読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

取り戻そう日本の美しさを

日本の美、日本の景観、日本人のこころ、日本らしさについて考えるブログです。

日本人は多くはイエローベースと考えて良いけれども、肌の赤みによって判断が分かれるからパーソナルカラー専門家に見てもらおう。

日本のファッション

日本人は基本的に
イエローベースと考えて
良いのではないか。

しかしたまに
とっっっても色白の人がいて
ブルーベースの人もいるので
パーソナルカラーの専門家に
ちゃんと診断してもらった方が
良いのは確か、
と追記しておく。


日本人女性、というか
男性も含めた日本人に似合う、色。
これは前回も少し書いたが、
「イエローベース」
というのがキーワードだ。
    
「イエローベース」ってナニ!?
って感じかもしれないが、
これは「パーソナルカラー」
という分野でよく使われる言葉。
     
パーソナルカラーとは
「この人には
 この色(色味)が似合う」という
ひとりひとりに似合う色のことで
4種類、
春、夏、秋、冬に分かれる。

具体的には、
色の付いた布を合わせた時
同じ赤でもどの色味の赤の時、
どの緑の時に
顔映りが良く見えたかで決まる。

そのうちイエローベースは春、秋。
(夏、冬はブルー、
 またはピンクベースとよばれる)
イエローベースとは肌の色が
黄色味をおびている人が似合う色。

逆にピンクベースは肌の色が
ピンクに近い色の似合う色。

特に大きめの判断材料は
基本的な肌の色もそうなのだが
肌の「赤みの色」で
判断が分かれてくる。

イエローベースは
肌の赤みがオレンジ寄りの人。

対してブルーベース
肌の赤みがピンクや赤紫の人。

ここもパーソナルカラーを
決定する上で
とても重要な要素の中の一つだ。

各色を見ていくと、
    
・春は
 イエローベースで、明るい肌の色。
 →イエロー、オレンジ、黄緑、
  明るいベージュなど
  黄色味があって、
  クリアで明るい色が似合う。
   
・夏は、ピンクベースで
 明るい、淡い肌の色。
 →ピンク、水色、薄紫、
  明るめのグレイなど
  ピンク、ブルー系の淡い
  パステルカラーなどが似合う。
    
・秋は、イエローベースで
 濃い肌の色(オークル系というのかな)
 →緑、茶色、カーキ、
  濃いベージュ、からし色など
  黄色、茶色味の
  くすんだ色が似合う。
    
・冬は、ピンクベースで
 濃い肌の色かまたは
 目や髪の色とのコントラストが強い。
 →青、紫、黒、真っ白、
  紺、チャコールグレイなど
  青、紫系統の
  ハッキリした色が似合う。
    
おおまかには
上記のように分けられる。
    
本を読むと、日本人でも
4つに分けられるようだが、
それでもやはり私はおおまかに
日本人の肌は黄色のため、
この中でも「春」「秋」タイプの
人が多いのではないかと思う。
分布的には「冬」や「夏」の
タイプの人もいるだろうけれども
全く純粋な「冬」や「夏」タイプは
ほとんど日本人には存在しないと思う。

ただパーソナルカラーというのは、
単純に肌の色だけで測定するものではなく
目の色の濃さや、髪の毛の色、
肌の赤みの色なども加味されるので
基本的には肌のベースは「春」だが
目の色が黒く髪の毛の色が
真っ黒なのでコントラストが強く
「冬」に近い「春」という
タイプもいるだろう。
    
それでも「春」「秋」が
日本人には多いとして、
それでは、具体的に似合う色。
    
まずベースになる色は
真っ白より
→生成り、ベージュ、クリーム色。
つまり真っ白いシャツよりは、
ベージュの方が顔映りは良いはず。
   
そして黒。
これは髪の色が黒いこと、
目の色が黒い事から。
しかし、
分量をわきまえなければならず
全身黒、というのは重い。
なぜならいくらコントラストが
強いからといって、
顔のパーツ、パーツが全て大きく
はっきりしている訳ではないからだ。
日本人は人にもよるけれども
大まかに言うと
欧米人などよりも「柔らかい」印象。
目つきが優しかったり
「強さ」よりも「優しさ」が
印象的だ。
そのような「優しい」日本人が
全身黒だと、色に負けてしまう。
全身黒または黒の比率が高くて
それが似合う人はやはり、
主張の強い印象を持つ人だ。
    
青。
青よりも→緑、青緑の方が、望ましい。
これは以前ブルージーンズについて
の記事にも書いたが、
日本人にはブルージーンズは
本当はあまり似合わない。
私はジーンズの基本色を日本人は
ブルーではなくて
緑にするべきだと思っている。
(それ以前にまずブラックや茶色、
 とかの方がいいと思うのだが)
肌の色が明るい人は
黄緑のような色が似合い、
肌の色が濃いめの人は深緑が似合う。
もし、青という色を使いたいのなら
青緑といった、
少しでも黄色味の入っているものを
使った方が肌映りが良いからお勧めだ。
もちろん
ソフトトーンや
ダルトーンの緑の方が
原色よりも肌色とは断然相性が良い。
これはどの色にも言える事だ。
     
ピンクなら、
マゼンタなど青みがかったピンク
(青みがかったタヌキじゃないぞ↑
          by 浅越ゴエ
ではなくて、
少し黄色がかったコーラル、
サーモンピンクといった色が
肌に馴染んで良い。
日本に昔からあり、
平安時代には流行色だった
紅梅色、今様色、という色も
おそらく少し黄色がかった、
肌に馴染む色だったと思われる。
またはベージュピンクなど
柔らかい色が望ましい。
     
紫。
意外に日本人には似合う色のようで
昔から紫の色は日本で使われていたが、
それは少し茶色に近い、
比較的肌に馴染みやすい色
だったからと思われる。
それは多分茶色に近い紫
だったからだろうと思われる。
しかし
いわゆるパープル、バイオレット、
ラベンダー、など
特に人工的に作られた様な
青みの強い色はやはり
日本人には合わない。
顔が疲れて見え、老けて見える
代名詞の様な色だったりする。
薄い紫なら、ベージュベースの
紫などがいいだろう。
    
オレンジ。
これは基本的に黄色がかった色なので
日本人には似合う。
いかにも目立つ看板に使われる様な
ド派手な原色のオレンジは
それでもやはり
日本人には強すぎる。
淡いオレンジや口紅の色に使われる
ベージュ系オレンジ、
と、いうよりも、やはり日本。
オレンジ、よりも橙、柿色の方が
日本人の肌にはしっくり合う。
    

とりあえず
まずは
パーソナルカラー診断で
専門家に見てもらうのが
良いと思う。

ただ、ここからは持論だが、
たとえば
「貴方は冬タイプです」
と診断されても
とっっっっても色白の人、
またはキョーーレツな強さを持つ顔
の人でない限り、
基本の肌色が黄味の日本人は
印刷のカラーに使われるような
彩度最高のマゼンタとか
彩度最高のシアン(水色)とか青
といった色を使うのは
ちょっと危険なんじゃないかなと
個人的には思う。

夏タイプにしても
いかにもーーーというような
青みの強いパステルピンクなどは
よっっぽど色白の人でなければ
似合わないので
日本人はピンクベージュや
モーブなど
「ちょっとはんなりしたピンク」
を着た方が安全かなと思う。
同じくパステルの水色もね。
ちょっとベージュがかった水色の
方が良いんじゃないかな。