読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

取り戻そう日本の美しさを

日本の美、日本の景観、日本人のこころ、日本らしさについて考えるブログです。

一家に一枚、雅楽のCDのすすめ

日本人のメンタリティ

今日は、「一家に一枚、雅楽のCD」のすすめ
について書きたいと思う。
     
    
今日本人が聴いている音楽、
何が多いだろう。
   
おそらくJ-POPではないかと思う。
「J」なんて付いているけど、
これ、日本の音楽ではない。
日本語の歌詞で歌われているけど、
サウンドは、ポップ。ほら、もう英語。
だいたいアメリカで70、80、90年代頃に
出回ったようなサウンドを
日本でも追随しているに過ぎない。
(まあ厳密にいうと、
 70年代80年代のサウンドは
 「日本人好み」らしく、本国アメリカより
 日本での方がもてはやされているらしいけど)
     
「JPOPなんて最近聴かないよ」という人、
何を聴いているだろう?
洋楽?ジャズ?フュージョン
それともクラシック?
ボサノヴァなどのワールドミュージックって種?
ニューエイジとか?
おそらく、ほとんどが
上の分類の中に収まるのではないかと思う。
      
でもみんな、日本の音楽じゃない。
     
ぜひ、
雅楽を聴いてほしい。
聴いたことない人、聴いてみてほしい!
(厳密にいえば、この雅楽も
 もともとは大陸からの輸入だったりする訳だが
 まあ、カタイこと言わずに...)
    
はじめは、「何これ?」って思うかもしれない。
ちょっと異様に感じるかもしれない。
「怖い!」って思うかも。
でも、しばらく聴いていると
だんだん心が落ち着いて来るのがわかる。
    
やっぱり日本人なんでしょう。
すごく染みてきます。
「ああ、やっぱり自分は日本人だったんだ」
ということを
体で感じる事が出来ます。
雅楽を聴いていると
「和の心」にチューニングされてきます。
     
心が疲れたとき、心が荒れていると感じたとき、
雅楽を聴いてみると、
落ち着くかもしれません。
     
私は一週間に一度、雅楽を聴く事を
薦めたいと思います。
     
少し話は飛んで、
「デザイナー」の方!
     
デザイン事務所では、何の音楽を掛けてますか?
耳障りにならないほどの音量で、
ジャズとか掛けてます?
    
薦めます。一週間に一回でいいから、
雅楽、掛けてみてください。
きっと、インスピレーション、降りて来ますよ。
    
なぜ「デザイナー」宛に書いたのか。
私はこのブログで、
「もっと和のデザインを取り入れて欲しい」
というような事をたくさん書いていますが、
それらを作るのはデザイナーの方。
デザイナーが、音楽で、和のこころを
取り戻して欲しい、という気持ちで
書きました。
    
また、
「商品企画の会議室のみなさん」!
その会議室、どんな部屋でもいいから、
弱い音量で、雅楽のCD掛けてみて下さい。
きっとアイディア、降りて来ますよ。
    
今までの欧風のものではない、
日本らしい美しい、
日本らしい雅な、
落ち着いた和の風情ある商品のアイディア、
音楽の助けを借りて、
生み出されるかもしれませんよ。
     
     
やっぱり音楽って、
人の精神状態に、かなり、
というか直接影響するものなので、
人となりというのは、
案外、その人の聴いている音楽で
かなり決まってしまうところがある。
     
と、すれば、
音楽を変えると、
その人も精神状態も変わる。
     
日本の人は、日本の音楽をもっと聴いて
「和のこころ」を感じた方がいいのかもしれない。
欧米から入って来た肉食系の荒れた精神も、
すっかり欧米化されてしまった横文字思考も、
雅楽を聴いてチューニング(調整)すれば
日本人らしい、落ち着きを取り戻せる。
    
これを日本人みんなやったら、
(みんなが雅楽のCDを聴いて
 心の落ち着きを取り戻したら)
けっこう、すごいことになるかもしれない。
かなりの影響を及ぼす事になるでしょう。
すっかり西洋カブレしてしまった
日本全体の集合意識も
変わってくるのではないかと思う。