読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

取り戻そう日本の美しさを

日本の美、日本の景観、日本人のこころ、日本らしさについて考えるブログです。

日本人にはグレーは難しいと思う

日本のファッション

続いて、グレー。
けっこう、日本人は
グレーが好きのようだ。
(他の国の人も好きな人
 多いかもしれないが)
色のバリエーションの中に
必ず含まれているようだ。
「無難な色」という
イメージがあるのだろう。
     
ところがどっこい、
このグレー、
けっこうくせものだ。
日本人にとって。
肌の色が白、ピンクに近い
欧米人には似合う色なのだが
日本人の肌はそれよりも
黄色がかっているので
純粋な無彩色のグレー
というのは不調和になるのだ。
昨日の肌の色に合わない紫同様、
「疲れて見える」「老けて見える」
代名詞になりがちだ。
はっきり言うと、
「日本人の良さがなくなってしまう色」
といってもいい。
だから私は日本人には
あまりグレーをおすすめしない。
どちらかというと
ベージュをおすすめしたい。
あえてグレーをおすすめするならば、
ベージュがかったグレーがいいだろう。
今そのことは洋服屋さんでは
きちんと考えられているようで
グレーといえば
「グレイッシュベージュ」という
肌に近い色のグレーが
主流に用いられているようだ。
それはとてもいい事だと思う。
それなら顔映りも良く見えるだろう。
または、少しやわらかい
ピンクの入ったピンク、ベージュ、
グレーの中間色もおすすめだ。
     
続いて茶色。
ベースカラー
白、黒、紺、茶色、ベージュの中で、
ベージュの次に
日本人の肌の色に合う色だと思う。
私は個人的に
日本人のスーツの基本色は
濃いめの茶色にしたら
どうかと思っている。
リクルートスーツの色は
チャコールグレーが多いようだが
そのあたりは考えられているようで、
わずかに茶色が入っており
日本人の肌を良く見せる効果を
出しているようだ。
    
いくら
日本人に合う色といっても
この茶色のどの茶色もオーケー
という訳ではない。
とくにチョコレート色
のような濃い茶色は
使う分量に注意した方がいい。
全身にわたって使うと、
黒と同じように重たくなる。
また、
カレー屋さんの看板のように
トーンが強い茶色も
日本人には強すぎて合わない。
肌の色が明るい
「春」タイプの人は特にだが
日本人の肌には
茶色といってもベージュに近い、
やわらかい薄めの茶色が似合うだろう。
    
黄色。
日本人は「黄色人種
というだけあって、
黄色は得意な方だと思う。
ただ
トーンには注意した方がいい。
顔のパーツがはっきりしていて、
目が黒く、
コントラストの強いタイプの人
にはいいかもしれないが
彩度の非常に高い原色は、
やはり避けた方が良いだろう。
分量を少なく使えば
アクセントになって良いのだが。
またクリーム色に近いライトな色は
肌の色が明るい
「春」の人には似合うが
肌の色が濃いめの
「秋」の人だと浮いてしまう。
ほとんどの日本人に似合うのは
ソフトトーンあたり。
またライトグレイッシュトーン
もいいだろう。
     
まとめてみると、
    
日本人が避けた方が良い色
「純白」
「青」
(緑に近ければオーケー)
「紫」
(茶色に近い、柔らかい紫ならOK)
「マゼンタ」
「青みのピンク」
「グレー」
    
日本人に似合う色
「ベージュ」「生成り」
「緑」
「黒」
(しかし分量に注意、多すぎると重い)
「柿色」「オレンジ」
「茶色」
(濃い茶は分量に注意)
「黄色」
(トーンの強い原色はNG)
    
日本人が避けた方が良いトーン
「ビビッド(原色)」
「ブライト」などの「強い色味」
    
日本人に合うトーン
(「春」「秋」共通)
「ソフトトーン」
「ライトグレイッシュトーン
   
主に
「春」タイプに合うトーン
「ペールトーン」
「ライトトーン」などの
「明るめの色味」
「ブライトトーン」は
分量をわきまえればOK
    
主に
「秋」タイプに合うトーン
「ディープトーン」
「ダルトーン」
     
上記に書いた「似合う色」も
トーンによって違ってくるので
「似合う色」+「似合うトーン」
両方が合った時
最も似合う色になると思われる。
     
メイクなどによって
似合う色をコントロール
しようと思えばできるものだが、
やはりメイクをほとんどしない
「素」の肌の状態で
似合う色を着るのが一番、
日本人の自然な魅力が出ると思う。