読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

取り戻そう日本の美しさを

日本の美、日本の景観、日本人のこころ、日本らしさについて考えるブログです。

カー用品店、中古車店などは景観に配慮した外観にして!!

景観は環境!

昨日のカー用品中古車屋さんの件。
そして、看板の件。
じゃあどうすればよいか。
書いていなかった。
      
どうかお願い。
カー用品店、中古車屋さん、
車修理関係のお店。
外観をベージュなどの
周囲の建物や、自然環境等と調和した色彩に
変えて欲しいと思います。
     
ハデな外観は、今、悪印象でありこそすれ
良い印象は持たれない、つまり
率直に言ってしまえば
「儲からない」と思います。
      
もし黄色等の色を使いたいのであれば、
分量を少なくして、ポイントで、
アクセントとして使って欲しいと思います。
      
どうかお願い。
      
看板設置に関して。
看板を掲げるその数を、
どうか控えて下さい。
まったく掲げるな、とは言いません。
      
掲げてもいいですが、
周囲の環境と、色彩造形的に調和させて下さい。
      
そこで私個人的に思うことがあります。
      
今日本全国で掲げられている看板。
焦げ茶色の枠で囲うような形にして欲しいのです。
また、看板の寸法、縦、横、統一して欲しいのです。
例えば幹線道路には幹線道路で同じ寸法、
比較的交通や人口が密集した
狭い道路ではもう少し小さい寸法で統一など
して欲しいのです。
そしてそれを、国で基準を定めて、
違反したものには罰金や増税等、
厳重にして欲しいのです。
     
また茶色枠内の看板そのものも、
彩度の制限を設けて、
標識を超えるような彩度の高い色彩は違反とし、
違反したものに罰金、または増税
こちらも厳重にして欲しいのです。
     
色彩に関しては、
事前に推奨カラーパレットなどを設定し
アースカラーなど彩度が低め、明度も低め)
そのカラーパレットの中の色しか使ってはいけないように
制限を掛けて欲しいのです。
景観条例で厳重に定められた地区だけでなく、
日本全国、どこの地域でも、です。
       
つまり日本国内に掲げられたどの看板も
都市景観や、周囲の自然環境の色彩と調和したもので
そういった看板しか掲げられないようにして欲しいのです。
それを、国の法律で決めて欲しいのです。
       
また、店の看板にも同様に寸法を統一し、
外観の色彩とともに、色彩も彩度を制限する
法整備を進めて欲しいのです。
      
大丈夫です。
赤や黄色使わなくたって、視認性は確保できるのです。
     
特に原色の赤や黄色を使わなければ、と
考えている事業主の皆さん、
そのような原色の赤や黄色の看板は、
マイナスイメージになると思いますよ。
だから、どうか控えて下さい。
      
また、そのように荒れた色彩を使うと、
犯罪を引き起こしやすいですよ。
私自身が統計を取った訳ではありませんので
正確なことは言えませんが、
犯罪の多い地域というのは
景観が荒れている地域が多いと思われます。
また、襲われる店舗も、
変に彩度の高い原色ばかりを使った外観や
看板であることが多いという印象を持ちます。
       
これは科学的に証明された訳ではないので
何とも言えませんが、
言われていることは、
異なる原色同士を組み合わせた色彩というのは
波長が荒れやすいと考えられます。
荒れた波動が、荒れた人を呼び、
引き寄せの法則でその店舗が襲撃されるのだと
私は思います。
     
店を経営する上で、他にも大切なことはありますが
外観というのも重要な要素であるならば
もし現在色彩の荒れた外観ならば
改装した方が良いと思います。
       
とりとめのない文章ですが(いつもかも)
どうかお願いします。