読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

取り戻そう日本の美しさを

日本の美、日本の景観、日本人のこころ、日本らしさについて考えるブログです。

自然の中を走る電車は和風で茶色をベースにしたデザインにしようよ

日本のデザイン

ナニコレ珍百景で前にやっていたのだけど、
どこかのローカル線の車両がなんだか奇抜で
車両じゅうに目の絵が描かれているものがあった。
美術家の人がデザインしたものらしいのだけど
なんとも・・
見て、絶句してしまった。
   
まあ、中にはそういうのも面白いかもしれないけど。
    
だけど、ローカル線など田舎の風景の中を走る車両も
やたらメカメカしいのが多かったりするような。
レトロで、風景に溶け込んだようなデザインのものも
あるにはあるようなんだけれども
ほとんどが、車両というと近代デザイン。
まあ、トレインデザインというと
モダンデザインにどうしても方向としていってしまう
からしょうがないんだけども。
    
でもローカル線の様に、田舎の風景の中を走るのなら
もうちょっと、考えて欲しいものだ。
それこそ、「自然のデザインを尊重」するように。
    
たった2両だけの電車でも、大事にして欲しい。
    
やはり、自然のフォルムを尊重する様に
車両の形は、少し丸みを帯びていて欲しい。
    
そして色は、まちがっても金属そのままの銀色や
真っ白や、グレーや黒などの無機質な色は
使って欲しくない。
これは、窓枠のサッシなども同じで、
あまり金属色そのままのは使って欲しくない。
最近の家に使われているような
茶色のサッシを電車用に応用させて使って欲しい。
     
もちろん有機的な色が望ましいが、
「ここは田んぼで、稲が黄緑色をしているから
(一面、黄緑色であるから)
じゃあ、車両も鮮やかな黄緑だったら問題ないだろう
とか、そういう短絡的な考え方をしないで欲しいものだ。
    
今の稲の話。
いつもいつも鮮やかな黄緑色をしている訳ではないのだ。
収穫前は、黄色のような色になってくるし、
刈り取られた後は、土の焦げ茶になる。
だから、もし車両の色がやたら鮮やかな黄緑色だとすると
冬、その里の風景に比べて車両だけがやたらハデーに
うつってしまうだろう。
     
また「空と同じ色にしよう」とも考えないで欲しい。
これ、よく、歩道橋などの色指定にありがちのようだが
日本の空というのは、いつもいつも晴な訳ではないのだ。
曇りになればグレーになるし、
同じ晴の空だって、日によってその空色が薄くなったり
鮮やかになったりもする。
     
上の2つのような間違いは避けていただくとして
やはり、ほとんど季節を変えても変わらない
「土」、または「木の幹」の色をベースに
考えていったら良いのではないだろうか。
      
そうなると、共通するのは「焦げ茶」。
この色がベースになろう。
または、彩度が低く、明るくない色、
ということになるだろう。
     
雰囲気としては、落ちついた色、癒される色。
もちろん自然と馴染む色。
    
木の雰囲気を木目などで出すのもいいかもしれない。
木の色土の色以外は
彩度の低い深緑、彩度の低い藍色
彩度の低い煉瓦色、彩度の低いカーキ色、
彩度の低い芥子色、
もし葉の緑色を使いたいなら、
彩度を極弱くし、あまり明るくない
例えば、日本の色なら「柳染(やなぎそめ)」
「裏柳(うらやなぎ)」「薄青(うすあお)」などが
良いかもしれない。
        
また室内の座席なども、思い切って木の座席にしてしまうとか
してもいいのではないか。
木は劣化が早くて無理、というのなら、
材質は他のものを使って木目のデザインにするのも
いいかもしれない。
    
また、室内にアクセントとして
日本の模様の入った鮮やかな色の布などを配したりしても
それらしい雰囲気を作れるのではないだろうか。
      
室内の壁すべてに木目をあしらって、
座席を(前回の新幹線の記事の様に)
和の柄のテキスタイルを使うとかでもいい。
     
電車の外観も室内も、
「日本の里」を思わせるようなものにし、
また、周囲の自然の風景と馴染ませる様にして調和させ、
雰囲気を作って欲しい。
     
日本の里らしい、また調和されていてきれいな電車が出来れば
その珍しさ、調和された美しさから
日本人だけでなく、海外からも人が訪れる様になるかも知れない。