読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

取り戻そう日本の美しさを

日本の美、日本の景観、日本人のこころ、日本らしさについて考えるブログです。

「忙しい」というのは本当に良い事なのか

わたしごと 日本人のメンタリティ

「忙しくしている」。

こう言うと、

なんかとても

イケてる感がある。

リア充という言葉もある。

有意義な一日、というと

一日の間に

とても沢山の事を

こなしたという

とても良い日の事を指す。

 

「一日のうちに

 なるべく沢山の事を

 した方がいい。」、

これが何となく

常識な感じに

なっているようだ。

 

私は長い間、

この事に対して

疑問を持っていた。

果たしてそれは本当なのか?と。

 

で、今私は

やりたい事ならしてもいいが

それ以外は

努めて暇にするようにした。

つまり

何もしない時間を

敢えて作るようにした。

何もしない時間

=ボーっとする時間だ。

 

結果、どうなったか。

不思議と以前よりも格段に

日々の充実感が増した。

努めて色々な事をしようと

頑張っていた時よりもだ。

 

 

今回は

何もしない時間を敢えて作る

おすすめをしたい。

 

 

私の場合、

何もしない時間を

努めて作った結果、

2つの効果が得られた。

 

1つは、

何かをした時に、

以前よりも増して、

その「取り組んでいる事」に

集中できるようになった事。

 

2つ目は、

何もしない時に

「気づき」、

インスピレーションを

より受け取りやすくなった事だ。

 

まずは1つ目の話から。

ここからは少し私事。

以前にも書いた気がするが、

私は以前ある社会人サークルに

入っていた事があった。

そこで私は居心地の悪い思いをした。

いじめに遭った。

いや、周りの人はいじめだと

思っていないかもしれないし

いじめた自覚もないだろう。

しかし私はいじめと受け取った。

少し前までは私は

いじめた加害者だけが悪いと

思って疑っていなかった。

確かに悪かっただろう。

全く悪くなかった訳ではない。

 

しかし、今思うと、

私も悪かった。

何が悪かったかというと、

私はそのサークルで

取り組むべき事に

しっかり集中して

取り組んでいなかった事だ。

それは周りに迷惑をかける事に

つながった。

これは大きな事だ。

取り組むべき事に

取り組まなかったら、

良い結果は出ない。

当たり前の事なのだが、

当時の私はそれを軽視した。

もっと腰を落ち着けて、

その事にじっくり集中して

取り組むべきだったのだ。

そうすればもっと

その事一つ一つに対して

取り組む事に愛着が生まれ、

ますますやる気が出て

結果につながったかもしれない。

そして実は

私のやっている中途半端な事が

迷惑をかけている事に

気付けたかもしれない。

私は全然気づいていなかった。

そして当時、私はもっと

あまり色々な事に

手を広げずに、

サークル活動以外は

休みをもっと

取るべきだった。

 

でもそれ以上に

重要な事がある。

その当時、本当は

私はどうするべきだったか。

そう、そのサークルを

早々に抜けるべきだったのだ。

何故ならそのサークルで

行っている事は、

突き詰めると

私が本当にやりたい事では

なかったからだ。

 

そこで2つ目の話になるが、

当時私がもっと

努めてボーっとする習慣を

持っていれば、

その事に対する

気づき、インスピレーションを

もっと早くに

得られた可能性がある。

「私は今現在迷惑をかけている。

 私はきちんと取り組んでいない。

 私は本当はこの事を

 やりたがっていない。

 私は本当はこのサークルから

 抜け出て、他の

 もっとやりたい事を

 早々に始めるべきだ。」

という気づきだ。

 

 

忙しくしている、

というのは表面的には

充実しているように

聞こえるが、

みんな本当に

充実感を感じて

忙しくしているだろうか。

 

仕事と、

あとは本当にやりたい事

だけをやっていて

忙しくしていて

充実しているならいい。

でも、闇雲に

忙しくしているだけ

というのはどこかで

虚しさを覚えるように

なっていかないか。

 

