読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

取り戻そう日本の美しさを

日本の美、日本の景観、日本人のこころ、日本らしさについて考えるブログです。

ベージュ色か土色の、レトロでかわいい軽トラ(軽トラック)があるといいのに

景観は環境! 日本のデザイン

ベージュか土色の

レトロな感じの

かわいい軽トラ

(軽トラック)が

あるといいのに。

 

軽トラって

あまり欧米には

ないらしいね。

日本独自らしい。

 

軽トラというと

白がほとんど。

だけど、

土色や緑色の

里山や農村に

白い軽トラ。

その白が浮いて見える。

かわいいっちゃ

かわいいんだけど、

白はやっぱり

なんか浮きすぎ。

 

せっかくならば

その里山や農村に

マッチするように

軽トラの色も

調和するような色を

デフォルトとした方が

いいのではないか。

 

私は軽トラは

デフォルトの色は

白でなく土色が

良いと思う。

または、

ベージュを

デフォルトとするとか。

 

彩度は

あまりないほうがいい。

そしてあまり

明るすぎない方がいい。

ぼんやりした感じがいい。

ぼんやり、というよりは

柔らかでふんわりした感じ。

白みたいにきつくない。

ほっこり、と言えばいいか。

ほっこり、いいね。

ほっこり、土色。

ほっこり、ベージュ。

緑系を追加するならば、

ほっこり、抹茶色。

(日本の色で言うと

「鶸茶」。低彩度で

 低明度の鈍い黄緑)

 

そして、車のデザイン。

どうせなら、

レトロなデザインに

してはどうか。

角ばっているより、

全体的にちょっと

丸みを帯びていた方が

かわいらしくて良さそう。

となりのトトロ

出てきてもおかしくない

ような感じのデザインが

理想だなあ。

 

こんな色やデザインの

レトロかわいい

軽トラが日本の里山

農村や田んぼ道を

走っていたら、

ほっこりしてて

かわいいのになあ。

そして

このデザインと色の

軽トラなら

里山農村田んぼの

景観と調和して、

日本の里山農村の

風景がますます

魅力的に映るのでは

ないかと考える。

 

日本で就農する人、

これから増えていくだろうか。

若い世代で

都会暮らしではなく

田舎で生活したい

という人の割合が

増えているのだそうだ。

ということは、

就農を考えている人も

一頃よりも

増加しているのだろうか。

だとするならば

ちょっと未来は明るい

かもしれない。

 

そんな若い世代で

これから就農という

人達にも

里山農村に調和した

レトロかわいい軽トラは

ウケるのではないか。

または、

「このかわいい軽トラに

 乗ってみたいから

 就農する」

なんてのも

ひとつのきっかけに

なりえるかもしれない。

 

だからといって

若い世代を

ターゲットにして

変な奇抜な色の

軽トラとか

売っちゃだめだぞ。

若い女子向けに

ホットピンクとか

ダメだからねーー。

 

若い女子向けならば

せめて低彩度で

ふんわりした

「曙色」ぐらいに

して欲しいものだ。

 

あと若い男性向けでも

原色の黄色とか

ロイヤルブルーとか

やめてくれよーー。

せめて黒とか紺とか

にとどめて欲しい。

あと、よくあるのは

シルバーだけど、

里山の風景に

シルバーは合わないと思う。

せめて同じ金属色なら

鈍いゴールドか、

ブロンズ色に

してほしい。

 

そうだなー、

レトロかわいい軽トラの

色のラインナップとしては

・ベージュ(砥粉色)(デフォルト)

・土色(弁柄色)

・抹茶色(鶸茶色)

・黒色

・紺色(御納戸色)

・曙色

・えんじ色

・ブロンズ色(キラ入り)

とかかなあ。

 

といって、

また色の話に

なってしまった。