読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

取り戻そう日本の美しさを

日本の美、日本の景観、日本人のこころ、日本らしさについて考えるブログです。

農業女子、農業に携わる人の為の格好良いウェア、農作業着はないか

日本のデザイン 日本のファッション

農業、最近よくメディアで
取り上げられているようだ。
新たに農業を始める人も多いとか。
(どのくらいの人数なのかは解らないが)
自給率40%、そこから改善しよう。
TPPはんた〜い!!なんて声も。
(でもいざTPP解放したら、
 米からの輸入食材が
 日本で売れる以上に
 “日本ブランド”の生産品が
 米に流出、
 米で売れに売れちゃってー
 なんて事態に
 なったりしそうだが。
 今の日本、
 安きゃ売れる時代
 でもなさそうだし。
 牛肉オレンジの時代に
 安〜く入って来た牛肉オレンジが
 本当に今日本で
 そんなに受け入れられてるか?
 という事もある
 しかしまあ、どっちにしろ
 ガラガラポンな話だ。)
      
おっと脱線。
今日の話は
そんなんじゃないのさ。
      
「農ギャル」なんて
出て来たよねテレビなんかで。
今春PJのカタログでも
「農業をする女子」
モデルが出て来た。
「農業」というのは、
今や猫と一緒に
目を引く題材らしい。
なら、
そろそろ、
「農業女子の為のウェア」
なんて作ってくれる
衣料メーカーやブランドは
無いだろうか。
どこかの衣料メーカーが
農業女子の為のブランドを
立ち上げるとか。
      
農作業のためによく着られる服
というのはあるが
農作業の為だけに作られた服を
私はよくは知らない。
また、今まで
「農、なんてダサイ」
と言われていたのは
一昔前の3Kというのもあるが、
その「かっこ」も
あるような気がする。
農作業の時に着る作業着は、
土で汚れたり、
田んぼ等は水に入ったりするから
機能重視で、かっこなんか
気にしてられないという
世界なのかもしれない。
農業をする人の為のウェア、
なくはないが、
それもやっぱり機能重視な
感じもする。
      
ここでいっぱつ、
水に入りまくってもオーケー、
土にまみれちゃっても
すぐに落ちる、
そういう機能的な素材を駆使して、
なおかつ、
とてもスタイリッシュである、
(タウンウェアにも
 取り入れられてしまう程)
そんな農ウェアを
作ってくれないだろうか。
なおかつ、
(さっきから、かつ、かつ言ってるが)
そのウェア、日本人が一番似合う
色とデザインであるなら、
なおのこと、良いと思う。
農業女子の為のウェアなら、
日本人女性に一番似合う、
農業男子の為のウェアなら、
日本人男性に一番似合う、
かつ、農業をとても
やりやすい機能。
そんなウェア、ないだろうか。
      
色展開は、和の伝統色。
和の伝統色は、
日本人の肌に合う黄味の
中間色が多い!
デザインも和風を基調にしても
いいかもしれない。
でもあまりほっこり過ぎたり、
逆にモダン
なり過ぎない方がいいかも。
農村なのに建っちゃった
ダン建築の建物みたいに
農村に不調和にはなって欲しくない。
日本の農村の風景にマッチして、
スタイリッシュで、
日本人に色彩もデザインも
一番マッチする。
(マッチを擦ってるんじゃないよ)
機能もばっちり、
そんなウェアが欲しい。
これが流行ったら、
「農業やりたいかも〜」的な
若い人が増えるのではないだろうか。
(まあ、
 農業というのはキビシー世界、
 そんなやすやすと儲かる世界
 でもないから
 軽く始められるものでもないが。)
     
スポーツウェア業界でもいい。
ラン女子の為のウェアが
売れたついでに
農業女子ウェアを出す、
とかでもいい。
(成り立つか解らんが)
アパレル業界でもいい。
私がもしアパレルか
スポーツ用品メーカーの
すごい権力を持ってる
シャッチョさんだったら
鶴の一声で部下に
「おい、ちょっと。
 今農業がキテるよな。
 “農業女子”ジャンルというもんを作って、
 ちょっと“農業女子ウェア”
 作ってみてくんねえか。」
なんて声を掛けて
(いやーなシャッチョさんだなあ)
プロジェクトを
立ち上げさせてしまうかも。
     
いつかア○ダスとか○ーマとかの
マークが付いた
専用農ウェアを纏って
農作業する男女が
スタイリッシュ、と映って、
ファッション雑誌で特集されたり
アウトドア雑誌の
農業版雑誌が出て来たりして。
(既存の農雑誌も勿論売上急上昇!)
それが流行したりして。
無○良品とかでも
農ウェアが始まったり、
都心に「農のセレクトショップ
とか出来ちゃったりして
そこには農ウェアと
○ンダの耕運機とかが
カッコよく
ディスプレイされてたりして。
それでそれがブレイクして
日本では
「一人一着は農ウェア」が当たり前
とかになったりして。
(なんないか)
        
私一人ではま〜〜〜ったく
力もなんも無いので、
誰かやって〜、という
まったく責任感無し丸投げな、
情けない記事です。
以上。