読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

取り戻そう日本の美しさを

日本の美、日本の景観、日本人のこころ、日本らしさについて考えるブログです。

ネガティブで不幸なニュースには、もう、うんざりだ!!

日本人のメンタリティ

不幸なニュースには、
もう、うんざりだ!!
       
視聴率のトップである
NHKの7時、9時の
ニュースは、
どちらかだけでも
とりあえず見ておかなければ
と多くの人が思い、
見ている事だろう。
      
しかし
なんで好き好んで
「刃物で首を刺して殺害」とか
「遺体の頭部が切断された状態で」
とか
「遺体は腐敗が進んでおり」とか
「銃乱射で25人が死亡」とか
「土砂に埋もれた遺体発見」とか
こんな事を
見聞きしなければならないのか。
       
連日続く
芸能人覚醒剤の話、
政局のゴタゴタ、
アルカイーダ、
イスラム国の殺害シーン、
繰り返される土砂災害の話、
近隣諸国とのゴタゴタ、
尖閣諸島海域にまた中国船、
エボラ出血熱の広まりとか、
少子高齢化
今の若い世代は
将来年金が貰えないかもしれない
とか・・・・
そんな話、別に聞きたくない。
       
いい加減にして欲しい。
      
政治班、事件班、災害班・・・
テレビ局、各担当の人は
それぞれ、粛々と
自分の仕事に打ち込んでいる
だけなのだろう。
で、その仕事の集積が
たまたま
不幸なニュースの連続と
なってしまったのだろうか。
     
それとも
「人の不幸は蜜の味」の
人々が多くて、
不幸なニュースは
ニーズがあるからか?
本当にそんなに
ニーズがあるのか?
そもそも。
       
それとも・・・?
        
        
こんな情報がある。
        
地球全体を牛耳っている
「陰の勢力」が存在している。
その勢力は
各国の主要メディアまでも
全て牛耳っている。
つまり彼らが流したい情報を
そのメディアを使って
好き勝手に流せると言う訳。
      
いわばテレビ等のメディアは
彼らにとって、
人類への「洗脳装置」。
テレビ画面に大きく映し出される
映像で人々は影響を受け、
洗脳される。
繰り返し流される映像によって
人類は洗脳され、影響を受ける。
それを巧く使っているのだ。
       
それを使って、
彼らはネガティブな情報ばかり
好き好んで流す。
       
なぜ彼らはポジティブな情報を
流さないのか。
そのポジティブな情報で、
人類が皆ポジティブな状態になったら
どうなるか。
ちなみに「ポジティブ」とは
単なる「テンション高い」とは
別物なのであしからず。
       
地球上の人類は
本来はもっと「能力」を持つ。
どんな能力なのかと言うと
いわゆる「霊能力」。
      
死んだ人、
つまり物理的な肉体は脱いだが
霊魂だけは存在している人と
意思疎通が出来る、
言葉を話さない動植物と
意思疎通が出来る、
果ては、
地球人類のように
物質的な肉体を持たない
高度な知的地球外生命とも
意思疎通が出来る、
そんな能力だ。
      
また、霊能力を持つと
接した人が過去何をしたか
何を考えたか、という事も
全て霊視で見通せる。
つまり嘘が通用しない。
だから犯罪を犯した人が
否認を貫いても
側にいる人全員が
「こいつは嘘を言っている」と
バレてしまう状態になる。
当然そうなれば、
裁判制度も変わってしまう。
     
こんな能力を
本来地球人類は持っている。
      
開花させるには
ポジティブな意識を保つ事、
なのだそうだ。
そうすることによって
意識がよりクリアになり、
能力が開花していくのだそうだ。
       
しかし、
「彼ら=陰の勢力」は
それを、何としてでも
阻止したい。
もし地球人類が皆
能力を持ってしまったら、
今まで彼らが陰で
コソコソとしてきた
様々な悪事が
晒される事になってしまう。
地球人類は彼らが
何をしても
彼らの言う事を聞かなくなって、
彼らはもう二度と
地球人類を掌握できなく
なってしまう。
だから、なんとしても
この状態は阻止したい。
     
