読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

取り戻そう日本の美しさを

日本の美、日本の景観、日本人のこころ、日本らしさについて考えるブログです。

歩道橋は茶色に塗装して欲しい

景観は環境!

歩道橋。
これもけっこう、景観を左右する。
これもあなどってはならないひとつの設備だ。
特に色。
現状、けえっこう、テキトーな色に塗られていたりする。
クリーム色、白はまだしも、
水色、黄緑色、なかにはピンクなんて色で
塗られていたりする。
誰も文句を言わないからといって
テキトーに塗るなと言いたい。
    
クリーム色、白、
水色、黄緑色、ピンク色・・・
みんなNGだ!!
    
まず白とクリーム色。
これは前にも書いた内容だ。
白やクリーム色、というのは
何故か「無難な色」というように
考えられやすい。
しかしこの「無難な色」というのは
あくまで真っ白な紙の上での話。
茶色、深緑、藍色、などの
深いアースカラーでできている
景色の中では非常に浮いてしまう色。
    
水色。
よく見かける。この水色の歩道橋。
これはおそらく
空の色が「水色」をしているから
同調するように、
と塗られているのだろう。
しかし、だいたいが
「濃すぎる」のである。
彩度が高過ぎる。
変に目立つのだ。
それに、「空」というのは
一定ではない。変わる。
晴れで空色のときもあれば、
雨や曇りで暗いグレーな時もある。
しかも、空など極めて遠景のものに
照準を合わせてどうするのだと
言いたいのだ。
もっと近い、道路沿いの
樹木などに同調させた方が
よっぽど調和がとれるのに、
なぜにまた、「空」なわけ?
     
黄緑色、ピンク色。
もう、論外である。
どことも調和が取れていない。
もう、この塗装をした人は
「遊んでいる」と言わざるを得ない。
日本の街はただでさえ
色が溢れかえっていて
ごみ箱のようになっているのに
これ以上色が増えていいはずが無い。
まったく無神経だとしか思えない。
    
何色がでは、良いのか。
「茶色」以外ありえないと思うのだ。
「茶色」といっても
「赤茶色」のように赤っぽい色ではない。
もっと濃い「焦げ茶色」のような色がふさわしい。
    
それは何故かというと
樹木の幹の色と同色であるということ、
そして、
日本には木造建築が多いということ、
この2点から。
    
まず樹木についてだが、
今は東京などの都心でも
必ず道路沿いには植林をして
緑を増やしている。
また地方では自然に囲まれている場所も多ければ
市街地でも都心のように道路沿いには緑がある。
つまり、
「木」は道路に非常に近い存在だ。
    
そして日本の木造建築の多さ。
日本には木造建築が多い。
寺や神社などの歴史的建造物は
もちろん木造。
それに一般の住宅でも
木造建築もあるのはもちろん、
茶色をベースにした住宅が日本には多い。
     
これらを考えると
日本の道路に一番似合う基本色は
「茶色」(焦げ茶色)だと思われる。
歩道橋は日本では、都市部でも地方でも、
「焦げ茶色」にすれば間違いが無い。
日本における一番無難な色は
「焦げ茶色」である。
    
今、黄緑色や水色や、
ピンク色や白、クリーム色に
歩道橋を塗っている場所があれば、
ただちに塗り直してほしい。
その色はただひとつ、「焦げ茶色」。
それが、日本の街の景観が品良く、落ち着いた
調和のとれた、
美しいものに変わっていく足がかりになる。
    
彩度は低く、
明度も暗め、落ち着いた明度にするのを
どうぞお忘れなく。