読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

取り戻そう日本の美しさを

日本の美、日本の景観、日本人のこころ、日本らしさについて考えるブログです。

日本のサービスエリアは日本の風土に調和させようよ

景観は環境!

高速道路のサービスエリア。
いろいろなタイプのサービスエリア、パーキングエリアがある。
デザインもいろいろで、見ていて面白い。
     
そのサービスエリアがどういった土地に
建てられているのかにもよるけれども
思うのは、
やはり地方にあるサービスエリアは
その土地の雰囲気を存分に演出したものが
いいのではないかと思う。
    
たまにあるのが、
自然の多い地方の中に建てられているにもかかわらず
やたら都会的なデザインだったりするサービスエリア
またはパーキングエリア。
柱などが素材そのままのシルバーグレイとかだったり
メタリックといった感じの空間だったりして
とても違和感を感じてしまう。
都会の高速道路の中だったら合うのだろうけれど...。
    
あと、とても惜しい!と思ってしまう建物もある。
その地方のサービスエリアのレストランは
レストランというより食べ物屋さん、
その土地の郷土料理が味わえたりして
その土地らしい個性がきちんとあるのに
建物がやたらモダン建築だったりするサービスエリア。
建物も和の風情を演出するような
木や木目のものをふんだんに使い
日本の風景にとけこむようなものにすればいいのに、
とよく思ってしまう。
    
どこだか忘れてしまったのだが、
先日行ったサービスエリアは比較的自然の多い地方にあるのだが
建物全体が和の雰囲気を出していて、
お土産屋さんにしても食べ物屋さんにしても
風情を感じるような、とても和む日本らしい空間で
とても好感の持てるサービスエリアがあった。
    
そのサービスエリア、さらに好感が持てたのは
余計な「のぼり」が掲げられていなかったこと。
サービスエリアで多いのが
建物の前で売っているような○○焼きなどの屋台のような一角。
焼きとうもろこしだったりクレープだったり
ソフトクリームだったりおやきだったりするのだが
決まってそういった店の前には「のぼり」が4、5つぐらい
掲げられている。
こののぼり、色なども周囲と調和していればまだいいのだが
決まって、ハデ。
「にぎわいを演出」、しているつもりなのかもしれないが
はっきり言って、雑然としているだけだったりする。
まったくないのは寂しいとか思うのかも知れないけれど
どうかなーと思う。
     
建物の話に戻る。
トイレ、レストラン、お土産屋さんなど、
別に土地に合うからといって
「木造にするべきだ」と言っている訳ではない。
そうではないのだが、
あまりモダン建築全開、みたいなテイストの建物は
やはりその土地には似つかわしくないのではないか。
土地だけではない。
そこで売っているお土産というのはその地の名産だったり
まあ、洋菓子も多い事は多いが、
名産と言えばやはり日本のものが多い。
その売り場のコーナーだけ和風に演出されている場合もあるが
店全体、建物全体で演出した方がやはり良いのではないだろうか。
     
また、おそらくそのお土産屋さんの横には
そばやうどん、ラーメン、お好み焼き、といった食べ物屋さんが
並んだりするだろう。
多いのが、テーブルが沢山並んでいて、
その後ろに食べ物屋さんのカウンターが複数並んでいる形。
そのテーブルも、やはり
願わくば和の雰囲気のあるものが良いように思う。
樹脂製よりは木や木目調、
椅子も木のものや茶色系統のものなどが良いのではないか。
     
照明も、天上に名が細い白い蛍光灯を並べている事、多いが
食べ物屋さんやお土産屋さんは白熱灯色にして
「なごみ」や「和の雰囲気」を演出した方がいい。
なぜ白熱灯色は和の雰囲気になるのかといえば
その電球色は黄色っぽいため、木の茶色と調和すること、
白熱灯色の元にいた方が、やはり精神的にはなごむからだ。
     
自然の多い地方にあるサービスエリアは
和の風景に調和した木のテイストの建物とインテリア、
白熱灯色の照明で和のなごみを演出してはいかがでしょう。
さらに、庭などを作るなら、
石や植木などを配し、和庭を作って
ドライバーのなごみスポットにしたらどうでしょう。
     
このようなサービスエリア、もっと増えて欲しい。