また、

「忙」という字は

「心を亡くす」

という字だ。

息つく暇も無い程

忙しくしていると、

心を落ち着ける暇が無く

心の声、気づき、

インスピレーションを

得る暇も無い、

という事になる。

 

 

実はまさにそれを

狙っている連中が存在する。

闇の連中、イルちゃん達だ。

そいつらがまさに

「忙しい事は素晴らしい、

 良い事だ!」という思想を

世の中に

普及させた張本人だ。

 

私達一般ピープル

その思想の普及に今現在、

まんまとはまっているのだ。

彼らはうまーーく

その思想の普及をさりげなく

やってのけた。

あまりのさりげなさに

普及を受けた一般ピープル

いつどこから

その思想が入ってきて

なぜ受け入れているのかも

分からない程だ。

気づくと

「忙しいは良い、

 暇人は悪い」という

思想以外の思想も誰も

思いつかない程になった。

 

そう、「暇人は悪い」。

これも重要なキーワードだ。

 

本当はどうなのか。

正解を言おう。

「んなこたーない」。

 

暇人、何っっっにも

悪くない。

誰かに迷惑掛けている訳でも

なんでもない。

本当は、別に暇してたって

いいんだよ。

 

いや、逆に

時には暇にしてて、

頭を空っぽにして

心の声、気づき、

インスピレーションを

受けて生きた方が、

よっぽど良いのだ本当は!!

 

では実際は

どういう事になっているのか。

 

暇にしていると良いという事を

気づかれたくないのだ彼らは。

なぜなら暇にしていて

頭を空っぽにして

心の声、気づき、

インスピレーションを

得られるように

一般ピープルがなってしまったら

彼らには

「都合が悪い」からだ!

 

だから、

「暇人は悪い」という

デマゴーグを巧妙に流し、

一般ピープル

インスピレーションを

受けさせないように

「忙しいは良い、最良だ」

というデマゴーグ

巧妙に流し込んで、

それがカッコイイという

風潮を作ったのだ。

 

 

人間は本当は

とても凄い能力を

隠し持っている。

一般的に「超能力」と

言われるやつだ。

実は普通の人間も

超能力は潜在的に

持っているのだ。

 

しかし今、

ほとんどの地球上の人間は

その能力を使えていない。

超能力で最も重要なのは

テレパシー能力だ。

守護霊や体を持たない意識体の

(早く行っちゃえば霊の)

思っている事を

テレパシーで受け取る能力だ。

実は地球以外の他の惑星では

ほとんどの人間は

(あ、地球外にも人間いるからね)

言葉の発音なんかではなく、

テレパシーでやりとりをする

というのが一般的だ。

地球ぐらいだ。

テレパシーが通じないのは。

だから、誰が何を思っているのか

すべてお見通しなのが

地球以外の社会の実情らしい。

 

地球人がテレパシー能力を

普通に使えるようになると

まず、自分に付いていてくれる

ハイヤーセルフ(守護霊さん)

とテレパシーで

やりとりができる。

最近、やりとり出来る人が

増えてきているね。

 

そして、今、地球の周りには

沢山の地球外の人たちが

宇宙船に乗ってきて

やって来ているのだが、

(その人たちは肉体を持たない)

その人たちと思想の

やりとりができる。

これも今、多くの地球人が

できるようになっていて

それがチャネリングメッセージ

として少しずつ

広まってきている。

 

この、

「地球人一般ピープルによる

 地球外の人たちとの

 テレパシーのやりとり」。

これが「彼ら」が

いっっちばん、

恐れている事なのだ。

 

 

地球人一般ピープル

ハイヤーセルフや

地球外人とのやりとりが

できるようになるには

どうしたらいいか。

 

