備という風に取られているようだが
けっこう、このフェンスは景色を作っている。
景観にけっこうな影響を及ぼしているのだ。
乱立する看板ぐらい、これも日本の景色のキモである。
    
特に色。
あの独特のグリーン。
エメラルドグリーンといったらいいのだろうか。
運動場やテニスコートという場所は
比較的緑が多かったりするので
同じ緑なら馴染むだろう、というわけであの色なのだろう。
     
しかし、まっっったく違うのだ。
緑の中にもいろいろな緑があるのだ。
自然の緑というのはいつも書いているように
彩度が低め、明度も暗めの
どちらかというと濃い深緑である。
   
しかしフェンスに使われるエメラルドグリーンは
とても彩度が高い。
そして異様に明るい。明度が高い。
自然の緑とは全く違う色なのだ。
これが自然の緑の間に持ってくればどうなるか。
やはり浮く。
フェンスだけ目立つのだ。
   
自然の緑に馴染むようにしたいなら
あのエメラルドグリーンは即刻、塗装し直すべきだ。
    
自然に囲まれた所なら、やはり深緑や濃いめの茶色がいいだろう。
これは何回も書いている、自然の構成色。
木造建築が割と多い日本の風土なら
やはりその中でも、濃い茶色がベストだ。
    
自然が多い土地での駐車場、運動場などのフェンスは
迷わず「濃い茶色」に塗り直すべきである。
    
都市部ではどうするか。
都市部を構成しているもの。
ビル、アスファルトなどが多い。
これらはグレー、白などの無彩色だ。
だからフェンスも無彩色の方が目立たないだろう。
しかし、白はやはり浮くので絶対にやめた方が良い。
チャコールグレイぐらいがちょうど良いだろう。
このくらい深めの、暗めの色なら浮いて見えること無く
都市部の景色には馴染むだろう。
    
フェンスの色は、
いますぐエメラルドグリーンをやめて
基本色を茶色やチャコールグレイにしないか?
もうはじめから。
今設置されているものは全部塗り直し。
そしてこれから新しく作る場合も
基本的に茶色やチャコールグレイで作る。
日本のフェンス事情はこれで決まりだろう。