読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

取り戻そう日本の美しさを

日本の美、日本の景観、日本人のこころ、日本らしさについて考えるブログです。

海外有名美術作品の来日展より、日展や伝統工芸展の方が、もっと日本で大切にされて良いと思う。

わたしごと 日本のデザイン

お題「印象に残っている展覧会」

 

印象に残っている展覧会

といえば

やはり日展

 

いつも思うけれど

あのボリュームはすごい。

 

私なんか素人だから

どの絵がどう良い

というのは

いまいち正直分からない。

なんだけども

やはり内閣総理大臣賞とか

特選に選ばれているものは

別格のオーラを纏っている

感じがする。

 

そんなに東京の近くには

住んでいないものだから

日展期間中に

そんなに足繁く

通う事はできないから

一回の開催で

私が見るのは一日のみ。

 

あんまり沢山あるから

見疲れてしまうのが

毎回の事。

だから最近は

ジャンルを絞る

事にした。

日本画と工芸と書。

この3つだけ。

それでも毎回

見切れなかった感がある。

 

日本画

これいいなあ、と

思うものがあって、

また見に来ようと思う。

しかし他の工芸や書を

回ると疲れてしまい、

もう見る気力が

失われてしまう。

あれなんとかならんか。

好きな絵を

もう一回見に来られる

気力体力を

なんとか取っておきたい

ものである。

 

都内でよく行われる

コンサート、そして

美術の展覧会。

あちこちで催されるの

を目の当たりにする時のみ、

都心に住んでみたいと

思ったりする。

または頻繁に行き来できる

気力体力と経済力を

持ちたいものだなと

思ったりする。

 

日展に話を戻す。

日展のすごいと思う所は

やはり「日本」が

よく表れている所

なんじゃないかと思う。

そういう意味で

日本人必見!と思うし、

外国人の人が

日本に遊びに来た時に

真っ先に見せてあげたい

展覧会だなと思う。