読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

取り戻そう日本の美しさを

日本の美、日本の景観、日本人のこころ、日本らしさについて考えるブログです。

日本の街の景観は天平文化の延長なんじゃないか?

景観は環境!

日本の街の景観は
天平文化の延長なんじゃないか?
とよく思う。
       
黄色、赤、緑、青の原色の看板達。
街を見渡すとそれらが散らばっている。
良く言えばカラフル。
     
天平文化
奈良時代ぐらい。
今、奈良のお寺の色は地味だが、
実は当時は、とても華やかだった。
当時の色彩を復元する動きもある。
青丹吉。
だけではなくて、
天井や柱等には
赤、緑、青、黄などを使った
華やかな装飾が施されていた。
それはそれは眩いほどに。
対して民家は地味だっただろう。
当時は国家としても
仏教の力で民を幸福へ導こう、
という政策もあり、
お寺が、街の中心だった。
華やかなお寺がシンボル。
華やかさは豊かさであったろう。
       
不思議なことに
今のゴチャゴチャした街の景観。
構成色は赤、黄、青、緑の原色。
天平時代と一致している。
なんかDNAなのかね。
そういう色を使いたがるのは。
      
しかし当時と違うのは、
それが街中に散らばりまくり、
決して美しくないという事。
カオス。混沌。
そこに居る人に
無意識的不安感を与えるという事。
カラフルが決して豊かさを
与えている訳ではない事。
       
これは単に
自分勝手な人間、企業が増えたから。
目立てばそれでいいという人間や企業が。
(今、景観に対する意識も高まり、
 景観に配慮する色彩を使った店舗が
 増えてきているのはとても嬉しい。
 でも、まだまだハデな店舗も多い。)
それこそ
ブラック企業なんじゃないかと思うね。
       
店舗の外観の壁一面まで
赤などの原色を塗りまくるのは
本当に論外。
なんとかして欲しい。
なんとかして欲しいし、
それを禁ずる景観法のもっと厳しい条文を
立法して欲しい。
      
せめて看板だけは目立つようにしたい。
どこの企業もそれは考えているのだろう。
気持ちは分かる。分かるよ。
目につかなきゃ客は入ってこない。
そう思うのも。
従業員の給料、ランニングコスト、
設備投資、
賄うには客が入って
金落として貰わなきゃいけないからね。
       
だけどもうちょっと
看板の色彩も落ち着かせようよ。
具体的には彩度を落とす。
(もう取り組んでいる所もあり、
 とても良いと思う。)
     
これも法律で決めて欲しいんだよねー。
具体的に、
PCCS(日本色研配色体系)の
彩度「6S」まで、とか。
それ以上、「7S」〜「9S」の場合は
罰則を科す。
対象は店舗の看板。
        
そして店舗の外観はもっと彩度を落として
彩度「2S」までしか
使ってはならないとす、とか。
屋根も外壁もドアや窓枠も。
もっというと、
店舗外観は
彩度の上に色相も限定した方が良い。
具体的にはオレンジ寄りの赤から黄緑。
3:yR、4:rO、5:O、6:yO、7:rY、
8:Y、9:gY、10:YGまで。
つまり青緑とか青とか紫、ピンクはダメ。
また、真っ白も禁止。
(伝統的建造物の白い壁は可とする)
明度も8.0まで。それ以上は不可。
勿論民家も。
      
江戸時代に戻るようだが、
店舗外観、看板に「禁色」を
設けるべきだと思う。
で、例外は神社仏閣と、標識。
      
いいじゃん、着る服に
禁色を作る訳じゃないんだから。
派手な色が欲しければ
派手色の服を着ればいいんだよ。
だけど、建物は駄目。
なぜかというと、公共の物だから。
万人の目に触れる物だから。
      
でなきゃ、危ないんだよ。
現状、特に、看板が派手過ぎて
標識との区別が付かなかったりするのが、
本当に困る。
車を運転する人は
特に困っているだろうと思う。
      
奈良時代に戻ろうよ。
私は個人的に、
神社仏閣を街の中で一番目立つ建物として
それ以外は脇役である方が、
街全体の色彩的調和が取れて
居心地が良くなると思う。
また、神社仏閣が表に出る事によって
日常的に街行く人は
日本の神道や仏教の心を
思い出す事が出来る。
勿論これを国の政策でやってしまえば
政教一致になってしまうが
草の根でやれば良いのではないだろうか。
でも建物看板の禁色は
国の政策でやって欲しい。
      
少なくとも、
あ、こんな所にお寺あったんだー、
こんな所に神社あったの?
なんて事はなくなり、
もっと神社仏閣が大切にされるように
なるだろう。
       
とにかくさあ、
もっと大人になろうよ、日本の街。
もっと日本らしくさ。