読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

取り戻そう日本の美しさを

日本の美、日本の景観、日本人のこころ、日本らしさについて考えるブログです。

明るすぎる真っ白い蛍光灯(昼光色)の照明ヤメテクレ!!

景観は環境!

コンビニ、ドラッグストア、
家電量販店、スーパーなどなど、
割と広い店舗にありがちなのが
長細い蛍光灯を
むき出しに並べた照明。
    
あれさあ、まぶし過ぎなんだけど。
     
「昼光色」とかいうけれど、
だいたいなんでさあ、
室内とかの照明を
そこまで厳密に
昼間とおんなじ照度で
照らさなきゃいけないの?
必要ないと思うんだけど。
    
特に夜。
夜は夜の照明でいいんだよ。
    
昼は昼の明るさ。
室内は室内の明るさ。
夜は夜の明るさ。
違っていいんだよ。
いや、違っていた方がいい。
    
人というのは体内時計があり
それは明るさにも反応する。
昼は昼の明るさ、
夜は夜の明るさ、
いや、暗さの中で
人は体内時計を
自然に回して生きてきた。
夜は暗くて当たり前だった。
だけど、現代の生活空間は
変わってしまった。
昼とおんなじ明るさを
再現しようとした為に
夜でも明るくなってしまった。
これはいけないことだと思う。
現代人の体内時計は
かなり狂ってしまって
睡眠さえ、まともに
取れなくなってしまった。
      
夜はどこも暗ければ、
体内の副交感神経が
うまく働くことによって
自然に人は眠れるようになる。
しかしその機会は
どこの店も街も
照明が明る過ぎる為
ことごとく奪われている状態だ。
家によっては、
家の中だってそうだ。
     
だいたい、エコじゃない。
どう考えても
無駄な電力使い過ぎだろう。
     
なんでここまで日本の
店内の、
そして家の中のあかりが
やたら明るくなって
しまったのかといえば
これは
      
「明るさに対するコンプレックス」
      
でしかない。
戦時中や戦後すぐは、
照明が乏しくて暗かった。
家の中にも裸電球がひとつだけ。
そこから復興が始まって
もっと明るく、
もっと明るく、
というベクトルで
皆、向かっていった。
その結果が今。
「実は明る過ぎる」
ということに
日本人は皆、
気付いていない。
照明デザイナー
 気付いていると思うけれど)
     
だいたい、
「暗い所にいると、
 目が悪くなるよ」とか
今までさんざん
言われてきたけれども
日本中が明るくなった今、
ほんとうに目が悪い人は
少なくなったのかい?
と言いたい。
嘘でしょう。
それだったら、
メガネやコンタクトは
今の時代、全く売れなく
なっている筈だから。
逆に明る過ぎることで、
却って目に負荷が掛かって
余計に目が悪くなる
という説だってある。
明る過ぎるのは、
物理的にも
デメリットかもしれないのだ。
     
明る過ぎるのになぜ
明るさを落とさないかと言えば、
まだ、
「暗い」=「雰囲気が悪い」
という図式が
インプットされているから。
一度明るい方向へ
向かっていったベクトルの向きを
変えることが出来ないでいるのだろう。
     
また、家電量販店や
ドラッグストアは
「にぎわい」を演出したい、らしい。
これについても、
暗くなると、
にぎわいが感じられず
皆を引き寄せるような
「明るく楽しい店」にならない、
と思い込んでいるようだ。
(だいたい、そんなに
 「にぎわい」必要か?
 私なぞは、ただ「うるさい」
 だけにしか感じないんだけど)
     
そして上の題の
「蛍光灯むき出し」について。
これ、ほんっとに嫌。
設備投資の経費削減で
ああいう照明に
なっているんだろうけど
あの照明って、
「遅れている感」がある。
すごい安っぽいし、
先進国のような気がしない。
発展途上国ですか?
という印象だ。
    
物理的にも、
光源がむき出しなんて、
ありえないと思う。
(厳密に言うと
 光源ではないようだが)
まともに目にしたりすると、
目が痛くなる。
だいたい今の時代、
白熱灯のあかりを
シェード付けないで
むき出しにしてますか?
ってこと。
それと同じことなのに、
蛍光灯なら、いいわけ?
量販店なら許されるわけ?
おかしくないか?
    
特に飲食店で
あの照明というのは
はっきり言って
「ありえない」。
雰囲気台無し。
極力、そういう所では
食事したくない。
    
では、上記のような
店舗内の照明については
どうすればいいのだろう。
     
商品はしっかり見えた方がいい。
その為の照明は必要。
ならば、
そこだけスポットで照らせばいい。
他は、そんなに明るさはいらない。
間接照明で充分だと思う。
商品が陳列されているところ、
そうでないところ、
メリハリをつけても
いいのではないか?
      
店全体は昼よりも
幾分暗い印象だって
全然構わないと思う。
商品がしっかり見えたり
飲食店だったら
テーブルの上の食べ物が
しっかり見えれば
それでいい。
    
照明の色についても、
「白」の照明は
もうやめて欲しい。
「昼と同じ明るさを」ということで
白にしているんだろうけど、
白色を照明に使われると
雰囲気が悪い。
無機質で
味気ないことこの上無し。
     
食べ物がおいしく見えないから
スーパーや飲食店、コンビニでは
もう「厳禁」でしょう。
食品を陳列しない
ドラッグストアや家電量販店でも
雰囲気が悪いから、
やめた方がいいと思う。
     
やはり照明は、
白熱灯色がいいと思う。
    
そして夜は、
あまり刺激的でない、
白熱灯のふんわりしたあかり
なごみのあるあかり、
それがちょうどいいのでは
ないだろうか。
     
街の風景も店の中も
昼は昼の明るさと活気の空間、
そして夜は、
ふんわりとしたあかりで
なごみと落ち着きの空間へと
シフトする。
こうあって欲しいと思う。
     
これは現代人の
健康の為でもあるのだ。
また電力節約の為でもある。
もちろん、
雰囲気演出の為でもある。
実行して欲しい。
    
そして、適度な明るさ、
暗くて雰囲気のある空間が、
もっと日本に増えて欲しい。