読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

取り戻そう日本の美しさを

日本の美、日本の景観、日本人のこころ、日本らしさについて考えるブログです。

明日死んでも後悔しない様に生きられているか

わたしごと

おっ、
なんか連日で書いてますねー、私は。
私は気分の波が激しい方で、
やるときは、
がががーっとやる日もあるんだけど
出来ない時は、
なーんにも出来ないという感じです。
今はちょっと活動期かも知れない。
多分、また更新が暫く無い期間があると思う。
     
      
人の死期は自分では分からない。
明日死ぬかも知れない。
そうでなくっても数年後、
何かしらの形で死ぬかも知れない。
実は癌にかかっていて、
それが見つからずに
突然ご臨終になるかも知れない。
交通事故に遭うかも知れない。
誰かに非常に恨まれて
いや、最近なんかは恨まれていなくっても
「誰でも良かった、とにかく誰かを殺したかった」
という身勝手な通り魔の餌食になるかも知れない。
     
それが自分の身に起こるかも知れない。
そんなことを考えた事がありますか。
          
誰も人生80〜100年とは言えない。
実は霊的に言うと、
人は生まれてくる時に
(あ、これは輪廻転生は当然という前提)
この家庭に生まれたい、この両親の元に
生まれたい自分で決めて生まれてくるそう。
男か女か、国、時代、これらも全部
自分で選んで生まれてくるそうだ。
そんとき、実は、自分の「寿命」も
あらかじめ決めているのだそうだ。
「100まで長生きするつもりである」
「50で殺されて死ぬつもりである」
「30で事故に遭って死ぬつもりである」
といったことを、実はおおまかに決めて
それから地上に生まれてくるんだそうな。
でも、生まれてからは、それらは全て
忘れる様に出来ている。
だから、自分がいつ死ぬか、
分からない様になっている。
(しかし殺人に遭った本人やご遺族、
 事故に遭った本人やご遺族にとっては
 とっても受け入れられる話ではなく
 こういった事柄には慎重に
 ならなくてはならないので
 何とも言えない。
 ただ、そういう説があるということで
 受け取っていただけたら幸いです)
      
死期はある程度決まっているが
自分では分からない。
いつその時が来るか分からない。
      
明日死んでも、後悔しないだろうか。
数時間後に死んでも、後悔しないだろうか。
      
目標に向かって後悔の無いように
進んでいけただろうか。
知りたいと思うことを、
躊躇無く知ろうとしただろうか。
行きたい国、生きたい街に
行けただろうか。
人に優しくして来ただろうか。
つらく当たった人に、
きちんを謝罪しただろうか。
一人の大人の人間として、
責任を全うしただろうか。
      
言うは簡単、行うは難し。
だけども、一日も無駄にせず後悔無く
生活していきたいと思う。
「なにあんた、
 ひとりでせっぱつまってんのさ」と
言われるかも知れないので、
表面的にはのほほんとしてる
かもしれないけど。
    
でも、無駄にせず後悔無く、生きたい、
一日一日精一杯頑張って生きたい、
と思ってていも
疲れ果ててどうにもならない事もある。
だから、無理は禁物かも知れず、
休む時は休んだ方がいいかも知れない。