読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

取り戻そう日本の美しさを

日本の美、日本の景観、日本人のこころ、日本らしさについて考えるブログです。

ドライブインじゃなくて「お休み処」にして欲しい

景観は環境! 日本のデザイン

観光地によくある「ドライブイン」は、
「峠の茶屋」とか「お休み処」とか「休憩処」に
名を変えた方がいいと思う。
    
なんで日本の観光地なのに
屋号が横文字でなくてはならないのか。
      
「ドライブイン」という名前、
アメリカの輸入なのだろう。
戦後復興、高度成長、
「アメリカに、追い付き追い越せ」という感じだ。
そういった高度成長の時代に
あちこちに観光産業も発展してきた。
その名残的なイメージがする。
     
しかし今となっては古いような気がする。
今、日本古来のものとか、
日本の伝統といったものが
再び注目されている。
また、景観に関しても
以前よりも敏感になってきたのではと思う。
     
「ドライブイン」という名前の施設は
だいたい比較的自然の多い
地方の観光地で見掛ける。
     
洋風の建築物が立ち並ぶような所では
「Drive Inn」とアルファベット表記するのも
格好良いかも知れないが、
だいたいは、周辺にはお土産屋さんや
その土地の料理を振る舞う食べ物やさんが
あったりする。
そういった施設の建物は日本風だったりするのに
その中にいきなり横文字の「ドライブイン」。
ちょっとおかしい。
     
もしそこが日本の風土を感じさせる観光地で
周辺にその土地ならではのものが多い場合
(郷土料理、土産物)
「ドライブイン」は、名を変えて
「お休み処」や「休憩処」、
もし山道の途中などにあるならば
「峠の茶屋」と屋号を改めた方が
日本の観光地らしくて良いのではないか。
      
その際看板の文字はよくあるゴシック体は
雰囲気を損ねるので良くないと思う。
明朝体や毛筆体など
日本語が美しく見える書体で書いて欲しい。
そして目立ちたいからと言って
看板を原色の黄色とか赤とかにするのは
雰囲気を損ねるのでNGだ。
できれば木を使って
木枠を付けて白地に黒文字、とか
周辺の自然の色に馴染み、
なおかつ適度な視認性も持たせるように
して欲しいと思う。