読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

取り戻そう日本の美しさを

日本の美、日本の景観、日本人のこころ、日本らしさについて考えるブログです。

日本のデザインは迷っている?

日本のデザイン

と、思うのだ。
   
タイトルの「日本のデザイン」とは
日本に古くからあるデザインではなくて
日本においてさまざまな分野においてのデザインのこと。
    
ありとあらゆるデザインは
どんどん単純化されているような気がする。
どんどん単純な方向に、
簡単な方向に、
分かりやすい方向に。
    
分かりやすい、簡単、それはそれでいいと思う。
プラスの要素ではある。
モダンデザインの、基礎の基礎の方向へ行っている、
というかなんというか。
デザインのグローバル化、とも言うのか。
各々の国の要素を取っ払った感じ、と言ったらいいだろうか。
どの国にも通用する。
どの国の人にも受け入れられる。
これはいい事なのだろうと思う。
    
洋服、筆記用具、文具
かばん、靴、
キッチン用品、ナイフ、フォーク、鍋
インテリア、照明、
テレビ、冷蔵庫、掃除機
自動車、バイク、
バス、電車
家、建築物......
     
これらのデザインは今皆国の要素が全くない
どの国も同じ様なデザインになっている。
ある国で出来たデザインを
「おお、これはいい。」と
他の国の人達が模倣に模倣を重ね、どんどん改良され
今に至っているとも言えるかもしれない。
その結果、分かりやすく、美しいものに純化されていく、
と言ったら良いだろうか。
     
日本は特に戦後からこのモダンデザインの純化の波に乗ってきたようだ。
そして今は世界をリードしている分野も多い。
もちろんそれはそれでいいのだ。
     
しかしなんというか、「迷っている」気がするのだ。
私だけかもしれないが、なんとなくそういう気がしている。
「日本において
 デザインは、これからどうしていったらいいんだろう??」
ものすごいはてなマークを頭上に咲かせている様子が目に浮かぶのだ。
誰の頭上かというと、日本の地図全体の頭上にだ。
    
なんというか、単純化しまくってしまくって
要らぬものをどんどん削いでいって削いでいって
「あれ?その先は?
 どしたらいいの????」
みたいになっているような、いないような。
     
少し悪く言ってしまうと
ヨーロッパに由来した、とても洗練されたモダンデザイン
に衝撃を受けた日本は
「富国強兵」のように
「ヨーロッパに追いつき追い越せ!!!」とばかりに躍起になって
どんどんヨーロッパの模倣に模倣を重ね進化しまくったはいいが
「肝心の何かがヌケているが....いったい何だろう」という
得体の知れない疑問にぶちあたってしまって
いるのではないだろうか。
    
そこで!!!!
その先は次回!