読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

取り戻そう日本の美しさを

日本の美、日本の景観、日本人のこころ、日本らしさについて考えるブログです。

「日本らしさ」「日本風」「和風」をテーマにしたインテリアや部屋づくりの本や雑誌、特集があればいいのに

日本のデザイン

「日本らしさ」を

テーマにした

インテリアや部屋づくりの

本や雑誌、特集が

あればいいのに。

 

少し前は北欧で、

そしてここ数年は

シャビーシックだったり

対して割と素朴な

カントリー風(?)な感じの

インテリアが

カフェのスタイルや

雑誌の部屋づくり特集などで

取り上げられているような

感じがある。

(え?それも古い?

 実はトレンドは

 よく分かっていない)

 

また男性誌の

インテリア特集のムック等は

なんとなく

とってもアメリカンな

雰囲気だ。

 

 

思うんだけど、

日本で特集される

インテリアや部屋づくりって

自国の「日本らしい」ものが

ないよね。

なんでないんだろう。

 

なんかさー、

その思いっきりフレンチな

シャビーシックの部屋に

居たりしても、

「自分って、なにじん

 なんだろう??」って

自分のアイデンティティさえも

分からなくなってしまうような

精神的な状況に

なってしまわないのだろうか。

 

まあさ、今は椅子の生活だし

座るといったら

ダイニングの椅子だったり

ソファが多いだろうし、

寝るにしても

ベッドの人が多いんだろうし

窓にはカーテンなんだろうし

床だって畳じゃなくて

フローリングだったり

するのだろうから

「理想の部屋」を考えると

どうしても

「欧米のもの」

「欧米の雰囲気のするもの」で

考えてしまうのだろう。

 

でもそろそろ理想の部屋、

どんな形でもいいから

「日本らしいもの」に

こだわったものに

シフトしないかな。

 

 

もう何でもいい。

切り口は何でも。

 

「素」を重んじる、という

「日本らしさ」をベースに

インテリアを考えるのもいい。

 

部屋の中のアイテムの

何かしらにさりげなく

「和の文様」を配した

インテリアを考えるのもいい。

 

畳の部屋のインテリアを

ひたすら特集するのもいい。

 

畳にこたつの部屋をテーマに

いろいろ考えるのもいい。

 

障子の部屋に合う

インテリアを

コーディネートするのもいい。

 

ちゃぶ台をテーマに

テーブルコーディネート

していくのもいい。

 

和の照明の特集するのもいい。

和をテーマに

間接照明を考えたりして。

イサムノグチ特集とか。

 

桐たんすを使った

部屋のコーディネートもいい。

 

いやいや

和の趣を感じさせるような

「木」を使った部屋の

コーディネートを

考えるのもいい。

 

日本の伝統色をテーマに

インテリアの

カラーコーディネートを

していくのもいい。

 

牡丹や芍薬、百合や桔梗

といった日本の花を飾る

をテーマに部屋を

コーディネートするのもいい。

 

基本的には洋風なんだけど

一点や二点だけのアイテムに

和を取り入れるのもいい。

 

「はんなり」や

「ほのぼの」

「すこし綺麗な和」

をテーマにした

コーディネートもいい。

 

日本の里山

日本の古民家に合うような

コーディネートもいい。

 

日本家屋にマッチした

収納テクで部屋スッキリ!!

なんて特集なんかも

やって欲しい。

 

「床の間」の飾りをテーマに

特集しても良さそうだ。

 

和紙を使った小物を

綺麗にディスプレイした

部屋のコーディネートもいい。

 

別に和のものそのものが

使われていないで

すべて洋風のもの

なんだけど

「そこはかとなく」、

何かしら、日本らしい、

和を感じさせるような

コーディネートでもいい。

 

なんでもいいから

「日本らしさ」を少しでも

感じさせるような理想の部屋の

記事を雑誌などで特集したり

だれか本にして出して欲しい。

そして今、コンビニなどで

席巻しているアメリカンな

インテリア特集に代わって

コンビニなどでも

もっと気軽にそういった 

 「日本らしいインテリア」の

ムックや本が買えるように

ならないだろうか。

 

 

また、インテリアの

アイテムそのものにしても

もっと「日本らしい」

ものが出てこないかな。

 

さりげなくていい。

少しどこかに

「日本」を感じられるもの。

 

ちょっと「和」を

感じられるような

デスクとか椅子、

収納のボックス、容器、

CDラック、テレビボード

なんてのが

がもっとあったら

いいのに。

和の部屋でも洋の部屋でも

調和するような。

 

またファブリック。

ベッドカバーもほんのり和。

クッションもほんのり和。

ほんのり和のタオル。

カーテンもほんのり和の色、

そしてさりげなく和の文様。

ちょっと和を感じるような、

それかさりげなく和文様の

エプロンなんてのも

あるといいのにな。

 

家電。

中国人観光客向けに

金色で、桜の模様を配した

お掃除ロボットが

発売されたそうだが、

日本人向けにだって

例えば和室でも調和する

4Kのテレビやテレビボード、

和室の隣でも調和する

冷蔵庫や電子レンジ、

和の空間にも

洋の空間にも合う洗濯機

もあっても良さそうだ。

既に和風の電気釜が

あるのだから

作れなくはないと思う。

「ほんのり和」でいいんだよ。

だぶんそういった

「さりげない」方が、

日本人には受ける気がする。

 

 

日本らしいインテリア特集の筈が

日本らしい家具や家電や

ファブリックの話まで

広がってしまった。

 

まあとにかく、

日本人なんだからさ、

日本らしい空間に

そろそろ住みたいし、

そんな「日本らしい空間」を

そろそろ考えても

良さそうな気がする。