読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

取り戻そう日本の美しさを

日本の美、日本の景観、日本人のこころ、日本らしさについて考えるブログです。

本当は魅力的な日本人女性

日本のファッション

日本人女性の
外見的な魅力は増してきている。
そう思う。
     
足が長くなった、というような
体型の変化だけでなく
例えばメイクの仕方にしても
自分の顔の色に合うような
色を使うようになり
調和が取れたものになってきた。
一昔前はピンクといえば
真っピンク、マゼンタ、
いわゆる
ショッキングピンクの口紅が多く
日本人の肌の色に合わず
浮きまくっていたが
今はピンクといっても
ピンクベージュが主流になっている。
赤、ピンク、オレンジ、グリーンなどにも
原色もあれば、そうではない、
もっと肌に馴染む色味がある
ということはもう常識のようだ。
(日本でだけの傾向では
 ないかもしれないが)
    
化粧だけでなく
服のコーディネートにしても
色の事で言えば、
上記と同じように
日本人の肌に馴染む色が
チョイスされるようになってきて
調和が取れてきたようだ。
というか、
ひとくちに紫、といっても
いろいろな色味の紫が
並ぶようになって
単に服に使う色の数が格段に増えた、
ということかもしれない。
    
とにかく
日本人女性のメイク、服装は
全体的に洗練されてきていることは
確かのようだ。
    
しかしまだ、
無理をしている様な気がするのだ。
何に無理をしているか、
といえば.....
    
「洗練された」といっても
その洗練の向かう先は、
当たり前すぎて
話にならないかもしれないが
より「欧米風に」なのだ。
どうしても「欧米風」へ
指向しているし
「欧米風」に向かうのが
止められないようだ。
    
あと一歩、だと思う。
    
洗練はされてきた。
あとは「独自」に、
つまり「日本らしい」
「洗練」を目指していったら
良いのではないかと思うのだ。
こんな事を言う私は
変人なのかもしれないが、
メイクにしても
(いや、化粧でいいや)
服装にしても
「日本らしい」美しさ、
洗練を求めていって欲しい。
     
あまりにも今までが
欧米風が当たり前すぎていたので
私だって思い浮かばないのだが
日本人女性らしいお化粧。
日本人が一番、美しく
洗練されて見えるお化粧。
なにもつけまつげとか
強力マスカラとか
不自然な道具を使わずとも
素のままで
日本人女性の顔が一番美しく見えて、
一番洗練されて見えるような、
そのような
お化粧の仕方はないだろうか。
何も昔に戻れ、
と言っている訳ではない。
日本人女性は皆舞妓さんになれ、
と言っている訳でもない。
今の時代に合う、
それでいて
日本人が一番美しく見える
様なものを求めたい。
策は全くないとは
言えないのではないだろうか。
     
洋服にしてもそうだ。
そう、「洋服」なのだ。
私達が当たり前に着ている服は
皆「洋服」。
「洋」ということは
当然目指すのは「欧米風」だ。
そうなれば
ヨーロッパ人の方が同じものを着れば
恰好が良いのは当たり前だ。
そうじゃない。
「日本人が着ると
 一番美しく見える服」
「日本人が着ると
 一番洗練されて見える服」
というものはないだろうか。
    
「和服」「着物」があるじゃん、
というのかもしれないが
今回私が言いたいのは
そうではない。
この「服」の事については
改めて書く事にしたいのだが
「洋服」ではない、
「日本人の日常着」
また「洋服」にしても
「極めて日本人らしい」洋服
というものはないだろうか。
日常着ていても
「日本人が一番美しく、
 洗練されて見え、魅力的な服」
というものは、ないのだろうか。
今の時代にふさわしい、
機能的にも
デザインもふさわしい
しかも日本人に一番似合い、美しい、
そのようなものはないだろうか。
    
とにかく究極に
日本人らしい美しいスタイルは
ないだろうか。
もう、欧米のマネではない、
日本人独自の美しさ。
そのようなものを
もっと求めていっても
いいのではないだろうか。