読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

取り戻そう日本の美しさを

日本の美、日本の景観、日本人のこころ、日本らしさについて考えるブログです。

日本人男性の為のモテスーツ考

日本のファッション

働く男性がほとんど毎日
身に付けるスーツ。
このスーツは
当然のことながら
欧米からやってきたもの。
だからもともとは
欧米人に似合うように
作られたものであると
言ってよいだろうと思う。

ただ、スーツの形的には
欧米人でも日本人でも
「似合わない」と
言う事はない。
肩幅や丈の長さなど、
日本人用にアレンジ
しなければならない
ということはあるけれども
もっとアレンジしなければ
ならないのは
むしろ色ではないかと思う。

肌が白く、肌の赤みが
ピンク色をしている欧米人とは違う、
肌がより黄色味、
赤みも個人差はあるが
欧米人よりもオレンジ寄りの
色を色を持っている日本人は
スーツの色も
日本人の肌映りが良くなるように
変換していかなければ
ならないだろう。
     
スーツ自体。
今、比較的
チャコールグレイが
多いようだが
それについては良いと思う。
前は紺色の方が
圧倒的に多かったようだが
やはり日本人には
チャコールグレイの方が
肌の色や髪の毛の色を
加味した場合、
しっくり来るようだ。

紺色はブルーベース寄りで
黄色味の肌の日本人には
肌映りがあまり良くないのに比べ
チャコールグレイは
それよりも少し
黄色寄りになるので
ニュートラルになる
 といった方が良いかも
 しれないが)
肌映りも良くなる上に、
髪の毛の色とも
共通してくる。
     
次にシャツだが、
こちらの方が難しそうだ。
まず一番
ポピュラーな白だが
前回に書いたように
「秋タイプ」の日本人男性は
白はアイボリー、
ないしは薄めのベージュ色に
変換した方が良いかもしれない。

「白ではない。
 色がついているじゃないか」、
「白でないから
 失礼な格好になってしまう」
と思われてしまうかも
しれないが
こちらの方が、
より肌の色と調和して
自然に映るだろうと思う。
     
次によくシャツの色で
使われる水色。
水色、というのは青系で
青は「冷静」
といったイメージから
ビジネスシーンに多く
使われるようだが
日本人には実は
ちょっと難しい色のようだ。

街行く人、
テレビや雑誌などで
水色のシャツを着ている人を
いろいろ見ていても
肌の色からすると、
肌の色がくすんで
見えてしまっていて
違和感を感じることが多い。
これはブルーベースの水色と
イエローベースの肌の色が
ぶつかってしまっているからだ。
では水色は
着ない方がいいのか?
と問われれば、
私個人は
イエスと答えてしまうだろう。

それでもどうしても、
というのならば
これもやはり変換。
少し黄色味を加えて、
緑寄りの色にしたら
少しは改善されるだろうと思う。

でも、これも
ブルージーンズと一緒で
これもあくまで
私個人の意見だが
水色のシャツを着るなら
日本人は薄い緑色のシャツを
着た方が良いだろうと思うし
薄緑色のシャツをむしろ
ポピュラーなものにした方が
良いと思う。
緑も「調和」「平和」といった
イメージの色であるから
ビジネスシーンには
似合うだろうと思う。

     
よくある、ピンクのシャツ。
少し軽い、というか、
雰囲気を変えて
ライトな感じにしたい時に
よく着られるピンクだが
このピンクのシャツを
男性が着るようになったのも
欧米が発祥なのではないかと思う。
肌白、赤みが
ピンク寄りの欧米人は
ピンクのシャツは
わりと自然に着られ、
あまり違和感はない。
しかし日本人男性が着ると
とても違和感を感じてしまう。
水色と同じで、
日本人がピンクのシャツを着ていて
似合う、と感じた事が
一度もない。
これも、
ブルーベースのピンクと
イエローベースの肌の色が
ぶつかるからだ。

やはりこれも変換が必要で、
日本人はピンクより
「オレンジ」を着た方が良い。
どうしてもピンク、
というならば
ピンクとオレンジの中間の
アプリコット」なら
ぎりぎりオーケーなのでは
ないかと思う。
       
ただオレンジにしても
アプリコットにしても
そして上で進めた
薄い緑にしても、
明度には注意が必要のようだ。

日本人の肌は
欧米人の肌に比べて
少し濃い。
つまり明度が低い
(少し暗い色をしている)。
また彩度も
低めの方が合うようだ。
そのため、
よくあるピンクのシャツのような
明るい色を着てしまうと
(ライトトーン)
シャツの色だけ浮いてしまって、
その対比で余計に肌の色が
くすんで見えたりして
しまいやすい。
    
ライトグレイッシュトーン....
このあたりだろうか。
日本人男性に似合う
シャツの色のトーンと言えば。
彩度的にはこの
ライトグレイッシュトーンあたり、
そして、もう一声
薄いトーンがあれば、
いいかと思う。
このくらいの彩度、明るさが
日本人男性がスーツの中に
着るシャツとしては
いいのかもしれない。
    
アイボリー
薄めのベージュ
彩度が低く、
とても薄いオレンジ
彩度が低く、
とても薄いイエロー
彩度が低く、
とても薄いグリーン
彩度が低く、
とても薄いブルーグリーン
あたりが肌映りが
良いのではないだろうか。
     
ネクタイは濃い色、
彩度の高い色が
多いようなので
上のシャツに合う色、として
日本人男性の「秋タイプ」
の持ち色である
深緑
茶色
レンガ色、えんじ色などの、
濃く、深い赤
からし色などの、
濃いめ、深めの黄色
濃いめ、深め、
茶色に近い紫
緑寄り、濃く、深い青
明るい色なら
黄色
オレンジ
アイボリー
黄緑
あたりはどうだろうか。
    
黒と白のスタイル、
礼服なんかも
黒は、まあそのままで
いいのだろうけれど
白のシャツやネクタイなんかは
わずかーにベージュ味、
黄味を加えた
アイボリー色あたりにして
日本人男性の礼服は
「黒×アイボリー(クリーム)」に
なればいいのにな、
と個人的には思う。