読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

取り戻そう日本の美しさを

日本の美、日本の景観、日本人のこころ、日本らしさについて考えるブログです。

人生の調味料は失敗と対人関係トラブル(怨憎会苦)と知識と修行か

わたしごと 日本人のメンタリティ

今週のお題

「調味料」との事なので、

書いてみる。

 

人生における調味料。

その人の味を深くする調味料。

それはもしかしたら

失敗の数々と

対人関係トラブルの数々と

少しの知識、

数々の修行

なのかなあなどと

考えてみる。

 

ついこの間も失敗をしてしまった。

とても目上の方に

大変失礼な事を

申し上げてしまった。

私は冗談のつもりだった。

その方も、

少しの冗談なら

逆にウケてくれるのではと思って

冗談のつもりで

ちょっとつっこんだ事を

言ってしまった。

その方から直接

ダメ出しされた訳ではないけれど

多分あれは失敗だった。

次回お会いしたら

お詫びしなければならない。

 

こんな感じで

私の人生は失敗の連続。

でもきっとこれは

私だけではなくて

多分ほとんどの人が

失敗を経験しているだろう。

というか

失敗を経験しない人なんて

いるのだろうか。

 

私の人生の

はっきりとした失敗は

高校時代からだ。

自分の意思をはっきり

持つべきなのに

持たなかったから、

入りたくもない部活に入り

時間を無駄にした。

本当はしたかった勉強も

そのせいでおろそかになった。

大学だってそうだ。

やめりゃよかったのに

サークル活動に変に没頭、

本業の勉強がおろそかになった。

あそこで(高校と大学で)

本業の勉強にきちんと

取り組んでいれば

今頃もうちっと

マシな経歴を積めただろう。

社会人になってもそうだ。

ある人に誘われて

とある社会人サークルに

入ってしまったのが運の尽き。

陰湿なサークルの人間関係に

ハマる事になる。

なぜそのサークルを

無駄に続けてしまったのかというと

とても魅力的な方がいたから。

恋愛対象という事ではなくて

その方の人間的な魅力に

魅入られたからだ。

でも今は思う。

そのサークルに費やす時間を

本当に本当に

心の底からやりたかった事に

なぜ専念しなかったのかと。

半分は後悔している。

 

しかし、半分は・・・。

 

その半分。

いやしかし、

これらの

「一見無駄な時間」は

様々な人を知る

とっても貴重な時間だった

とも後で振り返ると

そう思えてくる。

幾つかのサークルに入った為に

私は、そりゃ

人に比べたら大したことない

数かもしれないが

それでも多くの人を

知ることが出来た。

 

「みんな違って

 みんないい」

という言葉がある。

私はその通りだと思うし、

私の座右の銘

一つとなっている。

今まで出会った人すべてが

違っていた。

体が違えば

その人の考え方、信条、

好み(服、色、食べ物)、

驚く程違ってくる。

その違いを知る事が出来たのは

とても貴重な経験だった。

 

中には

私には絶対許せないような事を

平気でするような人にも

数多く出会ってきた。

私にとっては

頭に血が登る程許せない事が、

その人にとっては

「ほんの冗談」だったりする。

ちなみに

私の嫌いな人は次の5つ。

1.いじめを行う人。

2.陰口、噂話を平気でする人。

3.必要以上にお節介で

 他人の領域に精神的に

 ズカズカ踏み込んでくる人。

4.競争が好きな人、

 No.1が好きな人、

 すぐ人と比べる人。

5.すぐに人の真似をする人。

この上記の5つを平気で

行う人には私は閉口するが、

まるで「呼吸をするかのように」、

人の悪口や噂話をする人もいる。

そしてそれがなぜか

「憎めない」と思わせてしまう

ような人もいたりする。

 

少々脱線したが

そう、

嫌いな人と対面する事、

つまり怨憎会苦

人生の調味料と成り得る。

これが人生の中で

多いか少ないかで、

また対人トラブルが

多いか少ないかで

その人の人生の深みは

違ってくるような気もする。

あ、だからといって

もともと

性格が良い人で

その人格の良さで

対人トラブルに遭う必要の無い

人だっているから

別に対人トラブルが多い人が

良い人とは一概には言えないが。

対人トラブルは

その人の人に対する接し方が

悪いせいで

自ら招いてしまうような

自業自得の人も

いたりするからねー。

 

話は戻って失敗について。

国民誰もが知っているような

アスリートなどだって、

おそらく数々の失敗を

積み重ねてきた筈だ。

もちろん、素質、才能も

あっただろう。

他の人よりも

めきめきと上達して

みんなが羨むようなポストに

ついていったのだろう。

でもそんな人だって、

いろいろな事を

積み重ねてきている。

もちろん

失敗だって

積み重ねてきているだろう。

成功体験ももちろん必要だが

数々の失敗の積み重ねが

その人を作ってきたかもしれない。

 

だからきっと

失敗を恐れてはいけないんだね。

失敗を重ねて

多分人は成長していくんだね。

 

私自身も

上に書いた事で言うと

もし、高校時代に

部活に入らないで

勉強ばかりしていました。

大学でもサークルに入らず

ひたすら勉強してました。

社会人になっても

休日は人に会わずに

勉強してました。

もちろん勉学は習得できるだろうし

成績も良くなるだろうし

希望の進路に進む事は

出来ただろう。

しかし、

それはそれで

人生において

何か大事なものを

置き去りにしてしまっては

いなかっただろうかと

後になって

はっと気づく事に

なったかもしれない。

だとすれば

今私は社会的地位的には

うだつが上がらない

かもしれないが、

ちっとは人の気持ち一つも

少しだけでも分かるような

マシな人にはなれたのではないか、

自分の事を持ち上げるのもなんだが

そんな気もしなくはない。

だからといって

私は対人スキルがまだまだだが。

でも何も無駄な時間を過ごさなかった

よりかは良かったのかもしれない。

 

一見無駄な事も

実は重要な

その人の人生にとっての

糧になっているかもしれない。

 

もちろん

対人関係や失敗以外も、

本などを読んで

知識を積み重ねていく事も、

禅宗の僧のように

毎日毎日の生活を

きちんとこなす、

仕事をするといった修行、

 また技能の習得の修行も

その人の人生の調味料と

なっていくだろうと思う。

 

以上雑記でした。

今日はまとまりが無いな。