読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

取り戻そう日本の美しさを

日本の美、日本の景観、日本人のこころ、日本らしさについて考えるブログです。

日本人女性は基本的に「春タイプ」だと思う

日本のファッション

勝ちましたね、
優勝しましたね、WBC
5度目の韓国との対戦に
競り勝ち、獲得した優勝。
また準決勝ではあのアメリカに堂々勝利。
アメリカに勝つようになったんですね〜。
本当にすごい。
これで「やはり日本はすごい」
「日本も捨てたものではない」と
日本人が日本について見直す
良い機会になったのでは
ないでしょうか。
     
今回の侍ジャパンのユニフォーム
についても注目していて
特に紺色だったのが
良かったなと思った。
青の中でも紺色はやはり
日本人に似合う色だから。
侍らしい、いいデザインだった
のではないでしょうか。
    
まだ興奮冷めやらぬ
状態ではありますが、
日本人の素の話に戻りましょう。
今回は少し戻って色について。
     
前に日本人に似合う色についての
記事を書いたが
それについてちょっと再考。
    
前に日本人女性のパーソナルカラーは
「春」か「秋」と書いたが
街角スナップを
たくさん見るにつれて
うーん、やっぱり肌の色
だけのことを考えると
日本人の特に女性に関しては
ほとんどが「春タイプ」に
属するかもしれないなと
思うようになった。
    
たしかに少しずつ
個人差はあって
ファンデーションの色も
オークル系、ピンク系に
分かれているように
人それぞれ
「ちょっとピンクっぽい」
「ちょっと濃いめ」
とかあるのだけど
やっぱりベースはオークル。
これはあくまで私が感じた
個人的意見だから
異論はあるかもしれないが
やっぱり基本的に肌は
オークルなのだから
「春タイプ」を基点と考えて
良いのではないかと思う。
    
もちろん目鼻立ちが
比較的はっきりしていて
目の白目と黒目のコントラストが
はっきりしている場合などは
「冬タイプ」
と呼ばれていたりするのだが、
それもやはり基本的には「春」で、
「冬タイプ寄りの春タイプ」
と考えていいと思う。
だから、こういったタイプの人は
春タイプのカラーパレット
黄色、オレンジ、黄緑、
ベージュ、朱色の中でも
典型的な春タイプよりも、
少しだけ、わずかにはっきりめの
色をチョイスすると
ちょうど良いのだろう。
しかし典型的な
冬タイプのカラーパレット
非常に高い彩度の原色、
マゼンタ、バイオレット、
コバルトブルーなどは
どんなに冬っぽいと言われていたって
止めた方が無難だろうし
使うとしても、
やはり限度というものがあって
分量は抑えた方がいいだろう。
そうしないと、
服に着られてしまうといった
印象になりかねない。
     
続いてオークル系の中でも
少し濃いめの肌の人。
こういった人は
「秋タイプ」
と呼ばれるかも知れないが
これもやはり
「秋タイプ寄りの春」と考えた方がいい。
春タイプのカラーパレット
黄色、オレンジ、黄緑、
ベージュ、朱色に
少しだけ、ほんの少しだけ
茶色味を加えた色
「ほんのりからし色」
「少し深めのオレンジ」
「ベージュがかった黄緑ないしは緑」
「深めのベージュ」
「ほんのりれんが色」
こういった色が日本人の
「秋よりの春」タイプは
ちょうどいいのかもしれない。
これが「秋」だからといって
秋タイプのカラーパレット
「濃いめの茶色」「深緑」
「濃いれんが色」
「典型的なからし色」などを
ふんだんにつかってしまうのは
トゥーマッチなのではないかと思う。
こういった典型的な秋タイプの
色はやはり先程と同じように
分量を少なくして使わないと
重くなってしまう。
     
一般的に夏タイプと呼ばれる
ピンク系の肌の色の人。
しかしやはり少し
ピンクがかっているといっても
日本人はベースはオークル。
これも本当は
「夏タイプ寄りの春」。
なので夏タイプの得意とする
ピンク、ラベンダー、水色は、
やはりそのまんまの
純粋なピンク、ラベンダ、水色だと
肌の色が不健康になってしまいがちなので
ピンクはベージュピンク
ラベンダーは少し
ベージュがかったラベンダー
水色も少しベージュがかった
柔らかい水色を
使うとちょうどいいだろう。
     
というわけで、
日本人女性に似合う
色を考えるとき
中心には
「春タイプのカラーパレット」
を念頭に置き
それを軸にして自分が
「冬寄り」なのか「秋寄り」なのか
「夏寄り」なのか「典型的な春」なのか
考えていくといいだろう。
    
日本人女性の
素の魅力シリーズ、
また機会があったら
続けていきたいと思います。