読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

取り戻そう日本の美しさを

日本の美、日本の景観、日本人のこころ、日本らしさについて考えるブログです。

柵、車止め、フェンスは真っ白をやめよ

景観は環境!

一見何気ない「柵」や
「車止め」「フェンス」といったもの。
こういったものが、
実はかなり景観を左右している。
他の国でもそうなのかもしれないが
日本でもこういったものは侮られやすい。
     
この「柵」「フェンス」といったものは
普通の家でも、駐車場でも、
公園でも、店でも
ショッピングセンターでも、学校でも
いろいろなところに使われる。
しかし「単なる設備」のように
捉えられがちで
必要最低限の施しをすればそれで良い、
という考えからか
適当に処理されているように
思えてならない。
安全面などから考えれば
しっかりと固定されていたりして
よくできているのかもしれないが、
私が言いたいのは、
このブログで主に書いている
「色彩」「造形」面だ。
    
まず色彩。
またこれも「無難な色」として
よく選ばれてしまう「白」が
とっても多い。
その次にはクリーム色、
やけに原色の様な水色、黄緑色。
あとは素材むきだし、塗装なしなど。
やっぱりこれらの色も過去に書いている通り、
「明るすぎる」し、「浮く」。
NGである。
やっぱり、これらの色も、
歩道橋や信号機や標識の支柱などのように、
日本では「茶色」、
それも「焦げ茶色」が望ましいと思う。
     
そして造形。
まあ、こういった設備などには
なかなかお金をかけられない事情も
あるだろうから、
ある程度仕方ないとは思うのだ。
しかし、もし、少しでも経済的に、
時間的に余裕があったら
すこしこの「柵」や「フェンス」の
形を考えてほしい。
というのは、
今たくさん街にあるような
無機質な柵やフェンスは
本当に無機質すぎてなにか、
こう「牢獄」を思わせてしまう。
もっと何か、ないのだろうか。
    
ここは一応日本なのである。
日本らしい、風情のある感じを
その何気ない「柵」「フェンス」にも
造形的に取り入れてほしいのだ。
少しでもいい、和風らしい
ちょっとした装飾を加えたりして
「和」のテイストを感じさせる様な
デザインにしていってもらいたいのだ。
     
ちょっと想像してみてほしいのだ。
まったく無機質な形の、
白やグレーの柵やフェンスに囲まれている
公園や店の敷地と、
そうではなく、
和風の装飾をちょっと付け加えた、
色も日本らしい茶色などでできた
柵やフェンスで囲まれている公園や店の敷地。
無機質な方は、
なんだかすさんだ感じになる。
一方、和の装飾を施した方は、
少し気持ちが潤う様な感じがしないか。
ちょっとのことのように感じるが、
こういったことが実は大事なのだ。
ぜひ実践してもらいたい。
    
車止めに関して。
さすがにこれは「和風に」
なんていってもピンと来ない。
だから形は現状で別に構わないだろう。
しかし、問題とするべきはやはり「色」。
白はまだいい方で、公園なんかだと
「原色の緑」なんてのが平気である。
あとやはり原色の水色も多い。
ほんと、テキトーに塗らないでほしい。
    
車止め、というのは公園に多い。
公園には緑があり、土がある。
ということは、「公園の車止め」の
理想はやはりこれも、
木の幹に近い「焦げ茶色」を置いて
他に無いだろう。
市町村でこういった設備に関わっている方が
このブログを見たなら
市町村で管轄している公園などの施設の
「柵」や「車止め」「フェンス」など
があれば、すぐさま
「焦げ茶色」に塗装し直してほしい。
その市町村の景観が落ち着いたものに
なること請け合いだ。
     
またショッピングセンターなどにも
車止めがあるようだが、
これもあまり、素材むき出しの色や
何かの原色の色に塗ったりするのはおかしい。
「無難な色」といって「白」や
「クリーム色」もやはりNGである。
本当に「無難な色」にしたいのなら、
茶色に近い、「ベージュ」をすすめたい。
きっと落ち着いた感じになるはずだ。