読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

取り戻そう日本の美しさを

日本の美、日本の景観、日本人のこころ、日本らしさについて考えるブログです。

日本人に似合うコート考

日本のファッション

前回モッズコートは日本人にはあまり...
という事を書いた。
ではどのようなコートなら
日本人に似合うのか。
これももちろん、
日本人にも個人差はあるから
全ての日本人が、
などとは言えないのだが
おおまかに。
    
以前書いた
日本人の性質、魅力。
前書いた時と表現が
若干違うかもしれないが
「やさしい」
「柔らか」
「つややか」
「繊細」
「コンパクト」
このあたりではないだろうか。
「かわいらしい」も
加えていいだろう。
     
まずは質感からいこう。
日本人はつややかな肌と
髪の毛を持っているから
ゴワゴワした質感は
その魅力を損なってしまうので
避けたいところだろう。
とすると、
やはり合うのは
つややかな、
つるつるした質感の生地が良いだろう。
ニットコートにしても
ゴワゴワした感じの
ゲージの緩いものよりも
目が詰まったものの方が
日本人には合うだろう。
     
次にシルエット。
コンパクトで
割と華奢であるので
やはりコンパクトな
シルエットがいいだろう。
肩の線は若干内側め、
身幅もタイトめ、
ウエストは体の線に合わせて
細くなっているものが
良いのではないだろうか。
肩の幅も広め、身幅も広く
ウエストもしぼっていない、
というような
ダボダボとしたシルエットは
華奢で繊細なイメージの
日本人には合わないだろう。
ダウンジャケットは
だいたいが身幅が広めで
ダボついて見えてしまうが
肩幅狭め、
ウエストが絞ってあるような
タイトなものなら合うだろう。
     
次に色。
(前に書いた内容と
 少し同じになるが)
特に冬は黒や紺、グレー、
茶色、カーキなど
暗くくすんだような色が多いが
これはやめて、
ベージュを基調とした
明るめの色をチョイスした方がいい。
    
黒は合わない訳ではない。
これは日本人は髪の毛が黒いから。
しかし分量を限らなくてはならない。
もし黒のコートを着たいなら、
丈短の、ジャケットぐらいに
とどめた方がいいだろう。
もちろんタイトなシルエットが
良いだろう。
    
それ以外の、
腰より下の丈のものや
膝ぐらいまであるような
ロングコートを着る時は
黒などの暗い色は
日本人は避けた方が良く、
やはりこれも丁度いいのは
ベージュ、薄茶色ぐらい。
    
ベージュといっても、
淡いクリーム色や白ぐらいまで
明るくなってしまうと
今度は服の色だけ明るすぎて
逆に顔の色が
くすんでしまったりするため
それよりも幾分落ちついた
ベージュ色ぐらいの
明るさが丁度良いだろう。
そう、
暗すぎても明るすぎても良くないのだ。
もちろん他の色はダメという訳はない。
ただ、
ベージュと同じぐらいの明るさの色、
ベージュと同じぐらいの彩度の色が
顔の色と合って良いだろうと思う。
    
・柔らかめで少し濃いめの黄色
・柔らかめの
 少し優しい感じのオレンジ
・ピンクならオレンジに近い
 コーラルやピンクベージュ
・彩度を抑えた、柔らかく、幾分薄めの赤
・柔らかい、薄めの緑、
 黄緑(少しベージュがかった)
・柔らか、少し深めの
 ターコイズ(彩度高過ぎない方がいい)
・薄茶色
・ベージュ
こんな色が日本人には基本カラーに
なるのではなだろうか。
(トーンとしてはペールトーン、
 ソフトトーン
 ライトグレイッシュトーン
また目鼻立ちがはっきりした人は
これらよりも少しブライトな
色をチョイスしてもいいだろう。
     
質感、シルエット、色。
日本人に似合うアウターをまとめると
    
・質感はつるつる
 ニットコートは
 編み目の細かいもの
    
・シルエットはコンパクト、タイト
 肩幅は狭め、
 ウエストは絞ったもの
     
・色はベージュが基本
 ペールトーン、
 ライトグレイッシュ、
 ソフトトーン
    
このあたりを加味して選んでいけば
やさしく柔らかくて、
つややかで繊細、
コンパクトな日本人の魅力が
引き出されるようになるだろう。