読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

取り戻そう日本の美しさを

日本の美、日本の景観、日本人のこころ、日本らしさについて考えるブログです。

日本の景観を向上したいなら「色」をまず調和させろ

景観は環境!

各々の建物、または設備の塗装色一つで、
日本の景観は変わる。

これは過言ではない。
これほど、「色」というのは
景観に大きく影響するのだ。
特に日本では。
   
なぜかというと、
あまりにも日本は
建物の色に対して
無頓着すぎるからだ。

確かに意識している店や建物もある。
市町村によっては、
きちんと道路設備の色を統一し
景観を整える事に力を入れている所もある。
しかし、足りないのだ。まだまだ。
    
少し街を行けば、
真っピンク一色で塗装された雑居ビル、
真っ黄色、または真っ青や
キミドリで塗装されたビルなんてのが
平気でゴロゴロ見つかる。
景観を壊す様な色に
塗ったくっている建物を見ても
周囲の住民は苦情したりしない。
     
都市景観において洗練され、
住民の意識も高いヨーロッパでは
建物の色について、看板について
ことこまかに色の規制を
法律で規制している。
別にその国が共産主義の国でなくても
当たり前である。
また住民の意識も高く、
家の柵の色を塗り替えたらクレームが来た
というようなことが
あったりするそうだ。
家の柵の色一つで、である。
    
日本は自由主義の国ではある。
しかし、なんでもかんでも自由、
建物の色だって、
周囲の景観を汚そうと塗り放題
という自由というのは
どうなのだろうか。
なんでもかんでも
ヨーロッパのマネをすればいいという
訳ではないのだが
この、建物の色に対する
ヨーロッパの意識の高さは
絶対に日本にも取り入れるべきだし、
それなしに、
日本の景観の向上はありえないと思う。
     
もちろん国を挙げて
景観に対するもっと具体的な
詳細な規制を盛り込んだ
景観に関する法律を作るのはもちろん必要。

しかし、日本人のひとりひとりが
日本にある建物一つ一つについて
塗装される「色」について
「周囲との景観の調和」
という観点に立つ事がもっと必要だ。
「色」というものに対しての
日本人の意識改革が必要だ。
     
建物の塗装の「色」について
「白」が最も無難で安全な色
などという意識ではもうダメである。
「真っ白い建物」は
日本の風土には似合わない。
これをまず認識してほしい。
特に自然に囲まれた郊外の地域には、
これは必須の認識だと思う。
店舗の建物はもちろん、工場の壁も
「白」はナシにしてもらいたい。
    
真っピンクや黄色、黄緑、真っ青
などという建物はもう論外である。
もし近隣にこのような色に
塗ったくった建物が建ったら
周辺住民は、一も二もなくまず
クレームをするぐらい当たり前、という
認識を持ってもらいたい。
某漫画家の建てた自宅が赤と白の
ハデなツートンカラーだったため
周辺住民と揉めたケースがあるが
私も周辺住民と全く同じ考えであり、
それが普通であってほしい所。
これは「自由」などではない。
はき違えないでいただきたいものだ。
     
では何色が良いのか。
アースカラーと呼ばれる
ベージュベースの褐色は
そのまま日本の風土にもふさわしい。
日本は山がち、自然が豊富な国であるから
景観に調和した色といえば、
やはり自然の色アースカラーである。
ベージュ(薄過ぎるのは禁物。
やはり浮いてしまうから少し濃いめがいい)
茶色、深緑、煉瓦色、少し鈍い抹茶色、
こういった色が
日本における建物の色としては
ふさわしいのではないだろうか。
    
そしてもうひとつ、
日本は木造建築が多いため、
茶色(色でいうと焦げ茶色)が多く使われる。
一番のベースカラーは、
日本ではやはり焦げ茶色しかないと思う。
こういった色はガードレール、柵、
信号、街灯、歩道橋、車止め、フェンス
といったものに使うと良いだろう。
というよりは、日本においてはその色しか
似合う色は無いと思うのだ。
これは国の法律で

「日本の道路設備の色は焦げ茶色に指定する」

と定めても良いくらいである。
実際に進んでいる国は、こういった
「色」に対しても法律で決めている。
     
まとめると、
日本では、建物の色は

○→茶色、薄茶色、濃いめのベージュ、
  渋めの抹茶色、深緑

×→彩度の高い原色全部、
  パステルカラー、白
    
設備
(柵、フェンス、ガードレール、
 信号機、街灯、歩道橋、橋桁)

○→焦げ茶色のみ

×→彩度の高い原色全部、
  パステルカラー、白
  空色、黄緑、明るいベージュ、
  ピンクなどはNG
    
こういった色に対する意識を
日本人全体の共通認識として浸透されれば
それに沿って日本にある
ひとつひとつの建物の塗装が変わっていけば
やがて日本にも色彩的に
調和、統一感が生まれてきて
日本全体の景観の調和が生まれてくるだろう。
    
景観の向上というのは、何も
「電柱を減らす事」や
「区画を整理する事」だけではない。
もちろんそれも大事なのだが、
やはり「色」なのだ。

私は保証したい。
日本中の建物、
設備の塗装色が調和されたものに整えば、
日本の景観の向上において
半分以上は達成されたと言えるだろう。