読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

取り戻そう日本の美しさを

日本の美、日本の景観、日本人のこころ、日本らしさについて考えるブログです。

ガードレールはグレーベージュ、茶色がいい

景観は環境!

ガードレール、
これも実はかなり景観のキモである。
このガードレールも
景観をとても左右する、
非常にあなどれないものだ。
   
他の国がどうなのか、
あまり詳しくは把握していないが
日本の道路の脇のガードレール、
真っ白すぎると思うのだ。
   
たしかにガードレールであるから
見えやすくなければならない
ということはある。
しかし、あまりにも真っ白すぎる。
これもあれだろうか、
「無難な色」ということで
真っ白を選択したのだろうか。
    
だとしたら、とんだ間違いである。
まったくとんでもない。
何度も書いているように、
景色の中において
白は非常に目立つ色なのだ。
一番の膨張色ということも手伝って、
一番目立つと行っても過言ではない。
   
また、とても派手な原色の
黄色いガードレールを使用している
県があるそうだ。
これもまた、その県の人には悪いが
ちょっとセンスを疑いたくなる。
   
確かに今まで行っている歩道橋や
信号機などと同じように
焦げ茶色に塗ってしまうのは危険だ。
夜になるとまったく見えなくなってしまうからだ。
(実は茶色いガードレールは存在する。
 しかし夜でも見えるような
 光沢素材の黄色いラインが入っている)
    
夜でも見えるように適度に
明るめな色にすることも必要だが
しかし、何もあそこまで目立つ
真っ白にしなくてもいいだろう。
    
ここはひとつ、折衷するべきだ。
「見える色」
で、なおかつ
「景色とも調和する色」。
この2つを見たす色なら、いいだろう。
    
本当は濃い茶色が景色に馴染むが
それはできないので、
少し薄くした文字通り、
「うす茶色」はどうだろう?
または「ベージュ」。
すぐ近くにはグレーの
アスファルトでできた道路があるから、
少しグレーを加えたい所だ。
    
つまり「グレイッシュなベージュ」
または「グレイッシュなうす茶色」
こんな色を使えばいいのではないだろうか。
    
どういうわけか、
日本の例えばガードレール、
それから橋、歩道橋といった
設備に使われる色、というのは
中間色というものがないような
気がするのだ。
空色なら原色に近い真っ青、
緑ならこれも原色の緑、
または異常に明るいエメラルドグリーン
黄緑なら原色の黄緑、
白なら、本当に白紙の様な真っ白。
    
空色といってもいろいろあるのだ。
緑といってもいろいろあって
淡い緑もあれば深緑のように
渋い緑色だってある。

黄緑もしかり。
グレーを混ぜた深い黄緑もある。
白だって、グレーのように
明度をすこし落としたものだって
少しベージュを加えたりしたような
色だってある。
洋服の色は、
白といっても色々あるように
微妙な色が使われたものが
たくさんあるというのに
こと設備の色となると
「おおざっぱ」になってしまうのは
どうにかならないものだろうか。
   
自然などの風景は中間色でできている。
その中に置かれる設備も
中間色で作られるのを
当たり前としてほしい。
その意識の改革が無ければ
日本の景観の調和、魅力の向上などあり得ない。