読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

取り戻そう日本の美しさを

日本の美、日本の景観、日本人のこころ、日本らしさについて考えるブログです。

新国立競技場は、どこか日本、和の雰囲気を出して欲しい。

日本のデザイン 景観は環境!

2020年東京五輪に向け、

ゼロベースから

考え直すのなら、

新国立競技場

どこか日本、和の

雰囲気を出して欲しい。

 

私の希望は、

やはり新国立競技場

日本人の建築家に

設計してもらう事。

 

そして、

競技場の所々に、

和の要素、

日本だ、と思わせる要素を

随所に入れてくれたら

とても嬉しい。

 

競技場の中身は

基本的には

一般的なもので良いけど

外観は特に、

「ここは日本」という

ものであって欲しい。

変な、近未来的な

デザインじゃなくて。

未来的でもいいんだけど

和です!って感じに

ならないかな。

 

別に屋根を瓦葺に

しなきゃだめとか

言ってる訳じゃない。

そこまでしなくていいんだけど

どこかに竹や木の要素、

または、

日本を象徴するような要素が

あるといいな。

もちろん

ローコストで

あって欲しいけど。

 

まあ、やっぱり

「和モダン」な感じかな。

競技場で、

完全に日本建築なんて

不可能だろうから。

 

冗談だけど

外観、寺社建築みたいに

なってたりして。

そんなのは無理だよね。

でもどこかにその

寺社建築な要素が

外観の一部でいいから

作れないだろうか。

 

競技場の中の売店などは

ちょっと日本建築を

思わせるような感じで

「茶屋」って感じに

なったりしないかな。

で、自販機の塗装は、

木目ベース。

フードコートがあるならば

やっぱり和食中心で、

そばうどん、牛丼、

カツ丼、お好み焼きの

美味しい店が

入って欲しい。

ラーメンも。

「青葉」とか

入らないかな。

 

あと、観客席の椅子は

日本の日の丸のような

「赤」をベースにした

色にならないかな。

真っ赤じゃなくて、

ちょっと落ち着いた赤。

数色使うのならば、

昨日発表された

今回の2020年五輪の

エンブレムみたいに、

「赤」「金」「銀」

あたりを主力にした

カラーを観客席に使うとか。

 

競技場全体も

赤・金・銀を

所々に配したような

カラーリングにして

まとめてはどうだろう。

 

競技場のトラックも

最近、新しいのだと

青いトラックとか

あるけれども

そうじゃなくて、

日本らしく

赤をベースにした色がいい。

よくあるテラコッタで

いいんじゃないかな。

間違っても

青にだけはしないで欲しい。

ちょっとゴージャスに、

落ち着いた金色のような

色のトラックなんて

どうだろう。

 

具体的に競技場の中の

どこ、とは言えないんだけど

というか

思い浮かばないんだけど、

外国人はニンジャが好きで、

日本といえば

サムライやニンジャが

思い浮かぶのだろうから、

競技場の所々に

侍、忍者のモチーフを

入れてもいいかもしれない。

なんか、ドアノブや

水道の蛇口が

手裏剣の形、とか。

 

で、競技場の中で働く

スタッフの制服は

作務衣みたいに

ならないかな。

受付の人は紬の着物とか。

だめかな。

でもブレザー一辺倒だと

なんかつまらないな。

 

周囲に植物を

入れるのならば、

やはり日本の木や

花を植えて欲しい。

 

妄想を

膨らませるだけ

膨らませる

著者なのでありました。

 

でもやっぱり

新国立競技場

「和」がいいよ。