ではどうすればいいか。
       
地球人類を
ネガティブ意識のまま
留めておけばいいのだ。
そうすれば、
地球人類は能力を
開花させる事が出来なくなる。
       
そこで
メディア=洗脳装置の出番だ。
     
毎日毎日、
不幸なニュース、
ネガティブなニュースばかりを
垂れ流し続けるのだ。
そしてそれを見ている
地球人類をネガティブな状態、
とくに「恐れ」の意識の状態に
留めておくのだ。
       
というような情報が
今ネット等で盛んに流れている。
        
       
さあここで、
主要メディアのみなさん、
この情報はデマだから
こんな情報、流されたくないですか?
それとも、
この情報は図星だから
何も言わず、黙り続けますか?
      
      
もしこんな事言われたくないのなら
今、ニュースを変える時だと
思いますよ。
     
「ニュース」。
訳せば「新しい事」。
別に、不幸な事ばっかり
じゃなくても良いでしょうに。
        
         
提案したい。
7時や9時のニュースとは別に
「事件ニュース」として
殺人、テロ、薬物、銃乱射、
災害、原発被害などの
ネガティブなニュース専門の
ニュース番組を隔離して
新たに作ってはどうか。
     
「人の不幸は蜜の味」の人々は
どうぞそちらを見て下さい
って事で。
       
で、7時、9時のニュースは
明るい話題に徹してはどうか。
       
人が死んだ話より、
もっと人命救助で
助かった話をして欲しい。
紅綬褒章、毎年授与されている人が
いる訳でしょう?
ならばその一つ一つを伝えれば良い。
        
iPS細胞で初の手術成功の話、
日本人がノーベル賞を受賞した話、
音楽コンクールで入賞した話、
春の褒章で受賞した一人一人の話、
少子高齢化になった状態で
新たな年金の仕組みを発明した
人の話、
九死に一生を得た人の話、
95歳でも○○で活躍している人の話、
津波が来ても耐えられる街作りをした話、
フリーエネルギーで動かせる
車を開発した人の話、
犬猫の殺処分が減った話、
犯罪件数が激減した話、
強盗に入ろうとした若者を
店主が説得して止めさせた話、
東尋坊で来る人に声を掛け
自殺を思いとどませる活動を
している人の話、
洪水で取り残されたけれども
助け合って命を繋いで
見事生還した話とか、
振り込め詐欺を自力で捕まえた話、
中国と日本、そして韓国、北朝鮮
の親交が深まり仲良くなった話、
殺人が起きそうな程ギスギスした家庭が
ある方法で平和になり、
絆がより増した、という話とか、
ある取り組みで
いじめが全く無くなった中学校の話とか、
今の時期、ここで薔薇が見頃を迎えている
とか、りんどうが咲いている話、
今なぜか爆発的に人気が出ている
ある料理店の話、とか、
そんな明るい話題だけを
私はニュースで見聞きしたい。
というか
こういう話の方が
よっぽど伝える価値が
あると思う。
       
またこれは個人的意見だが、
日本人が日本と言う国を
もっと好きになるような話題を
伝えるコーナーを設けて欲しいと思う。
       
国立劇場では○月○日、
舞踊の公演が、
国立能楽堂では○月○日、
能と狂言の公演があります、とか、
来る7月1日から祇園祭始まるとか、
8月6〜8日、仙台七夕祭りだよとか、
阿波踊りが8月12〜15日開催、
有料演舞場チケットはここで、とか、
そういった
日本の伝統芸能や伝統行事を
伝えるコーナーがあるといいと思う。
       
       
とにかくね、
もう暗いだけのニュース
恐れを抱かせる為だけのような
ネガティブなニュース、
解決法が全く思いつかないような
絶望的な気分にさせられるような
ニュースには
「ノーモア!」と言いたい。
     
「絶望」から「希望」へ、
繋がるような、
「問題」から「解決」へ
繋がるような、
そういった、
勇気がもらえて、
明るい気持ちになるような
ニュースをもっと
見聞きしたいと思う。