読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

取り戻そう日本の美しさを

日本の美、日本の景観、日本人のこころ、日本らしさについて考えるブログです。

自然の多い地域の自販機は焦げ茶をデフォにしようよ

景観は環境!

原色の赤、原色の青、原色の緑、真っ白。
日本の自販機の色。
     
特に地方の観光地、
こういう原色の自販機があるだけで
雰囲気、風情、台無し。
     
自販機自体がいけないのではない。
まずその「色」がいけないのだと思う。
     
私はこのブログで
ほとんど色について書いている。
それは個人的に色について興味がある
というのもあるのだけど、
日本の景観において、
「色さえなんとかなればな」という例が
多いような気がするからだ。
だから色について多く書いている。
     
この自販機も例外ではないと思う。
「色さえなんとかなれば」
景観問題、解決できるような気がする。
     
自然の多い地域の色彩はどのようなものか
他の記事で書いているのであまり書かないが
低彩度、低明度が、基本。
特に土の「焦げ茶」を基本と考えると良いと思う。
これは何故かと言うと、
この焦げ茶はどの季節も変わらない基本色だからだ。
自然の多い地域で何かを置いたり建てたりするなら
「焦げ茶」ベースの色のものを置けば
景観に馴染むし、調和し、違和感が無い。
     
やはり自販機も同じで
理想は、焦げ茶をベースにすること。
どの飲料メーカーも景観の事を優先的に考えて
自社の飲料自販機の基本色を
現行の原色や白から「焦げ茶」に変えてくれれば
とても有り難いと思う。
     
観光地等は市の条例等ですでに
「自動販売機は焦げ茶に塗装する」という項目が
あったりするそうだ。
だから、それを全国的に広げる。
その「焦げ茶」を当たり前、とする。
そうした動きになっていって欲しいと思う。
     
自販機の照明も、ちょっと明る過ぎではないか。
個人的には真っ白い明かりは好きではないので
私の好みで言うならば
暖色系の明かりに変えて欲しいと思う。
今は蛍光灯も暖色系のものがあるのだから
そちらに差し替えて欲しいと思う。
なぜ差し替えて欲しいかと言うと、
白い明かりは無機質に感じられ、冷たさを感じるから。
暖色系の明かりの方が
なんとなく気持ちが和み、ほっとする。
そういう効果があると思う。
       
また、自販機のフォルムについて。
特に地方、自然の多い地域に置くものは
丸みを帯びたフォルムにして欲しい。
なぜかというと、
自然環境は、ひとつも直線が存在しないからだ。
山の形、木のフォルム、地平線。
例えば北海道など見渡す限り地平線の所でも
その地平線はまっすぐではない。
こういった場所にはやはり真四角の建物よりも
曲線の建物の方が景色に馴染み調和する。
自販機もこれと同じ。
だから直方体の現行の形と円柱の形、
どちらがいいかというと円柱の形の方がいい。
といっても円柱は真横から見ると四角形なわけだが。
それでも斜めから見る事が多いので
直方体よりは円柱の方がいいだろう。
         
また、もしその土地に日本家屋があるならば
自販機の外観も和風に整えるのも手だろうと思う。
また、地方の例えば道の駅、
ドライブインの自販機なら
外観をログハウス風に木を配した作りにするのも
手で、もしできるならば
飲料メーカーは、地方向けに
「和風」または「ログハウス風」の
円柱の自販機を開発して大量生産して、
地方は基本的にこういう自販機を置くものと
して欲しいと思う。
      
まとめると、
・色は焦げ茶
・照明は暖色系
・円柱形
・「和風」または「ログハウス風」
の自販機を、
飲料メーカーは開発して欲しいと思う。
そしてそれを地方、農村部、観光地の
自販機の基本形として欲しい。