読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

取り戻そう日本の美しさを

日本の美、日本の景観、日本人のこころ、日本らしさについて考えるブログです。

パステルピンクには要注意、すぐに飛びつくなかれ

日本のファッション 日本のファッション

ピンクについても、
前にすこーし書いたけれども
これについても書いていきたい。
日本人女性、特に若い女性は
ピンク好きなようだ。
    
ピンクといっても、
これもまた実はいろいろある。
色々なピンクがあるはずなのだが
中でも特に好かれている
ピンク色があるようだ。
とても明度が高く、
どちらかというと青みがかったピンク。
ペールピンク、パステルピンク、
と呼ばれるピンク色が
特に使われているのでは
ないだろうか。

この色は確かに可愛らしく
とても魅力があるようで、
確かに「カワイイ〜!」と
飛びつきたくなる様な
感じではある。
ひととき、
携帯電話のカラーバリエーションには
女性向きの色として
必ず含まれていた色だ。
(今はピンクにしても
 いろいろ増えてきたようだ)
     
しかしこのパステルピンク、
要注意の色なのだ。
それは日本人にとって。
このパステルピンクという色は、
パーソナルカラーのタイプでいうと
「夏」タイプになる。
夏タイプというのは
「肌がピンクベースで、
 明るい色の人が似合う色」で、
ピンク、水色、薄紫を
最も得意とするタイプだ。
これは私個人の見解だが
「夏」タイプに属する色というのも、
日本人にとっては
難しい色ではないかと思う。
黄色肌の日本人にとって、
こういった色はやはり
服などで肌に合わせると顔映りが悪く
肌の色があまり良く見えない事が
多いのではないかと思う。
    
しかし日本人にも夏タイプを
掛け持っている人はいる。
それはどのような性質の人かというと
肌の色があまり黄色くなく
欧米人のように白っぽく、
肌の赤みの色がオレンジではなく
ピンク色をしていること、
また、目の色が薄めである人は
「夏」タイプを併せ持っている
可能性が高い。
こういったタイプの人は
パステルピンクを着ても似合うだろう。
    
しかしこういった「夏」タイプを
持っている人でない限り
日本人はパステルピンクは
避けた方が良い。
    
無条件に「これカワイイ〜」
とまっしぐらに惹かれる色
であるにもかかわらず
その色を着る事はできない、
着ても似合わないという悲しい現実。
悲しい現実??
いいえ。
人はどのような服を着る時
一番魅力が光るかと言えば、
やはりその人に「一番似合う」服を着た時
魅力度はマックスになる。
そこで始めに戻る。
「ピンクにもいろいろある」。
そのピンクが似合わなければ、
他のピンクを身に付ければいいだけ。
     
「日本人に似合うピンクはこれですよ」
と言われて
「そのピンクじゃヤダ〜」
と言うかもしれない。
でも、色、というのは不思議なもので
魅力的でない色など、
実はひとつもないのだ。
どの色も魅力がそれぞれある。
それに目覚めればいいだけなんです。
   
ではどうしてその色が
「ダサく」映るのか。
それは、きちんと
カラーコーディネートしないから。
きちんと調和させていないから
結果、ダサく映る。
「この色ダサイ」
と思ってしまうのは
過去、その色を使った
ダサイコーディネートを見てしまって
そのイメージが焼き付いているから
に過ぎなかったりする。
    
その色を魅力的にするも、
ダサくするも、
結局は自分自身の
コーディネート力にかかっている
といっても過言ではないと思う。
ただ、人の肌は
既に色を持っているから
人が服に着る色はそりゃ限られる。
    
でも、
日本人に似合うピンクを
味方につけりゃ、
似合わないパステルピンクを
いつまでも身に付けているより
その人の魅力倍増なのは間違いなし。
    
その色は
「ベージュピンク」といった、
肌のベージュ色に近いピンク、
また、青み、ではなくて
少し黄色がかった、
さんご色(コーラル)、
サーモンピンク、
といった色がいいだろう。
これらは日本人に多いと思われる
「春」タイプに
似合う色とされている。
もし肌の色が濃いめの
「秋」タイプの人ならば
さんご色やサーモンピンクよりも
少し深い色味のピンク、
ベージュピンクも少し濃いめの色を
チョイスするといいだろう。
    
でもやっぱり
パステルピンクを諦められない。
そんな人は、もう、
メイクしまくるしかない。
まずファンデをすこーし
白めの色をチョイスして、
ピンク系の口紅、
またはローズ系の口紅をチョイス。
そして目元も
ガッチガチにアイラインを引いて
シャドウも紫など
共通性のある色を用いる。
そうすれば
似合うかもしれないが、
でも、そこまでする必要
あるかなー?
     
うーん、
やっぱり思うのだが
人は「ノーメイク」の
自然な状態で似合う色
(肌映りが良く、健康的に見える色)
を身に付ける時、
その人が一番魅力的に
なるような気がするので
がっちがちにメイクまでして
わざわざ似合わない色を
身に付けることは
あまりおすすめしない。
それよりは、
「ピンクにもいろいろあるんだ」と
さまざまな色に
目覚めて欲しいと思う。
     
もし余裕があるならば
「配色カード」を買ってみたらどうか。
日本色彩研究所で発行しているもので
なかでも「199b」では、
さまざまな「ピンク色」を
見る事が出来る。
    
そして、自分にふさわしい色を
たくさん見つけて
似合う色を味方につけて、
ますます魅力的になってほしいと思う。
   
ピンクは女性にとって
永遠の色だと思う。
そして「ピンク」の
似合わない人はいない。
似合う「ピンク」が必ずある。
自分に似合う「ピンク」を
見つけて身に付ける。
そうすれば、女性として
自信を持てるようになるかも。