読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

取り戻そう日本の美しさを

日本の美、日本の景観、日本人のこころ、日本らしさについて考えるブログです。

女子高生の制服は、どんなカバンやリュックでも合うようにシンプルなデザインにしたら?

日本のファッション

女子高生の制服は、

どんなカバンやリュックにも

コーディネート的に合うよう

ごくごくシンプルなデザイン、

ベーシックな色のものに

したらどうか、の話。

 

女子高生のカバンは、

校則が厳しい学校だと

指定のものが決まってて

それ以外は使えない

という所も多いみたい。

 

でも、女子高でも

カバンが自由な学校も

あったりして、

そういう学校の生徒は

とてもハデハデな

大きめのリュックを

ショルダーストラップを

長ーく長ーくして

(これ流行りみたいね☆)

背負ってたりしている。

 

上の、カバンが指定の学校は

いいんだよ。

どんなデザインの制服でも。

カバンがシンプルだから。

 

でも、カバンが自由な学校の

制服に関しては、

どんなカバンを持っても

いいようにちょっと

制服のデザインも

考えた方が良さそうだ。

 

もうあれだ。

ごくごくシンプルな

ものにしてはどうか。

 

スカートとかブレザーを

あんなチェック柄なんかに

しないで、潔く無地!

そしてさあ、

上下無地のワンピースに

しちゃったらどうか。

もう、色も潔く、

グレージュの無地!とか

紺色の無地!とか、

ちょっとおしゃれに

したいならば

ピンクベージュとか

ヌーディピンクの

(要は肌色)無地!

とか、どうよ。

グレーは、基本的に

春タイプの日本人女性の

肌の色には合わないから

ちょっとNGかな。

 

形は、丈はミモレ丈、

夏はフレンチスリーブ。

襟はなく、ノーカラーで、

襟ぐりは、気持ち

ボートネックな感じ。

冬はまあ、長袖かな。

トップとボトムの切り替えは

まったくなく、

本当にすらっとした

ワンピース。

 

このくらい

シンプルなものにすれば、

どんなハデハデな

リュックを背負っても

コーディネート的に

リュックも引き立つし

全体的にバランスが

取れそうだ。

 

素材に関しては、

例えば夏は、

気軽に洗濯できるような

比較的薄手の

ジャージー素材のものを

3、4着支給する。

1、2日着たら、すぐ洗濯。

 

冬は、少し厚手の

やはりジャージー素材で

3着ぐらい支給かな。

やっぱり家の洗濯機で

洗濯できる方が良いよね。

 

靴は普通にローファー。

ハルタの黒ローファーとか。

そして靴下は夏は、

短い靴下でもいいし、

冬は黒タイツでもいい。

 

冬のコートは

ちょっと厚手で

ライナーが付いている

紺色の無地の

トレンチコートとか。

春、秋、冬着れるやつ。

 

そんな感じで

どうでしょうね?