読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

取り戻そう日本の美しさを

日本の美、日本の景観、日本人のこころ、日本らしさについて考えるブログです。

誰か「日本の里山」をテーマにしたランウェイ、ファッションショーをやって欲しい

日本のファッション

誰か

「日本の里山」をテーマにした

ファッションショー、

ランウェイショーを

やって欲しい、という話。

 

ファッションショー、

ランウェイショーというと

4大コレクションや

東京コレクションにあるように

「モード」

「モダン」

「都会的」

「未来的」

(フューチャリスティック)

といった印象が強い。

もちろんショーのテーマによっては

アフリカのサバンナだったり

海沿いのリゾートだったり

テーマは必ずしも「都会」ではないが

でもそういったテーマのショーでも

どこかに「都会的」、

「モード」な要素が

入っている印象を受ける。

そういった「リゾート」を

どう「都会的」「モード」に

落とし込むか、みたいな。

 

だから

「田舎」「里山

なんてのはそもそも

ファッションショーで

やるようなテーマじゃない!

そんなもんよそでやれ!

と言いたい人もいるだろう。

それは分かる。

 

しかし敢えてやって欲しい。

4大ではなくて、日本で。

東京コレクションで。

その都会の「東京」とは

まったく対照的な

ひなーーーびた

「日本の田舎」

「日本の里山」を

テーマにした服を

まず作って、

里山」の世界観を

前面に出したような

ショーを演出して欲しい。

 

「東京」、とは違う

「日本」の魅力、

世界的に見ても独特な

「日本の里山」の魅力を

ランウェイショーを通じて

世界に発表しては

もらえないだろうか。

 

田んぼでもいい、

麦畑でもいい、

段々畑や棚田でもいい

桑畑でも茶畑でもいい、

みかん畑でもいい、

じゃがいも畑でもいい、

小川でもいい、

藁葺き屋根の家の風景でもいい、

ホタルでもいい、

蛙の大合唱でもいい、

田植えの風景でもいい、

収穫の風景でもいい、

牛飼いでも乳搾りでもいい、

草むらでもいい、

家の中なら囲炉裏端でもいい、

縁側が出てきてもいい、

近くの小さい神社や祠が

出てきてもいい、

赤い鳥居が出てきてもいい、

道祖神が出てきてもいい、

そこで手を合わせてもいい、

なんかそういうの。

 

私は色が好きだから

すぐ色の話になるが、

東京のような都会が

モノトーンや

グレー、真っ白、黒、

vividな原色などが

似合うのに対して

里山

自然の多い場所であるから

茶色、緑色(深緑、黄緑)

土色、砂色、のような

土臭い色、

彩度明度の低めのアースカラー

ベージュ、煉瓦色、辛子色、

スグリーン、カーキ

といった色が似合うだろうか。

 

でもその辺は

デザイナーさんの裁量で、

里山だけど敢えてポップに、

原色などをふんだんに使ったって

良いかもしれない。

 

だけど

都会には都会の「格好良さ」

があるのに対して

里山には里山の「格好良さ」

がまた違った形で

あるような気がする。

ファッションショーだからといって

なんでもかんでも

里山でもなんでも

「都会的」「モード」に

落とし込んでは欲しく

なかったりする。

異質に映るかもしれないが

「ひなーーーーびた」まんま、

やったらどうなるだろうか。

 

ひなーーーびてはいるんだけど、

なんかとても「格好良い」。

そういうものは

ないだろうか。

 

私は常々思っていたのだ。

だいたいファッション誌は

「都会発」(=「東京発」)。

東京発ではない、

もっと田舎の地に似合ったような

それでいて格好良い、

「地方発」

「田舎発」「里山発」の

ファッション誌があったって

いいんじゃないかと。

地方は地方でも

地方都市でなくて。

都市でなく、田舎の。

 

だからまずは

ランウェイショーで発表して

ゆくゆくは

里山」をテーマにしたような

そして里山に暮らす女性や

男性のためのファッションを

雑誌やポータルサイトなどで

誰か、発信して欲しい。

(そう、いつも

「誰かやって」なのだ

 このブログは)

 

日本は

東京や大阪だけじゃないんだぞ!!!

 

日本は

田舎だって里山だって

畑だって田んぼだって

あるんだぞーーー!!!

 

でも変えて欲しいのは、

今までみたいに

「大量生産」

「大量消費」

「大量廃棄」じゃないって事。

 

そんなのは東京や首都圏

大都市圏だけの話で

終わらせて欲しい。

っていうか

もう日本で終了して欲しい。

 

そうではなくて、

ファッションなんだけど、

毎年毎年目まぐるしく

流行が変わったり

するんじゃなくて、

そういうのもあってもいいけれど

それだけではなくて、

一つアイテムを手に入れたら

長〜〜く大切〜に使う、

長ーーく色あせることなく

格好良く着こなす。

そういった洋服の使われ方に

シフトしていって欲しい。

多少擦り切れてもレストアして使い、

その擦り切れさえも味わう。

そんな感じ。

 

都会だけでなく、

田舎の男性女性も格好良い、

それぞれの土地の

それぞれの格好良さが存在する、

そんな感じになって欲しい。

日本が

そんな感じになっていって欲しい。