それが、

「努めて暇でいる」

→「頭を空にする」

→「心を平静にクリアに保つ」

事なのだ。

もっと言うと

「高波動な精神状態でいる」

事も重要だ。

高波動とはどのような状態か。

心の中がクリアで

絶対的平和な状態だ。

 

この状態は

訓練すれば一般ピープルでも

出来るようになるらしい。

それには、

・事件や戦争などの

 ニュース、サスペンスや

 ガヤガヤしたテレビを見ない。

・忙しくしない。

・人間関係を平常に保つ、

 嫌な人からは離れる

・何もしない、

 何も考えない時間を持つ

事が重要だそうだ。

 

上記挙げたポイントは

「彼ら」が絶対に

一般ピープルにやって欲しくない

事柄たちでもある。

だから彼らは

努めて、

・テレビという洗脳機関を使って

 ネガティブなニュースを流す。

 ガヤガヤしたバラエティ番組や

 サスペンス刑事ドラマを流す。

・「人間関係を壊す」ような内容

 (嫁姑、隣人の争い)の

 テレビ番組を流しまくる

・「忙しいは最良でカッコイイ」

 という思想を普及させる

・超能力、テレパシーなんてのは

 普通の人は使えない、という

 思想を普及させる

・宇宙人なんて存在しない、

 宇宙人を信じてる奴はアホ

 という思想を普及させる

という事を

地球人類に対して行って、

なんとか、なんとか、なんとか、

地球人がテレパシー能力を持って

地球外人とつながったり

ハイヤーセルフとつながったり

するのを防ぐ事に

躍起になっている。

 

そう、宇宙人は

存在するのかしないのか、

なんてテレビでやってるが、

いるに決まってんだからね。

地球外人なんて

いない方がおかしい。

あれはメディアが

地球外人が当たり前に居る事を

ひたひた、ひた隠しに

隠蔽しているだけ。

で、「宇宙人信じてる奴はバカ」

という思想もデマゴーグで、

あれも「宇宙人存在を信じる」人が

増えてもらっちゃ困るから

そういう思想を流しているだけだからね。

 

地球人一般ピープル

地球外人とつながって、

何が嫌かって。

それは「彼ら」が

今まで地球に対して

地球人一般ピープルに対して

行ってきた様々な悪事が

バレる事が一番嫌なのだ。

 

詐欺みたいな金融システムもそう。

自分たちは搾取だけして

一般ピープルを檻に閉じ込めて

働かせるだけ働かせ

貧しい暮らししかできなく

なるようにした

システムを作ったのもそう。

わざとネガティブな情報を

テレビという洗脳機関で

流しまくって地球人の

意識上昇を阻害したのもそう。

もっと言うと

遺伝子操作で

地球人の遺伝子が12本もあったのを

2本だけに操作して

地球人の能力を貶めたのもそう。

これらの情報は今

陰謀論」として扱われているが

これもこれからは

地球人一般ピープルの中で

常識となっていくだろう。

 

「忙しくしない」で、

「頭を空に」して、

「忙しさから解放され」、

心の声、

そして地球外人からの

メッセージを

インスピレーションという形で

テレパシーで

一般ピープル

どんどん受け取ろう!

受け取っていいんだよ。

まあ、私はまだ出来ないけど。

 

インスピレーション。

あ、これやんなきゃ、とか。

あ、こうすればいいんだ!とか。

これも立派な

ハイヤーセルフや地球外人との

テレパシーのやりとりだ。

インスピレーションを受け取る、

というのはこれからの

地球人一般ピープルにとって

とても重要な事に

なってくるだろうと思う。

 

そうだ、京都に行こう、

じゃなくて、

そうだ、暇になろう!

 

そうだ、

何もしないをしよう!

 

そうだ、

頭空っぽにしよう!

 

そうだ、

心に絶対的平和を保とう!

 

そうだ、

心を平静にして

インスピレーションを

受け取ろう!

 

そうだ、

心を平静にして

地球外人、ハイヤーセルフからの

言葉を受け取ろう!