読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

取り戻そう日本の美しさを

日本の美、日本の景観、日本人のこころ、日本らしさについて考えるブログです。

日本人男性はスーツ姿の時、シャツは真っ白ではなくてアイボリーをデフォルトにした方が良いと思う--日本人男性モテスーツ考、その2--

日本のファッション

日本人男性は

スーツ姿の時、

シャツは真っ白ではなく

アイボリーをデフォルトに

した方が良いと思う。

 

スーツというのは

もともと欧米のもので、

それをそのまま

アジア人なども

ほんとにそのまんま

着るようになった。

 

だけど

欧米人とアジア人は

肌の色のタイプが

全く違うので

私は「アレンジ」が

必要だと思う。

つまり、

欧米発のスーツであろうとも

欧米の着方そのまんま

ではなく、

アジア流の着方を

作るべきだと思う。

 

その一つとして

色の調和を図る事が

まず必要と思う。

 

すんごいざっくりした話だが

日本人男性の多くは

私は春夏秋冬の

パーソナルカラーでは

「秋」だと思う。

「秋」というのは

イエローベースで

割と濃いめの肌のタイプ。

 

欧米人は「冬」か「夏」。

 これらはブルーベース

 

欧米は

ブルーベースの文化、

だと思う。

だからシャツだって、

白を基本にするし、

そうでなければ、

ブルー、青が

ベーシックカラーだ。

あれはおそらく、

彼らがブルーベースだから

成り立ったんだと思う。

 

だけどその

スーツの文化がもし

アジアで始まったならば

多分シャツの色も

基本色は違っていただろう

と思われる。

 

当然真っ白は使われないし、

青なんて使ったら

イエローベースのアジア人は

顔が不健康に見えてしまう。

事実、日本人男性の多く、

ブルーのシャツを着ると

顔色が悪く映って

不健康そうに見える。

極私的な見解だが、

私は日本人男性は

ブルーのシャツを

ヤメた方が良いと思う。

そして、

基本の色である真っ白も。

 

真っ白ではなくて

アイボリーに

すべきだろうと思う。

 

今、アイボリーのシャツも

少しずつ見られるように

なってきた。

とても良い事だと思う。

 

 スーツ姿の日本人男性を

見ていると、

やはり真っ白よりも

アイボリーのシャツの方が

顔の映りが良く、

健康的に見える。

 

私は、

もっと普及させて

日本の中では

アイボリーを

「一番の基本色」と

定めてしまっても

良いように思う。

 

しかしこれは

多少強引な論。

もちろん

日本人男性の中にも

ブルーベースの方は

いらっしゃるから、

きちんと判断してからの

方が良いのだが。

 

手っ取り早いのは

「顔の赤み」。

この顔の赤みは、

結構分かれる。

顔の赤みが、

ややオレンジ寄りの人は

イエローベースであり、

白よりもアイボリーが

フィットする。

やや赤紫寄りの人は

ブルーベース

入っている人で、

その場合は、

アイボリーよりも

白の方が、

そしてブルーのシャツも

フィットする。

 

顔の赤みが赤紫色の場合は

既存のスーツの

カラーコーディネートで

良いと思う。

 

ここからは

顔の赤みがオレンジ寄りの

イエローベースの人の

スーツのカラーを

見ていく。

 

アイボリーをシャツの

基本色にするのだから、

当然ジャケットと

パンツの色も

考えないといけない。

 

数十年前には基本色だった

紺色は、

アイボリーのシャツには

ちょっと合わない。

やはり合うのは

今、結構基本色に

なっているような

チャコールグレーが

良いだろうと思う。

また、さらに

チャコールグレーに

少しくブラウン、

茶色が混じっている

タイプのチャコールだと

なお良いだろう。

このタイプも

結構メジャーに

なってきているようだ。

 

アイボリーのシャツには

少し茶色が入ったタイプの

チャコールグレー、

これを基本としたら

良いだろうと思う。

 

だから

結婚式とかで着る正装も

ちょっと考えた方が

良いと思う。

黒のスーツは

しょうがないから

そのままとして

(個人的には

 それもアレンジして

 限りなく黒に近い

 茶色が入った

 チャコールグレーが

 丁度良いと思うんだけど。

 あーでも

 日本人は黒髪だから

 黒でも別にいいのかー

 なんかもう

 なんでもいいや)

