読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

取り戻そう日本の美しさを

日本の美、日本の景観、日本人のこころ、日本らしさについて考えるブログです。

今はどこに投票するか考えるべし

日本人のメンタリティ

参院選間近。
今こそ、各党の政策を
よーーく見比べる時だ。
今はネットがあるのだから
各候補、各党が言っている事に
注意深く耳を傾け注視する事だ。
     
「セイジの事ヨクワカラナイから
 選挙に行かない」
なんて論外だ。
      
スポーツ観戦する暇があったら
各党のHPを見比べる事だ。
何が今、日本国民にとって重要か、
皆、考えるべきだ。
いくらTVで盛んにスポーツ中継していようと
ニュースでスポーツを報道していようと。
そんな事より、
各党の政策が大事だよ皆さん。
     
       
スクリーン、
スポーツ、
セックス。
戦後日本国民を
この3つの事に夢中にさせ
「愚民化」させて
重要な国政に関する事から
意識を逸らせるというGHQの政策と
言われている。
ウィキによれば、この政策は
陰謀論」の域を出ないと言われているが
私はこの事に関しては
火の無い所に煙は出ないと思っている。
3Sは実在だと考えている。
       
今日本国民はこの3Sに
完全に浸っていると言っても過言ではない。
      
特にスポーツに関して言えば、
冷静に考えれば
単なる趣味の一つでしかない様なスポーツの分野が
毎日毎日ニュースで必ず
「スポーツのコーナー」まで設けられて
報道されなければならないのか。
ちょっと考えればおかしいと思うだろう。
しかしそれが当たり前のようになっていて
疑問を持たれる事も無い。
日本国民誰も疑問を持たない。
        
スポーツのコーナーじゃなくって
音楽のコーナーだって良いじゃないか。
もっと言えば、
日本なんだから
日本の伝統芸能のニュースを
コーナーを設けて毎日流したって
良いではないか。
その方がよっぽど日本国民の
ためになるではないか。
今日本国民に全くと言って良い程欠けている
愛国心」が育つのだから。
(でも本当にニュースに毎日
「日本の伝統芸能のコーナー」なんて設けられたら
 それこそイルミが髪の毛逆立てて
 なんとしても止めに入るんだろうな。
 奴らの目的は日本国民から愛国心を削ぐ事だから)
      
それかまたは「健康のコーナー」を設けて
その日ごとに別の病気を取り上げて
予防策や個人の取り組みを取材したもの
などを毎日流していったって良い。
その方がよっぽど日本国民の健康に良い。
有意義だろう。
(これも「人口削減計画」を掲げる
 イルミにとっては邪魔なので
 なんとしても止めに入るだろう)
      
それがなぜスポーツなのか。
意識逸らし、でしかないと思う。
私などはスポーツに全く興味が無いから
余計にそう思う。
       
よっぽどスポーツが好きならば
個人の自由なので止めないけれど
私は提案したい。
ニュースのスポーツコーナーを担当している
記者やレポーター、キャスターには悪いが
ニュースでスポーツのコーナーになったら
さっさとテレビ消して、
その分、
「各党の政策」について
真剣に考える時間を設けた方がいい。
      
また映画やドラマ、
バラエティ番組、
それ程見たくもないのに
だらだら見てるんだったら、
AV見ている暇があるんだったら
ソープに行っている暇があるんだったら
(まあ性については本能的な欲求で
 人によっては欲求が強い人もいるから
 しかたないとして)
テレビを今すぐ消して
「各党」の政策を見比べて
投票する党、候補者を検討すべし!
       
まさにそれこそ、
GHQ=イルミが
「日本国民に一番されて困る事」だから。
イルミは日本国民に政治に関心を
持たれたくないのだ。
それをやろうではないか!
それをやっちまおうじゃないか!
3Sに意識を逸らされていた日本国民は
目覚めなければならないのだ。
       
そして皆の中に政治に対する関心が起こり、
政治の話がいつしか流行りになって
「政治の話=ダサイ」から
「政治の話をする人=カッコイイ」に
日本中がなっていけば良いわけだ。
「政治の話=ダサイ」は
プロパガンダでしかない。
「政治の話=カッコイイ」になっては
困る人達がそう仕向けただけだ。
      
銀座や渋谷や表参道、代官山の街角で
若者が普通に政治の話をする光景が
当たり前のようになっていって良い。
なるべきだ。
     
「ネットで選挙活動」が解禁になったのだから
そのくらいになったって別に良いだろう。
      
そうニュースでよく言われている
政治不信」がなんたらかんたら、
という文言も、
あれも「意識逸らし」の一環ね。
「日本全体で政治不信が蔓延しています」
という情報を流せば
ソーシャルリアリティで
本当にそうなる、という法則を利用して
意図的に流しているに過ぎない。
各メディア、放送局も米(=イルミ)の
手下であるということを考えれば当然。
騙されてはいけない。
       
今の状況は政治不信なんかではなく
今まで本当に政治不信の時期があったのか
と言う事に関しても本当は誰も
断言できない筈だ。
     
政治不信ならば
もっともっと国民が政治に関心持って
皆が皆投票に行って
投票率100%にして
国民の声が100%政治に繁栄するように
国民がしていけばいい話。
政治不信
誰がそうしたの?
誰がその政治家を選んだの?
国民でしょう。
ならばもっと大勢が投票に行けば良い。
      
なんとしても懸命に候補者を考えて
日本国民100%投票に行く。
誰も文句が言えなくなるかも知れない。
      
まあ今の日本の政治、
ほとんど米の手下でしかなかったりするらしいから
完全に国民の声が繁栄されなかったり、
本当にこの政策をしていきたいと思っていたが
政権取ったら米に圧力掛けられてしまって
政権公約が実施できないで終わってしまう
なんて事も多いかも知れないが
それよりも投票率40%よりは
100%になった方が断然マシだ。
       
普天間なんかにしても
あれは日本だけの思惑で動ければ実現できたのだろう。
民主党は本当にやろうとしていたのだろう。
米が圧力掛けてきたから
日本も強気になれなかっただけだろう。
だから私は見てみたい。
脱アメリカを掲げている共産党
もし政権を取った時に
本当に米に歯向かっていけるのか。
      
もっというと
米軍基地の問題なんか
米でNESARAが本当に施行されれば
雲散霧消だろう。
     
脱米するにしても
できるにしても
できないにしても
とにかくまず
日本国民が100%
投票に行くようにならなければ
話にならない様な気がする。