読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

取り戻そう日本の美しさを

日本の美、日本の景観、日本人のこころ、日本らしさについて考えるブログです。

赤について。日本人は赤は似合うと思う

日本のファッション

赤について、書き忘れてしまったようだ。
     
日本人は赤は似合うと思う。
サッカーでは「ジャパンブルー」といって
選手もサポーターもみんな青づくしだが、
私は本当は赤の方がいいんじゃないのか、とさえ思う。
でも赤、というのは他の国たくさん使ってるからなー。
韓国とカブるし。
日韓戦、赤と赤だったらヘンだし。
    
昔から日本ではいろいろな赤があった。
今まで書いてきた色と同様、ひとことに赤といっても
唐紅(からくれない)のようにとても鮮やかな赤もあれば
真朱(しんしゅ)や蘇芳香(すおうこう)と呼ばれる、
くすみがかった暗い赤色などもあり
その色は幅広く、たくさんの色数が存在する。
    
赤は紫に比べて黄色寄りの位置に存在する。
そのため黄色人種である日本人の肌の色とは相性が良い。
私自身も経験した事で、
あるとき赤い服と紫の服(どちらも比較的はっきりした色)
で迷っていて、双方を鏡の前で合わせてみたら
断然赤色の方が顔映りが良く、顔がとても明るく見えた。
(対して紫は、とても顔がくすんで見えてしまった。)
私は多分平均的な日本人の肌の色をしているので
ほとんどの日本人は紫やマゼンタに比べて赤がしっくり来るだろう。
     
ただこれも色味には注意が必要で、
よく看板に使われる様な非常に彩度の高い、いわゆる原色の赤は
ほとんどの日本人には似合わないだろうと思う。
よほど顔のパーツが大きく、はっきりとしていて、
髪と顔、黒目と白目のコントラストがある人なら
いいかもしれないが(または化粧を濃くするなど)
平均的な、目が比較的細く
顔のパーツが欧米に比べて小さめの日本人には原色赤は重たい。
    
彩度が適度に抑えられた、やさしい色味で、
春タイプなら明るめの色、
秋タイプなら少しくすんだ、レンガ色に近い赤などが似合うだろう。
    
春タイプー朱色、珊瑚色、紅梅色などやさしく明るい色
秋タイプーレンガ色、茜色、栗色など茶色に近く深みのある色
がそれぞれ似合うだろう。