その時もシャツとネクタイは

真っ白じゃなくて

アイボリーをデフォルトに

日本人の場合は

した方がいいんじゃないかなーと

個人的には思うんだよねー。

その方が日本人男性は

健康的な肌写りになるし

魅力的に映るよ。

 

続いて、ネクタイ。

これは結構、

日本においては

「四季」が

関係してくるらしいので

季節によっては

「この色は使えない」

とかあるらしい。

しかし私は

これも極私的意見に

なってしまうが、

どの季節においても

「イエローベース」は

忘れてはならないように

思われる。

 

まずNGカラー。

原色の水色、ピンク。

そして原色の青。

これはどんな季節でも

ヤメた方が良いと思う。

 

また、どの色でも

彩度の強すぎる原色は

日本人には強すぎる。

ヤメた方が良いだろう。

アメリカ人がよく

身につけてる真っ赤とか

そのまんま日本人が

やったとしても

合わないから

真似しない方が良い。

 

ずばり日本人男性の

ネクタイの基本色は

レンガ色、濃赤色

とした方が

良いと思う。

つまり「秋」タイプの

色を持って来れば良い。

 

他には、

・ベージュ

・深緑

・からし色

・紺色

・茶色

・アイボリー

・キャメル

・深紫色

・えんじ色

あたりか。

トーンでいうと

・ダルトーン

グレイッシュトーン

・ダークグレイッシュ

・ダークトーン

・ソフトトーン

・ライトグレイッシュ

あたり。

ディープトーンも

まあ大丈夫かな。

 

NGカラーも挙げると

・グレー

・シルバー

・真っ白

・藤色

・ピンク

・水色

・赤紫

・パステルカラーの類

・原色(彩度が高い色)

あたり。

トーンでいうと

・ヴィヴィッドトーン

・ストロングトーン

・ペールトーン

・ライトトーン

・ブライトトーン

あたりか。

 

ネクタイは

季節感が重要らしいので

書いてみる。

そうすると

イエローベースの人にとって

多分得意な季節は

「秋」なんだろうと思う。

「秋の色」は多分

なんでも大丈夫な筈。

 

問題はそれ以外。

例えば春は

多分パステルカラー、

そして黄緑などが

使われやすいのだろうけど

秋タイプの人は

少しグレイッシュな色に

した方が良さそう。

黄緑も原色ではなく

柔らかい黄緑。

黄色にしても

明るすぎたり

淡すぎたりする黄色より

ちょっと彩度明度が低めの

落ち着いた色が良い。

あと桜色とかも

ヤメタ方がいいね。

これも少しソフトトーン

にして落ち着かせた

方が良さそうだ。

 

夏。これは厄介。

ここで多分、

原色のピンクとか

原色の水色とかが

使われるんだろうけど

そうじゃなくて、

秋タイプの人は

ピンクの代わりに

明度彩度低めの

コーラルを使ったり、

水色の代わりに

これも明度彩度低めの

青磁色を使ったり

つまり少し緑に近い

水色にしたりして

調和を図った方が良い。

 

冬。

多分紺色やシルバー、

グレイ、紫あたりが

出てくるんだろうけど

紺色は彩度が高い

強い紺色は選ばずに

彩度が低い鈍い紺色、

紫も深紫色、

グレイ.....。

グレイはちょっと

茶色を混ぜたような

グレージュが良いだろう。

シルバー....。うーん。

ゴールドにすれば?

と個人的には思う。

そのゴールドも、

強いヤツじゃなくて

少しブロンズめの

ゴールドだなあ。

 

そんな感じだね〜。

久々に色の話でした。

 

最後に言いたいのは、

だから、

あなたがもし

顔の赤みがオレンジ寄りで

お手持ちのスーツが

チャコールグレーならば

もしスーツの時の

シャツを買おうと

店に入った時、

真っ白のシャツの他に

アイボリー色のシャツが

並んでいたならば

いつものように

真っ白一直線で

買ってしまうのではなく、

ぜひそのアイボリーも

手に取ってみて、

真っ白のシャツと

アイボリーのシャツを

鏡を見て

両方顔に合わせてみて

顔色がどちらが

良く映るか見比べて

みて欲しい。

そして出来ることなら

アイボリーのシャツも一つ、

手に入れてみて欲しい。